360円と510円のレターパックに切手を貼り増税後も使う方法




2019年10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられたことを受け、レターパックを扱う日本郵便やヤマト運輸や佐川急便でも送料が高くなりました。

レターパックには2種類ありますが、青い封筒のレターパックライトの料金は360円から370円、赤い封筒のレターパックプラスの料金は510円から520円と、それぞれ10円ずつ値上がりしました。

2019年10月以前のレターパックの専用封筒自体は使用することは可能ですが、そのまま送ろうとすると料金不足のため送ることができないので、追加で不足料金分の10円切手を貼り付ける必要があります。

また、42円の手数料を支払うことで新品のレターパック封筒と交換してもらうこともできるので、切手を追加で貼り付けるのが好ましくない場合は新しい封筒との交換がおすすめです。


切手を貼って不足分の10円を補う

通常、レターパックライトとレターパックプラスは郵便局やコンビニで購入するときに支払う370円や520円が送料の支払いを意味しているので、切手の貼り付けは不要となっています。

しかし、今回のような増税以前のレターパック封筒を使用する場合は現在の料金から金額分が不足しているので、その不足分の10円を補う必要があり、最も簡単な方法は10円切手を貼り付けることとなります。



不足分の切手を貼り付ける箇所は、上記画像のようなレターパック封筒の360や510といった料金印字面の下となります。10円切手一枚でなく、2円切手5枚などを貼り付ける場合は同じように料金印字面のすぐ下に横並びにして貼り付けます。

なお、ヤフオクではレターパック封筒の出品も行われていますが、10円分の切手をすでに貼った状態で旧料金の専用封筒を出品している方も存在します。

この場合は郵便局やコンビニで定価で購入するよりも、レターパックを安く大量に入手できるのでレターパックをたくさん使用する方にはおすすめの入手方法となります。

関連:レターパックの専用封筒を安く大量に買う方法

10円切手を売っている場所

10円切手を購入できる場所は郵便局とローソン・セブンイレブン・ファミリーマートなどといったコンビニとなります。

ただし、郵便局には必ず置いてありますが、コンビニの場合は店舗により在庫状況が異なります。

この地域はよく切手が売れる、この地域は全然切手が売れないという統計値のようなものがあり、後者の場合コンビニによっては扱ってもいないということもあり得ます。

コンビニの中では日本郵便のゆうパックを取り扱うローソンとセイコーマートには在庫がある可能性が高くなっています。

また、10円切手が置かれてなくとも2円切手が売られていれば、2円切手を5枚購入することで不足料金を補う役目は十分に果たせます。

郵便局の場合は必ずしも切手を用意しなくとも、窓口でレターパックの不足料金を補いたい旨を伝えれば、現金で支払って印紙を貼ってもらうことができます。

窓口で新しいレターパック封筒と交換する

日本郵便 レターパックライト






前述してきたように、増税前の旧料金のレターパック封筒であっても、不足料金を貼り付けることで使用することは可能です。

しかし、どうしても不自然に本来不要なはずの切手が貼り付けられていたりするのが気になりそうな場合は、新しい封筒と交換してもらうのがおすすめです。

レターパックなどの専用封筒は記入済みや書き損じがあるものであっても、料金の印字さえ汚れていなければ42円の手数料を支払うことで新品の専用封筒と交換してもらえます。

今回のように増税以前の封筒を現在の料金と交換する場合には、不足料金の10円+交換手数料の42円の合計52円を支払うことで新品のレターパック封筒と交換できます。

注意点として、レターパック封筒の交換が行えるのは郵便局の窓口のみで、コンビニはもちろん、時間外窓口のゆうゆう窓口でも交換作業は行っていません。必ず通常窓口が営業している時間内に郵便局へ行って行うようにして下さい。

関連:使わなくなったレターパックを切手に交換する方法とその手数料



関連記事

人気記事

郵便局レターパックの追跡方法と追跡番号を紛失して追跡できないときの対処法
ゴミ箱エクスパックが完全に終了!2015年4月1日から払い戻し不可能に
ファミリーマートレターパックをファミリーマートで購入して発送する手順
レターパックプラス2レターパックを宅配ボックスに入れてくれない理由と解決策
レターパックライト1レターパックの綺麗な開け方と入れ忘れ時の入れ直し方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 188円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 188円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ