ゆうパックは速達で送れる?郵便局から速達で発送出来る郵便サービス




ゆうパック・ゆうメール・ゆうパケット・定形郵便・定形外郵便・クリックポスト・ミニレター・スマートレターといった郵便局から送ることが出来る日本郵便の送り方の中で速達を利用できる送り方と速達を利用できない送り方についてです。

多くの発送方法がある日本郵便ですが、オプションに速達を付与できる送り方と付与できない送り方があります。

また速達にすることで配達日数が早くなるだけでなく、平日と土曜日だけでなく日曜日と祝日も配達が行われるなどメリットがありますのでそのメリットについてもしっかりと解説します。

スポンサーリンク

速達を利用出来る送り方と利用出来ない送り方

速達を利用出来る送り方 速達を利用出来ない送り方
○ 定形郵便 × ゆうパック
○ 定形外郵便 × レターパックライト
○ はがき × レターパックプラス
○ 第三種郵便 × チルドゆうパック
○ 第四種郵便 × オークションゆうパック
○ ゆうメール × 空港ゆうパック
○ ミニレター × ゴルフ・スキーゆうパック
× クリックポスト
× スマートレター
× ゆうパケット

ゆうパックは以前は速達で送ることが出来たのですが2010年7月1日から廃止されています。

とはいえ速達がないゆうパックの配達スピードは最初から速達レベルとなっており、近い場所に送ると翌日の配達、遠い場所に送ると翌々日の配達となります。

また、速達オプションをつけない定形郵便や定形外郵便といった普通郵便の配達業務は平日と土曜日だけなのですが、ゆうパックは平日・土曜日・日曜日・祝日いつでも配達業務が行われるため、間に土日を挟むことによる配達遅延もありません。

関連:ゆうパックの配達日数!翌日か翌々日には到着

日本郵便で速達を利用するメリット

速達オプションを付与することが出来る定形郵便や定形外郵便にオプションとして速達を付与することのメリットについてです。

もちろん配達日数は通常発送する場合に比べると早くなりますが、それ以外にも日本郵便で速達を利用した場合のメリットがあります。

通常の郵便物は1日1回しか配達しないのですが、速達で送った郵便物は1日に3~4回配達されます。

速達で送れる定形郵便、定形外郵便、はがき、第三種郵便、第四種郵便は日曜日と祝日の配達を行っていないのですが、速達を利用することで日曜日と祝日でも配達してもらうことが出来ます。

他にもその地域に当日に配達する郵便物は、配達業務を行う郵便局に午前中に届いたものが対象なのですが、速達で送った郵便物は15時までに届けば当日の発送となります。

あと速達で送った郵便物は基本的には対面手渡しでの配達となります。これは100%ではなく郵便受けに投函されることもあります。

通常発送時と速達利用時の配達日数の違い



配達する距離が遠くなればなるほど、通常配送時と速達利用時の配達日数が目立つのですが、それでも大した差はありません。

通常配送時と速達利用時の配達日数の差は、配達する距離が遠くて1日配達する距離が近いと半日です。

あまりにも配達する距離が近いと通常発送時と変わらない可能性もあります。

しかし上記にあるように速達のメリットには早く送る以外にもあり、距離が近い場所に速達で送ることは、速いサービスというよりも遅れないサービスと言えます。

通常発送時と速達利用時の料金の違い

重量が250gまでの郵便物の速達利用時の料金は通常運賃+280円、250g~1kgの場合は通常運賃+380円、1kgよりも重い場合は通常運賃+650円となっています。

80円で送れるハガキを速達で送った場合は80円+280円となります。

25gまで 50gまで 100gまで 250gまで 1kgまで 2kgまで 4kgまで
+280円 +280円 +280円 +280円 +380円 +650円 +650円

料金の支払い方法としては現金と切手があり、切手を貼り速達で送る場合は通常運賃に加え速達オプション料金を合算した金額の切手を貼る必要があります。

VISAカードやMASTERカードなど、クレジットカードによる料金の支払いを日本郵便のサービスで利用することは出来ません。

速達郵便物の送り方



差出可能な場所としては郵便局の窓口郵便ポストへの投函があります。

(ゆうパック以外の日本郵便のサービスは、自宅まで日本郵便のドライバーさんに送る荷物を取りに来てもらうことが出来る集荷は利用することが出来ません。)

郵便ポストに投函する場合は郵便物が速達利用で送ることを示す必要があり、縦長の郵便物なら表面の右上部に、横長の郵便物なら右側部にマジックなどで赤い線を入れなければなりません。

郵便局の窓口から差し出す場合は速達利用であることを伝えれば窓口の方がやってくれます。

最後によくある質問とその回答

(質問)郵便窓口に差し出す場合、封筒に速達と書かなくて大丈夫ですか?

(回答)速達で出す旨を伝えれば郵便局の人が押印してくれるので書かなくて大丈夫です。

関連:ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

郵便配達土曜日や日曜日や祝日でも配達される日本郵便のサービス一覧
NO郵便物の受け取りを拒否する方法と受け取り拒否されたときの対処法
郵便ポストゆうパックやゆうメールを代金引換(代引き)で送る方法や手数料など
郵便局本人以外開封禁止にする本人限定受取郵便で送る方法とその受け取り方
カレンダー配達日指定で郵便局からゆうパックや定形外郵便を送る方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ