メルカリのトラブルまとめ!出品者・購入者の対処法




iPhoneやAndroidのスマートフォン用フリマアプリのメルカリで多いトラブルとその対処法です。

メルカリは出品者と販売者が商品と料金を直接対面することなく取引するアプリです。そのためトラブルが発生することも多々あります。それが勘違いで起こるトラブルもあれば意図的に悪意を持って起こるトラブルもあります。

そんなメルカリで起こるトラブルについて招待コードに関するトラブル、購入者側が困るトラブル、出品者側が困るトラブル、運営とユーザーとの間でのトラブルに分けてみていきましょう。

スポンサーリンク

招待コードに関するトラブル

ツイッターや掲示板などで「メルカリに私の招待コードを使って登録してくれたらiTuneカードあげます」「Amazonギフト券あげます」といった形で招待をして招待ポイントを稼ごうとするユーザーがいます。

しかし実際にこれらのコードを利用して登録をしても、iTuneカードやAmazonギフト券を受け取れない事がほとんどで、これらはほぼ間違いなく詐欺行為と言ってもいいものです。

このような行為はメルカリにある規約で定められた禁止行為の一つ「特定の条件と引き換えにメルカリへの登録を促す行為」に該当するため、運営にばれた場合には当然それなりのペナルティがあります。



この詐欺行為にあってしまった場合の対処法としては運営への通報が一番有効です。該当するメッセージや書き込みのスクリーンショットを撮り、運営へ通報します。



運営の公式ツイッター(https://twitter.com/mercari_jp)へ知らせるのが一番簡単です。その際に相手の招待コードなどどのユーザーなのか特定できる情報を載せておくとスムーズです。

購入者側が困るトラブル

購入者と出品者間でのトラブルで購入者が困る場合についてその種類と対処法についてです。

それぞれについて解説しますが、共通事項として「絶対にトラブルが解決するまで相手を評価しない」ことが重要です。

相手を評価してしまうとそこで取引が完了してしまいトラブルも解決したと判断されるからです。

よくあるトラブル(購入者側)
1.購入した商品が発送予定日を過ぎても発送されない
2.購入した商品の発送通知が来たのに届かない
3.送料込みで出品されていた商品が着払いで届いた
4.不良品が届いた、または説明と違う商品が届いた
5.一方的にキャンセルをすると言われた、またはキャンセルしろと言われた

1.購入した商品が発送予定日を過ぎても発送されない

発送予定日を過ぎても出品者から発送通知が送られてこないという場合です。

メルカリでは出品する際に「発送までの日数」を設定します。購入者が商品を購入し、商品代金を支払ったら出品者はこの日数までの間に商品を発送する必要があります。

もしこの期日から3日以上経過しても発送通知が来ておらず、さらに出品者から3日以上メッセージが届いていなければ、購入者側の取引画面にキャンセル用のフォームが表示されますので、ここからメルカリ運営に連絡をしてキャンセル手続きを行いましょう。

2.購入した商品の発送通知が来たのに届かない

1と違い出品者が発送通知をしてきたのにいつまでたっても商品が届かない場合です。

考えられる原因として以下の3つが考えられます。
・悪天候などによる遅延
・出品者が商品を発送していないのに発送通知をした
・配送事故による紛失

まずは台風や大雪など悪天候などによる遅延である可能性を考えます。ニュースやインターネットでそのような気象条件になっていないか調べましょう。悪天候が確認できた場合は通常より3〜4日程度遅延することもありますのでその程度は待ちましょう。

次に出品者に取引画面からメッセージを送り連絡を取ります。

その際に商品の状態を配送業者のホームページなどから確認するときに必要な「追跡番号」を教えてもらいます。ゆうぱっくや宅急便、レターパックなど追跡番号が付いているタイプの発送方法であれば必ず追跡番号はありますので聞いてみましょう。

追跡番号を手に入れたら該当する配送業者のホームページの荷物追跡のページへ行き、この追跡番号を入力して商品の状態を確認します。



当サイトのトップページにあるおみくじ追跡を使えば日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便・福山通運・西濃運輸・はこBOONのすべてのサービスの商品追跡を1つのページで行うことが出来るのでおすすめです。

もし追跡番号が無いタイプの配送方法、例えばゆうメールや定形外郵便などを利用している場合には、出品者から配送業者に問い合わせてもらう必要があります。

それでも商品の所在が分からない、どうしても届かないなどの場合は運営事務局に問い合わせからキャンセルを依頼しましょう。

1、2については別ページで詳しく解説していますのでそちらを参考にしてください。

関連:メルカリで購入した商品が届かない場合の追跡方法

3.送料込みで出品されていた商品が着払いで届いた

この場合は受け取りを拒否しましょう。約束と違うので商品を受け取る必要はありません。受け取り拒否をすると商品は出品者の元へ返されますので、今度はきちんと元払いで発送してもらいましょう。

また元払いで発送してもらえない場合でも、着払いの受け取りを拒否するのに十分な理由があるため商品代金はきちんと返ってきますので受け取らなかったからと言って損することはありません。

もし着払い代金を支払い、受け取ってしまった場合は返金について出品者と話し合います。

返品や返金など出品者と折り合いがついたらその通りにすればいいですが、もし折り合いがつかない場合はメルカリ運営に問い合わせをして対処してもらいましょう。

この時に絶対に相手を評価してはいけません。評価をしてしまうと取引が完了してしまい、どのような理由であろうとメルカリの運営事務局も対処してくれません。

4.不良品が届いた、または説明と違う商品が届いた

不良品や説明と違う商品が届いた場合は返品および返金手続きを行います。

まずは絶対に相手を評価しないでください。評価をすると返品も返金もできない可能性が高くなります。

返品返金手続きの方法は以下の通りです。
・出品者と連絡を取り返品・返金の同意を得る
・商品を出品者に返品する
・出品者が返品を受けた旨をコメントする
・運営に問い合わせから返金手続きを依頼する

もし出品者に連絡を取っても返品の同意が得られなかった場合は運営事務局に問い合わせからトラブルの内容および出品者と同意が得られなかった旨を伝えて対処してもらいます。

返品・返金手続きの詳しい内容については別ページで解説していますのでそちらを参照してください。また同ページで3の内容についても触れていますのでそちらの場合でも参照してください。

関連:メルカリで購入後に返品返金してもらう方法

5.一方的にキャンセルをすると言われた、またはキャンセルしろと言われた

その商品がどうしても欲しい場合は非常に残念ですが、恐らくその出品者は商品を発送してくれることは無いでしょうからキャンセルすることになります。

その商品の発送期日から3日以上経過しても発送通知が来ておらず、さらに出品者から3日以上メッセージが届いていなければ、購入者側の取引画面にキャンセル用のフォームが表示されますので、ここからメルカリ運営に連絡をしてキャンセル手続きを行いましょう。

キャンセル手続きが完了し次第、商品代金は返金されます。

サービス当初は緩かった商品を発送しない出品者への取り締まりが、2015年頃から厳しくなったのでその様な出品者にはそれ相応のペナルティがあるものと考えられます。

出品者側が困るトラブル

購入者と出品者間でのトラブルで出品者が困る場合についてその種類と対処法についてです。

よくあるトラブル(出品者側)
1.商品が購入されたのに支払いをいつまで経ってもしてくれない
2.支払い完了後にキャンセルをしたいと言ってきた
3.商品が届いているはずなのに受取評価をしてくれない
4.専用出品にしていた相手と違う人に購入された
5.コメント必須で出品していた商品をコメント無しで購入された
6.コメント欄を荒らされた、または粘着されて嫌がらせをされている

1.商品が購入されたのに支払いをいつまで経ってもしてくれない

商品購入時に購入者が支払い方法の選択で即時決済ではない支払い方法、つまりコンビニ決済や銀行ATMを選択した場合はいつまで経っても支払ってくれないことがあります。

この場合、まずは取引画面からメッセージを送りそれでも支払ってくれない場合はキャンセルをします。商品が購入されてから翌々日の24時になれば取引画面からキャンセルができるようになります。

2.支払い完了後にキャンセルをしたいと言ってきた

支払いは完了しているのにメッセージでキャンセルしたいと伝えてきた場合についてですが、本来はこの申し出は受ける必要はありません。ですので発送しても良いのですが、この場合でもキャンセルした方が無難です。

というのも商品を発送しても商品を受け取ってくれなかったり受取評価をしてくれなかったりと余計なトラブルが起こる可能性が高いからです。

ですので運営に問い合わせるか購入者側からキャンセルしてもらい、念のために該当ユーザーをブロックしてしまえばOKです。

1、2については別ページで解説していますのでそちらを参照してください。

関連:メルカリで出品者がキャンセルする方法とそのペナルティ

3.商品が届いているはずなのに受取評価をしてくれない

まずは取引画面から購入者にメッセージを送りましょう。受取評価を忘れているだけの場合はこれで評価をしてくれます。

メッセージを送っても反応が無かったりする場合は運営事務局に問い合わせから評価の依頼をします。

どちらの場合でも購入者が商品を受け取って、商品に不備が無いことを確認する程度の時間を開ける必要はあります。

また相手に受け取っていないと主張されないようにするために発送の段階でらくらくメルカリ便やゆうぱっくなど追跡ができる発送方法を選ぶようにしておきます。

もちろんゆうメールや定形外郵便など追跡ができないものでも受取評価をしてくれない理由にはなりませんが受け取っていないと言われた時に郵便局の事務所などに直接問い合わせる必要が出てくるので余計な手間が増えます。

受取評価をしてくれない場合については別ページで解説していますのでそちらを参照してください。

関連:メルカリで購入者が受取評価をしてくれない場合の対処法

4.専用出品にしていた相手と違う人に購入された

いわゆる「横取り」と呼ばれる行為に当たりますが、この場合はその購入者ときちんと取引をする必要があります。

というのも専用出品はあくまでユーザー間の独自ルールですので、メルカリの本来のルール上では購入された商品に対して出品者は取引を完了する義務があります。

この義務を果たさない場合、メルカリ運営からペナルティを受ける可能性があるのは出品者であるので不本意であっても支払いがあったなら商品を発送しましょう。

その上でその購入者をブロックしておけば同じことを同じユーザーにされることはありません。

5.コメント必須で出品していた商品をコメント無しで購入された

この場合も4の場合と同じくきちんと取引する必要があります。コメント必須と書いてそれを購入者に矯正するのも独自ルールであり、メルカリの規約上は禁止されているからです。

購入された商品を発送しないユーザーに対する取り締まりが強化されていますので、商品代金の支払いが完了しているなら発送しなければアカウント停止や削除などのペナルティを受ける可能性があります。

取引を完了した上でその購入者をブロックしておけば同じことを同じユーザーにされることはありません。

6.コメント欄を荒らされた、または粘着されて嫌がらせをされている

該当ユーザーをブロックしましょう。またコメント欄が荒らされるなどの被害がある場合は運営に問い合わせておけば該当ユーザーへペナルティを与えてくれる可能性があります。

4、5、6に関連してブロックの仕方については別ページで解説していますのでそちらを参照してください。

関連:メルカリでブロックする方法と解除する方法

メルカリの運営事務局とのトラブル

1.身に覚えのない理由で商品ページが削除された、アカウントが停止されたなど

それぞれについて運営事務局から理由が記された通知が来ているはずですが、身に覚えが無い場合は運営事務局に問い合わせをしましょう。

関連:メルカリ事務局に電話やメールで問い合わせる方法

2.売上金が残った状態でアカウントが無期限停止または削除された

まずは振込申請ができるかどうか試してみます。振込申請ができるなら売上金を振り込んでもらえるので問題はありません。

もし振込申請ができない場合はメルカリの運営事務局に問い合わせて売上金を振り込んで貰うよう交渉してください。

それでも売上金が返してもらえない場合は「消費者生活センターで相談」または「裁判を起こす」などの行動に出る必要が出てきます。

売上金没収については規約で規定されていますが、民法で規定されている違約金と同一ではないため額によっては十分に取り返すことができるでしょう。

また実際にそのような行動に出なくとも問い合わせ時にメルカリ運営に「このように対処する」と伝えるだけでもけん制としての効果が期待できます。

実際に行動する場合には「消費者生活センター」(電話番号:0570-064-370)に相談の上で「少額訴訟を起こす」という流れになります。

少額訴訟は訴訟額が60万円以下の場合に使うことができ、費用は数千円程度からできます。

ただし訴訟額の条件を満たしていても少額訴訟ができる場合とできない場合がありますので、消費者生活センターや法テラスの無料相談などを利用してみてください。

関連:メルカリの詐欺の手口と詐欺に遭わないための対策


スポンサーリンク


関連記事

人気記事

iphoneメルカリ事務局に電話やメールで問い合わせる方法
泣く発送されない場合などメルカリで購入後にキャンセルする方法
PCメルカリでPC(パソコン)から商品を出品する方法
足跡メルカリで過去の購入履歴を見る方法と消す方法
電卓メルカリで0円出品できない理由と最低出品価格
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ