メルカリの詐欺の手口と詐欺に遭わないための対策




iPhoneやAndroid等のスマホ用フリマアプリのメルカリでの詐欺の手口と、詐欺にあわないようにするための対策についてです。

メルカリを含めヤフオク!やフリル、ラクマなどのインターネットを使った個人間取引においては一定の確率でトラブルが起きてしまうのが悩みの種です。

悪意なく双方の思い違いで起きるトラブルであれば両者が解決しようと努力するため比較的軽度な被害で済むことが多いものですが、悪意を持って相手を騙し得をしようとする「詐欺」にあった場合にはそうはいきません。

きちんと注意して取引することでできる限り詐欺にあわないようにし、もし詐欺にあった場合に備えてきちんと対策をしておくことが必要です。

今回はメルカリで起こり得るまたはすでに起きている詐欺の手口とその対策について紹介いたします。

スポンサーリンク

購入者側の対策

購入者が詐欺に遭うというのは、ほとんどの場合「お金を支払ったにも関わらず商品が届かない状況のこと」を言います。

メルカリにおいて購入者がこのような詐欺に遭う場合は次の2パターンが考えられます。

1.メルカリ以外の場所での取引(直接取引)を持ちかけられる

メルカリの取引では代金は一旦メルカリが預かり、商品を購入者が受取って出品者を評価することで出品者にお金が入る仕組みになっています。

そのため購入者が商品を受け取れなかった場合に出品者は代金を受け取ることができないので詐欺を行うこともできません。

ですので詐欺をしようとする者はメルカリを仲介させずに代金を直接口座に先払いするように迫ります。

直接取引には絶対応じないようにしましょう。

2.商品が届く前に受取評価をするように求められる

前述のとおりメルカリでは購入者が受取評価をすると出品者に入金されます。

つまり出品者がメルカリを通して詐欺をしようとする場合には、必ず購入者に評価をさせるように仕組んできます。

例えば「急に親が入院してお金が必要になったので、売上金を現金化したいから商品が届く前に評価をつけてほしい」などのようなメッセージが届きます。

これに同乗して商品が届く前に評価をしてしまうと、相手には売上金が入り、こちらにはおそらく何も届かないでしょう。

そしてそれが詐欺だとわかっても、お互いが評価を済ませた場合はその取引は滞りなく完了したとみなされるので運営事務局も基本的には取り合ってくれません。

また上記と違うパターンとして、写真や説明文と違う状態の商品を送りつけてくるというパターンもあります。

これは中身を確認せずに購入者が評価をする、または中身を確認した上で悪い評価をするのを狙っています。

これらの場合、必ず以下の2点を意識しておくことが大事です。
・商品が届き中身を確認するまで絶対に評価をしない
・商品が届くまでは3日に1回はメッセージを送る

前者に関しては、評価が完了すると詐欺であってもなくても売上金が出品者に入るため、詐欺でないことがわかるまでは評価してはならないということです。

後者に関しては、発送通知から7日以上経過した上で、購入者から72時間以上メッセージが届いていない場合に出品者は運営に頼んで評価を強制的につけてもらうことができるため、それを阻止するという意味です。

前者については知っている人が大半ですが、後者に関しては意外と知られていないため注意しておきましょう。

出品者側の対策

出品者側が詐欺に遭うというのは、「商品を相手に渡したが代金を受け取れない状況のこと」を言います。

メルカリにおいて出品者がこのような詐欺に遭う場合は次の2パターンが考えられます。

1.メルカリ以外の場所での取引(直接取引)を持ちかけられる

購入者側の事例とほぼ同様ですが、購入者は代金を先に支払わない限り商品を送ってもらえません。

そのため直接取引において出品者に対し後払いを持ちかけてきます。

出品者でも購入者でも絶対にメルカリを通さない直接取引は行わないようにしましょう。

2.本当は受け取っているのに商品を受け取っていないと嘘をついて返金を求める

購入者は商品が届かなければ返金を受けることができます。これを悪用して商品が届いているにも関わらず商品が届いていないと主張し返金をさせようとします。

このような嘘に対抗するためには追跡が可能な発送方法を選択すれば大丈夫です。具体的な発送方法の例としては以下のものがあります。

・らくらくメルカリ便 宅急便
・らくらくメルカリ便 宅急便コンパクト
・らくらくメルカリ便 ネコポス
・ヤマト運輸 宅急便
・ヤマト運輸 宅急便コンパクト
・ヤマト運輸 ネコポス
・ヤマト運輸 はこBOON
・日本郵便 ゆうパック
・日本郵便 レターパックライト
・日本郵便 レターパックプラス
・日本郵便 クリックポスト
・日本郵便 簡易書留
・佐川急便 飛脚宅配便

などです。

これらは商品をきちんと送ったという証拠になるため、いざという時に相手の嘘を跳ねのけることができます。

関連:らくらくメルカリ便の追跡方法

詐欺をする人の常套句

メルカリに限らず詐欺をする人が良く使う手口として「子供が事故にあった」「親が病気になった」「けがをして入院している」などのような「それは大変だ、発送できなくても仕方がない」と思わせるメッセージを駆使する点です。

例えば購入者に対して詐欺を行う場合には、発送通知から7日間経ち、購入者からメッセージが72時間届かなければ、詐欺を成立させお金をだまし取れるわけです。

ということは、発送通知を送った後に例えば以下のようなメッセージが来たとします。

「申し訳ありません、間違って発送通知を送ってしまいました。しかし今は子供が風邪をひいてしまい発送ができないのですが、必ず1週間以内には発送いたしますので少しだけお待ちいただけませんでしょうか。」

通常は「大変ですね、お大事に」とだけメッセージを送って何もすることなく1週間程度は待つ人がほとんどです。

しかし何もせずに1週間経ってしまうと「発送通知から7日」「購入者が72時間以上メッセージを送っていない」の2要件を満たし、商品が届かなくても出品者にお金が入ってしまいます。

もちろんメッセージの中の発送通知を送ったのに商品が届かない理由は「間違って押した」「配送事故」「配送先誤記入」・・・などであるかもしれません。パターンはここに書いたもの以外にもたくさんあります。

メッセージがどんなに同情を誘うものでも「大丈夫ですか?」「追跡番号だけでも教えていただけますか?」など何かしらメッセージを送って2要件を成立させないようにしましょう。

関連:商品が発送されない!メルカリのトラブルと対処法まとめ


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

iphoneメルカリ事務局に電話やメールで問い合わせる方法
泣く発送されない場合などメルカリで購入後にキャンセルする方法
PCメルカリでPC(パソコン)から商品を出品する方法
足跡メルカリで過去の購入履歴を見る方法と消す方法
電卓メルカリで0円出品できない理由と最低出品価格
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ