クリックポストのサイズとサイズオーバーで返送されたときの対処法




日本郵便のクリックポストはどのくらいのサイズの荷物を送ることが出来るのか、もしクリックポストがサイズオーバーで返送されたらどうすれば良いのか、クリックポストのサイズに関するページです。

郵便ポストから差し出すことが出来る日本郵便の送り方には普通郵便やレターパックなどありますが、クリックポストは同じサイズだと普通郵便やレターパックよりも安く送ることが出来るため、非常に人気のある送り方となっています。

しかし郵便ポストから送るクリックポストだからこそそのサイズには注意しなければならなく、もし郵便ポストに投函したクリックポストがサイズオーバーしていたら差出人のところに返送されるリスクがあります。


クリックポストとは

クリックポストの基本情報
料金 185円
発送方法 郵便局の窓口か郵便ポストに投函
配達方法 郵便受けに投函
配達日数 翌日か翌々日に配達
追跡 可能
損害賠償 なし

クリックポストとは全国一律185円で送ることが出来る非常に安い送り方で、差出人は郵便ポストに投函して送り、受取人は郵便受けに投函される形で受け取ることになります。

追跡番号が発行されるため、配送中の荷物が今どこにあるのか、日本郵便の追跡システムから確認することが出来る追跡サービスをクリックポストは無料で利用することが出来るのも大きなメリットです。

逆にデメリットもあり、クリックポストを利用するためには、Yahoo! JAPAN IDとYahoo!ウォレットの登録が必須となっています。

利用手順は「Yahoo! JAPAN IDを使ってクリックポスト専用サイトにログイン」→「クリックポストで送る商品名や宛先を入力し、Yahoo!ウォレットで決済」→「宛名ラベルを印刷し送る荷物に貼る」→「郵便ポストに投函」という流れとなります。

そして、このYahoo!ウォレットは現金ではなくクレジットカードでの支払いとなりますので、クレジットカードを持っていない人はクリックポストを利用することが出来ません。

関連:クリックポストの送り方

クリックポストのサイズ



今回のテーマであるクリックポストのサイズについてですが、厚みが3cm以内、縦34cm以内、横25cm以内、そして重量が1kg以内の荷物を送ることが出来ます。

このサイズで送るのに適した品目には、本・CD・DVD・図書カード・衣類があります。

3cmを少しくらいオーバーしていても送ることが出来た、ギリギリ超えるか超えないかでも送ることが出来たという話もありますが、返送されるリスクやその手間を考えると、間違いなくジャスト3cmの厚みまでの荷物にしておいた方がよいです。

サイズオーバーが心配なのであれば、ネット通販でクリックポスト専用の梱包材も販売されていますので、これを使えばサイズオーバーになる心配はありません。

ゆうパケット、クリックポスト、メルカリ便対応の段ボール






また、クリックポスト専用の梱包材を使わない方の場合は、クリックポストを確実に送れるサイズをチェックすることが出来る発送用厚み測定の使用をおすすめします。

厚さ測定定規






もしクリックポストで送る予定の荷物のサイズがこの3.5cmなど3cmを超えてしまったら、小さい荷物を安く送ることが出来る同じ日本郵便の定形外郵便をご利用ください。

定形外郵便はオプションも豊富で、クリックポストにはない速達や配達日指定を利用することが出来ます。

関連:定形外郵便の送り方

サイズオーバーしたクリックポストを送ったら

もしクリックポストで送る荷物の厚みが3cmを超えるなどサイズオーバーしてしまったら、返送理由が記載された紙と一緒に差出人のところに戻ってきます。

クリックポストが返送された場合はその送料は課金されません。

この返送された課金されないというのは他の送り方とは違うクリックポスト独自のシステムで、レターパックライトなどは発送したら使用済であることを証明する印鑑が押されるため、再利用することが出来ません。

たとえ返送されたクリックポストの支払い手続きが完了していても、「○○までにポストに投函してください」という有効期限が過ぎれば料金が請求されることはありませんのでご安心ください。

そして再度クリックポストでその荷物を送る場合は、上記で返送された宛名ラベルをそのまま使うことも出来ますし、有効期限が過ぎれば課金されないので、新たな宛名ラベルを印刷して送ることも出来ます。

衣類を送るときは注意が必要

クリックポストで洋服やスカートなどの衣類を送る場合には特に注意が必要で、送るときは茶封筒などに手でグッと押し込んで厚みが3cmに収まっていても、時間が経つと膨れてしまいサイズオーバーすることがあります。

そのため衣類を送る場合には、梱包して少し時間が経ってから再度サイズを計測し、膨れてサイズオーバーしてしまったら圧縮袋などで圧縮してから送るようにしましょう。

ちなみに郵便ポストから投函されたサイズを日本郵便の人がチェックする際には差出人がやるような荷物を押さえて3cm以内にするということは絶対にしません。

その理由は単純で荷物を押さえたら破損するリスクがあるからです。

関連:ダンボールや茶封筒などクリックポストの梱包方法



関連記事

人気記事

郵便ポストクリックポストを郵便局留めで送る方法と宛名の書き方
ダンボールや茶封筒などクリックポストの梱包方法
クリックポストの値上げ理由と値上げ時期!メルカリなどの対応についてもクリックポストの値上げ推移!時期と理由を全解説【2019年最新版】
クリックポストをポスト投函で送る方法と入らないときの対処法クリックポストをポスト投函で送る方法と入らないときの対処法
クリックポストをセブンイレブンで印刷しポスト投函で送る方法クリックポストをセブンイレブンで印刷しポスト投函で送る方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ