書き損じたハガキや余った年賀状を新品や別のものに交換する方法



 
手紙のあて名や住所を書き間違えてしまったときや飲み物をこぼしたりして汚れてしまったとき、全国の郵便局でわずか数円の手数料を支払うだけで新品のものに交換することが出来ます。

また正月前に大量に買って余ってしまった年賀状を有効的に活用することも出来ます。

※ただし既に使用済みの送られてきたハガキや年賀状を交換することは出来ません。

スポンサーリンク

ハガキと年賀状で交換出来るもの

交換出来る場所は郵便局の窓口です。

ハガキ、年賀状で交換出来るものは新品の通常切手、ハガキ、郵便書簡、レターパックの専用封筒です。

つまり書き間違ってしまったハガキは新品のハガキ、余ってしまった年賀状は新品のハガキに交換することが出来ます。

年賀状については、年賀状の販売期間内であれば新品の年賀状に交換することも出来ます。

交換出来る枚数や期間に制限はありません。

1枚でも100枚でも交換手数料を支払えば交換することが出来て、数年前に書き損じて家に置いてあったものでも交換することが出来ます。

交換の際に掛かる手数料

料金は1枚につき5円で、往復ハガキの場合は10円です。

親族の不幸による喪中のために購入した年賀状を使わなくなってしまった場合は例外で、窓口に備え付けの請求書に亡くなった方との続柄を記載し提出することで無料で交換することが出来ます。

無料で交換出来る期間は年賀状の販売期間内で、交換出来るものは新品の通常切手、ハガキ、郵便書簡、レターパックの専用封筒で、手数料を支払って交換出来るものと同じです。

関連:1枚あたりのはがきを通常より5円安く買う裏技

最後によくある質問とその回答

(質問)引き出しを整理していたら、1枚50円時代の未使用の年賀状が10枚見つかりました。古い年賀状でも手数料や不足分の金額などを支払うことで52円切手やハガキに交換してもらえるのでしょうか?

(回答)未使用であれば交換出来ます。

(質問)10年前の古い年賀状は今でも使えますか?

(回答)2円の切手を貼り足せば使えます。そのまま出すと料金不足で戻ってきますのでご注意下さい。


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

郵便局ゆうパックなど日本郵便から貴重品や現金を送る方法とその補償
切手私製はがき・官製はがき・通常はがきの違い
キャンセル年賀状をやめたいときの対処法とやめる方法
正月年賀状を出し忘れたときに代わりになる寒中見舞いの送り方と時期
郵便ポスト古い年賀状を捨てるタイミングと個人情報を守る正しい捨て方
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ