140サイズの荷物を安い郵送料金で送る発送方法と梱包方法




ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便サービスで140サイズの荷物を一番安く送れる送り方はどれか、140サイズの発送方法と梱包についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてください。

140サイズの荷物の送り方には、日本郵便のゆうパック・ヤマト運輸の宅急便・佐川急便の飛脚宅配便があり、この中ではゆうパックが一番送料が安く140サイズの荷物を送ることができます。

スポンサーリンク

140サイズとは

日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便での宅配便サービスの140サイズとは荷物の縦・横・高さ(厚さ)の3辺の合計が140cm以内の荷物のことを意味し、送るもの本体の大きさではなく、あくまでダンボールなど梱包材に詰めた荷物全体のサイズで測ります。

今回の記事では解説をわかりやすくするように、荷物の3辺の合計がジャスト140cmといった、140サイズギリギリの荷物を送ることを想定しています。

ただし、実際に荷物を送る際は測定時に誤差が生じる可能性も考慮して、3辺の合計の長さを138cm程度に抑えておくなどして、少し余裕をもたせるほうがサイズオーバーしてしまう危険性もなく、おすすめです。

以下がダンボールのサイズの測り方です。以下の画像では60サイズのダンボールを例にしていますが、140サイズでも測り方自体は全く同じです。



◼梱包方法

140サイズの荷物の梱包方法は、送る荷物の中身をプチプチなどで覆って保護した後、ダンボールや紙袋といった梱包材に詰めて、中に動かないように荷物と梱包材の間に新聞紙などを詰めて固定します。

より具体的な梱包方法については、送る荷物によっても適切な方法が変わってくるので、以下の品目別の送り方の記事を参考にしてください。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す

日本郵便のゆうパック

ゆうパックの基本情報
送料 1,750円〜
サイズ 140サイズ
重量 25kgまで
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

ゆうパックは日本郵便の宅配便サービスで、60サイズから170サイズまでの荷物を送ることができます。

ゆうパックの発送方法は、ダンボールなどでしっかりと梱包した荷物を郵便局の窓口もしくはローソン・ミニストップ・セイコーマートといった日本郵便取り扱いのコンビニ、集荷サービスのいずれかの方法で発送します。

ゆうパックには送料を差出人が支払う元払いと、受取人が支払う着払いの2種類の送り方があり、それぞれの送り方によって記載する伝票も異なります。いずれの伝票も郵便局の窓口やコンビニで無料で入手することができます。

◼︎みんなが使う王道なみかん箱型の140サイズダンボール

ダンボール 段ボール 140サイズ






◼ゆうパックの送料

ゆうパックの送料は送る荷物のサイズと配送元と配送先の距離に応じて変わってきます。例として、140サイズの荷物を埼玉県からそれぞれの都道府県に送った場合の送料を以下に掲載します。

埼玉県から埼玉県のような同一都道府県間で1,750円・埼玉県から神奈川県で1,800円・埼玉県から滋賀県で1,910円・埼玉県から徳島県で2,020円・埼玉県から宮崎県や北海道で2,220円・埼玉県から沖縄県で2,400円

また、ゆうパックでは集荷サービスを利用せず、郵便局の窓口もしくはローソン・ミニストップ・セイコーマートといったコンビニまで自分で荷物を持ち込むと、持込割引として荷物1個につき送料から120円を値引いてくれます。

140サイズで送られる荷物は、最大重量も25kgまで可能なため、自分で持ち込むのは困難な荷物も多いかもしれませんが、万が一持ち運べそうな場合は積極的に持込割引を活用して送料を安くしてください。

関連:ゆうパックの送り方

ヤマト運輸の宅急便

宅急便の基本情報
送料 1,814円〜
サイズ 140サイズ
重量 20kg以内
発送場所 ヤマト運輸の営業所・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

ヤマト運輸の宅急便は60サイズから160サイズの荷物を送ることが出来るヤマト運輸の宅配便サービスです。

上で解説したゆうパックとはライバルサービスのような存在で、多くの共通点がありますが、宅急便では荷物の重量もサイズに影響するのでご注意ください。

ゆうパックではサイズはあくまで3辺の合計の長さに応じて決まり、最大重量はどのサイズも25kgまでなのに対し、宅急便では140サイズなら20kg、160サイズなら25kgまでといったようにそのサイズごとに最大重量も決められています。

たとえ3辺の合計が140cm以下の荷物であっても、重量が23kgの場合は、その荷物は140サイズではなく160サイズとして扱われます。

宅急便の発送方法は、ダンボールなどでしっかりと梱包した荷物をヤマト運輸の営業所もしくはセブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキといったヤマト運輸取り扱いのコンビニ、集荷サービスのいずれかの方法で発送します。

宅急便もゆうパック同様、着払いか元払いによって記載する伝票も異なっていますが、いずれの伝票もヤマト運輸の営業所やコンビニで無料で入手することができます。

◼︎取っ手付きで持ち運びやすい140サイズダンボール

ダンボール 取っ手穴付き 140サイズ






◼宅急便の送料

宅急便の送料は送る荷物のサイズと配送元と配送先の距離に応じて変わってきます。例として、140サイズの荷物を埼玉県からそれぞれの都道府県に送った場合の送料を以下に掲載します。

埼玉県から神奈川県で1,814円・埼玉県から滋賀県で1,922円・埼玉県から徳島県で2,030円・埼玉県から宮崎県や北海道で2,246円・埼玉県から沖縄県で3,542円

また、宅急便では集荷サービスを利用せず、ヤマト運輸の営業所もしくはセブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキといったヤマト運輸取り扱いのコンビニに自分で荷物を持ち込むと、持込割引として荷物1個につき送料から100円を値引いてくれます。

ヤマト運輸の140サイズの最大重量は20kgと、上限ギリギリまで詰め込んだ場合は自分で持ち込むことはなかなか困難かもしれません。万が一大きくても中身は軽い荷物であれば、積極的に持込割引を活用して送料を安くしてください。

関連:宅急便の送り方

佐川急便の飛脚宅配便

飛脚宅配便の基本情報
送料 1,815円〜
サイズ 140サイズ
重量 20kg以内
発送場所 営業所
追跡番号 あり
補償 あり

飛脚宅配便は佐川急便の宅配便サービスで、60サイズから160サイズでかつ、最大30kgまでの荷物を送ることができます。

飛脚宅配便もまた、ヤマト運輸の宅急便と同様で140サイズなら最大20kgまで、160サイズなら最大30kgまでとそれぞれのサイズごとに最大重量が決まっています。

宅急便と同じように、たとえ3辺の合計の長さが140cm未満の荷物であっても重量が25kgであればその荷物は140サイズではなく160サイズとして扱われます。

飛脚宅配便の発送方法は、ダンボールなどでしっかりと梱包した荷物を佐川急便の営業所へ持ち込むか、集荷サービスを利用して発送します。

佐川急便は日本郵便やヤマト運輸のように提携しているコンビニは存在しないため、コンビニからの発送はできません。

また、営業所自体も郵便局やヤマト運輸の営業所ほどはたくさんあるわけではないので、集荷サービスを利用している方も多くいます。ただし、集荷サービスを利用すると以下の解説している持込割引は適用されません。

◼飛脚宅配便の送料

飛脚宅配便の送料は送る荷物のサイズと配送元と配送先の距離に応じて変わってきます。例として140サイズの荷物を埼玉県からそれぞれの都道府県に送った場合の送料を以下に掲載します。

埼玉県から神奈川県で1,815円・埼玉県から滋賀県で1,923円・埼玉県から島根県で2,031円・埼玉県から徳島県で2,139円・埼玉県から宮崎県や北海道で2,247円

佐川急便では沖縄県への発送は発送する場所によっても別途料金が変わってきますので、詳しくは担当する営業所へお問い合わせください。

また、飛脚宅配便では集荷サービスを利用せず、佐川急便の営業所に直接持ち込むと持込割引として荷物1個につき100円を値引いてくれます。

飛脚宅配便の140サイズで送れる最大重量は20kgのため、なかなかの重量に達するケースも多いかと思います。また、佐川急便の営業所は郵便局やヤマト運輸の営業所ほどはたくさんあるわけでもありません。

そのため、あくまで営業所が近くにあり、荷物も自分で持ち込むことも可能な程度な重量のお物であれば持ち込む程度に考えておくと良いでしょう。

関連:飛脚宅配便の送り方

メルカリの場合



フリマアプリのメルカリの取引の際には、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便という2つの便利な発送方法が利用できます。

らくらくメルカリ便はメルカリがヤマト運輸と提携しているサービスで、同様にゆうゆうメルカリ便はメルカリが日本郵便と提携しているサービスです。

らくらくメルカリ便の宅急便は、ヤマト運輸が発送を行う宅急便サービスで、ヤマト運輸の宅急便よりも送料を安く利用することができ、140サイズだと日本全国一律1,200円で送ることが出来ます。なお、最大重量は普通の宅急便と同様、20kgまでです。

なお、ゆうゆうメルカリ便では60サイズから100サイズまでしか用意されておらず、120サイズ以上の荷物になると、らくらくメルカリ便を利用する他ありません。

注意点として、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便はいずれも元払いにしか対応していないので、着払いにして送ることは出来ません。どうしてもメルカリでの取引で着払いにして送りたい場合は、本来の宅急便やゆうパックを利用してください。

過去の実際の追跡結果

参考までに今回紹介したゆうパック・宅急便・飛脚宅配便で送られた140サイズの荷物の過去の実際の追跡結果を以下に掲載します。

◼千葉県から兵庫県に1日で配達完了したゆうパック

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
03/23 15:00 引受 成田(成田ゆうパック作業所) 千葉県
03/23 17:26 中継 千葉中央郵便局 千葉県
03/24 05:40 中継 神戸中央郵便局 兵庫県
03/24 05:43 中継 神戸中央郵便局 兵庫県
03/24 11:59 到着 垂水郵便局 兵庫県
03/24 14:00 お届け先にお届け済み 垂水郵便局 兵庫県

3月23日(木曜日)の午後に千葉県成田市から発送されたゆうパックは、翌日の3月24日(金曜日)の午後に配送先である兵庫県神戸市に配達が完了しています。

◼愛媛県から和歌山県に1日で配達完了した宅急便

荷物状況 日付 時刻 担当店名
発送 10/14 11:36 西宇和センター
配達完了 10/15 10:02 和歌山城北センター

10月14日(土曜日)の午前に愛媛県八幡浜市から発送された宅急便は、翌日の10月15日(日曜日)の午前に配送先である和歌山県和歌山市に配達が完了しています。

◼︎東京都から兵庫県に2日で配達完了した飛脚宅配便

荷物状況 日時 担当店名
↓集荷 07/09 18:02 江東営業所
↓輸送中 07/10 11:58 関東中継センター
↓配達中 07/11 08:51 加西営業所
⇒配達完了 07/11 13:26 加西営業所

7月9日(月曜日)の夕方に東京都江東区から発送された飛脚宅配便は、7月11日(水曜日)の午後に兵庫県加西市の配達先に配達が完了しました。

関連:140サイズのダンボール箱の大きさの測り方と安く買う方法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

郵便60サイズの荷物を安い郵送料金で送る発送方法と梱包方法
郵便ポスト厚さ1cm以上の荷物を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
郵便ポスト厚さ2cm以上の荷物を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
郵便ポスト厚さ5cm以上の荷物を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
郵便ポストA4サイズの封筒を安い郵送料金で送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ