350円と500円のレターパックに切手を貼り増税後も使う方法




2014年4月1日に消費税が5%から8%になったことを受けレターパックを扱う郵便局だけでなくヤマト運輸や佐川急便も送料が高くなりました。

レターパックには2種類あり、青い封筒のレターパックライトの料金は350円から360円、赤い封筒のレターパックプラスの料金は500円から510円となりました。

残念ながら料金が足りないためこの増税前に購入された350円と500円のレターパックはこのままでは利用することが出来ません。

スポンサーリンク

切手を貼って不足分の10円を補う

通常レターパック(360円と510円のもの)は封筒を購入すればそのまま送ることが出来るため切手の購入は不要です。

しかし増税前に購入したレターパックはレターパックライトが350円、レターパックプラスが500円であるため不足分の10円を切手を貼り補わなければなりません。

切手を貼る位置はレターパックの封筒の左上に記載されてある350と500の下です。



ヤフオクに出品されている増税前のレターパックには丁寧に切手が貼られているものが多数存在しています。

ここではレターパックを定価よりも安く買うことが出来るのでおすすめです。

関連:レターパックの専用封筒を安く大量に買う方法

10円切手を売っている場所

10円切手は郵便局、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど、ほとんどのコンビニで販売されています。

郵便局には必ず置いてあり、コンビニは店舗により在庫状況が異なります。

この地域はよく切手が売れる、この地域は全然切手が売れないという統計値のようなものがあり、後者の場合扱ってもいないということもあり得ます。(かなり少ない確率)

コンビニの中では日本郵便のゆうパックを取り扱うローソンとセイコーマートには在庫がある可能性が高いです。

また、350円と500円のレターパックを使う必要がないのであれば手数料を支払い切手に交換することも出来ます。

関連:使わなくなったレターパックを切手に交換する方法とその手数料


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

郵便ポストレターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ
郵便ポストポスパケットとレターパックライトの違い20項目徹底比較
ゴミ箱エクスパックが完全に終了!2015年4月1日から払い戻し不可能に
レターパックライトレターパックの専用封筒を安く大量に買う方法
レターパックレターパックの受け取り方法と受け取り拒否をする方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ