60サイズのダンボール箱の大きさの測り方と安く買う方法




郵便局のゆうパック、ヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便の60サイズとはどのくらいの大きさなのか、60サイズの意味とぴったりの大きさのダンボール箱の入手方法についてです。

ゆうパックと宅急便のサイズ区分には60サイズ・80サイズ・100サイズ・120サイズ・140サイズ・160サイズがあり、今回の60サイズはそのサイズ区分の中で一番小さいサイズです。

郵便局のゆうパックであれば、どのサイズ区分であっても送ることができる重量(重さ)は30kg以内となっているため、60サイズの場合は重量を気にせずに送ることができます。

ヤマト運輸の宅急便は60サイズの場合は重量2kgまでという制限があり、それ以上重い荷物だと80サイズなど次のサイズ区分となってしまうため注意しましょう。

スポンサーリンク

60サイズの意味



60サイズとはどのくらいの大きさなのか、60サイズの意味は梱包した後の縦+横+高さの合計が60cm以内に収まる大きさを意味しています。

60cm以内であればどのサイズでも送ることができるため、例えば3辺合計が30cmしかないダンボール箱でも送ることが出来ます。

梱包はダンボール箱だけでなく、紙袋や茶封筒など送る荷物の中身が見えないものであれば何でも利用可能です。

料金は送る荷物のサイズ区分と配送距離(東京都→大阪府よりも東京都→神奈川県の方が安い)で決まり、60サイズはゆうパックと宅急便の中で一番安い料金となります。

60サイズのダンボール箱の入手方法

ゆうパックと宅急便の60サイズにぴったりの大きさのダンボール箱は、郵便局の窓口と楽天市場やAmazonなどのネット通販で購入することができ、1枚当たりの料金はネット通販で買った方が安くなります。

ダイソー・セリア・キャンドゥといった100円ショップやホームセンターでは、ゆうパック60サイズにぴったりの大きさのダンボール箱という意味では基本的には置いてありません。

いずれにせよ実店舗で買うと持ち運びが大変なので、多くの人はネット通販で買うという選択をとっています。

◼︎みんなが使う王道な底面B5の60サイズダンボール

ダンボール 段ボール 60サイズ






◼︎高さがなく底面がA4で広い60サイズダンボール

60サイズ激安ダンボール箱A4






◼︎洋服などの発送に便利な60サイズの宅配袋

宅配袋 大 テープ付き






ダンボールよりも強度は落ちますが、宅配袋は自宅での保管の際に場所を取らない、テープも付いていて組み立てる必要がなく気軽に使えるというメリットがあります。

特にオークションやフリマアプリでゆうパックや宅急便で送るサイズだけど、ダンボールで梱包するまでもない品目の発送で重宝されています。

ちなみに、フリマアプリのメルカリではメルカリストアというダンボールや茶封筒といった梱包材の販売サービスがありますが、メルカリストアで買うよりも楽天またはAmazonで買った方が1点あたりの単価は安くなります。

60サイズのゆうパックの発送場所

郵便局の窓口・コンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)から60サイズのゆうパックを送ることで送料が100円ほど安くなる持ち込み割引が適用されるので発送場所としておすすめです。

郵便局の窓口でもコンビニのレジでも、荷物を送る人が送料を支払う元払いだけでなく、荷物を受け取る人が送料を支払う着払いを利用することができます。

上記以外にも、自宅まで送る荷物を日本郵便のドライバーさんに取りに来てもらう集荷もゆうパックでは利用することが出来ますが、集荷を利用すると持ち込み割引は適用されません。

60サイズのゆうパックを送る際の伝票については郵便局の窓口・コンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)・集荷時に受け取り記載することになります。

関連:ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ

60サイズの宅急便の発送場所

ヤマト運輸の営業所・コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)から60サイズの宅急便を送ることで送料が100円ほど安くなる持ち込み割引が適用されるので発送場所としておすすめです。

ヤマト運輸の営業所でもコンビニのレジでも、荷物を送る人が送料を支払う元払いだけでなく、荷物を受け取る人が送料を支払う着払いを利用することができます。

上記以外にも、自宅まで送る荷物をヤマト運輸のドライバーさんに取りに来てもらう集荷も宅急便では利用することが出来ますが、集荷を利用すると持ち込み割引は適用されません。

基本的にはヤマト運輸の宅急便でも日本郵便のゆうパックでもサービスの内容は同じなので、近くにあるなど利用しやすい方が利用して問題ありません。

関連:コンビニから宅急便を送る方法と持ち込み出来るコンビニ一覧

60サイズのポスト投函について

定形外郵便やレターパックなど小さい荷物を郵便局のサービスを利用して送る場合は、郵便局の窓口だけでなく郵便ポストに投函することでも送ることができます。

60サイズのゆうパックもこれらの荷物と同じくらいの大きさで郵便ポストの投函口に入るものがあると思いますが、ゆうパックは郵便ポストに投函して送ることは出来ません。

ゆうパックは定形外郵便やレターパックで送る場合とは違い、送る品目は何なのか、差出人と受取人が正しく記載されているか対面で確認しなければならないという決まりがあるため、対面での確認が出来ない郵便ポストへの投函での発送は出来ません。

60サイズの送料比較

最後に郵便局のゆうパック60サイズとヤマト運輸の宅急便60サイズはどちらが安いのか、東京都から福岡県や大阪府など各地域に発送した場合の送料を比較しました。

この料金は郵便局やコンビニへの持ち込み割引など割引前の料金となっています。

発着地 ゆうパック料金 宅急便料金
東京都→東京都 800円 907円
東京都→関東 850円 907円
東京都→近畿 950円 1,015円
東京都→中国・四国 1,080円 1,123円
東京都→九州 1,280円 1,339円
東京都→北海道 1,280円 1,339円

関連:80サイズのダンボール箱の大きさの測り方と安く買う方法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

郵便ゆうパック80サイズのダンボール箱の大きさの測り方と安く買う方法
ゆうパック郵便120サイズのダンボール箱の大きさの測り方と安く買う方法
ゆうパック郵便160サイズのダンボール箱の大きさの測り方と安く買う方法
ゆうパック郵便180サイズのダンボール箱を安く買う方法と発送方法
ゆうパック郵便50サイズのダンボール箱を安く買う方法と安く送る方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ