長い傘・折りたたみ傘を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




長い傘や折りたたみ傘などの傘をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

折り畳み傘は定形外郵便または宅急便コンパクトで送るといいでしょう。

長い傘は定形外郵便では送れないので、郵便局のゆうパックかクロネコヤマトの宅急便がおすすめです。

スポンサーリンク

傘の梱包方法

まず配送中の水濡れや汚損を防ぐため、傘をビニール袋に入れます。100円ショップに行けば、さまざまなサイズのビニール袋が販売されています。

長い傘でも折りたたみ傘でも、ちょうどいい大きさのビニール袋が見つかるでしょう。

次に、傘全体にプチプチを巻いていきます。プチプチも100円ショップで販売されていますが、ホームセンターやネットで購入したほうがお得かもしれません。

プチプチロール 幅600mm×10M






そして傘を頑丈なダンボールに入れましょう。

ネット上では、長いもの専用のダンボールが販売されているため、お金をかけても構わないという人はそれを購入してもOKです。

他にも今回のように長くて細い傘に非常に向いている梱包材として巻きダンボールがあります。

巻きダンボールとは普通のダンボールとは作りが違い、巻物状になっているため、梱包するものに対して巻くことが出来るダンボールです。

巻きダンボール






梱包にあまりお金をかけたくないという人は、スーパーやコンビニでダンボールをもらってきて、傘のサイズに合わせて三角柱に加工するといいでしょう。

ダンボールの中に傘を入れたら、試しに揺すってみてください。中で傘が動くようなら、隙間に丸めた新聞紙や緩衝材を入れ、動かないように固定しましょう。最後にダンボールのふたを閉め、ガムテープで封をすれば完成です。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ





定形外郵便で折りたたみ傘を送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 340円
予想サイズ 250g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
補償 なし

折り畳み傘を送る場合、定形外郵便が適しているでしょう。定形外郵便は3辺の長さの合計が90cm以内で、最長辺の長さが60cm以内、重さが4kgまでの荷物に対応しています。

追跡サービスや万が一のときの損害賠償は、オプションに申し込まない限り付きませんが、その代わり低料金で利用することができる折り畳み傘の一番安い最安値の送り方です。

定形外郵便の荷物はサイズによって規格内と規格外に分けられますが、折り畳み傘は規格外になる可能性が高いでしょう。送料は全国一律で、重さによって決まります。

定形外(規格外)サイズのダンボール






規格外の送料は、重さが51〜100gのとき220円、150g以下のとき290円、250g以下のとき340円、500g以下のとき500円です。折り畳み傘を定形外郵便で発送するときは、外装のよく見える場所にあて先を記載しましょう。

そして自分の住所と氏名も、あて先よりも少し小さめの文字で書いておきます。荷物の準備ができたら郵便窓口へ差し出し、料金を支払って発送します。

ちなみに、定形外郵便は基本的に集荷に対応していません。しかし、ゆうパックやレターパックプラスの集荷に来てもらったときに、ついでという形で定形外郵便の集荷もお願いすると、受け付けてもらえる可能性はあります。

関連:定形外郵便の送り方

ゆうパックで長い傘を送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 1,260円〜
予想サイズ 100サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

長い傘を送るのにおすすめなのは、ゆうパックです。ゆうパックは3辺の長さの合計が170cmまでの荷物に対応しているため、長い傘でも問題なく送ることができます。

追跡・補償が付いているので、配送事故が心配な人でも利用しやすいでしょう。送料は地域と荷物のサイズによって変わります。

例えば石川県から九州地方まで100サイズの荷物を送るときは、1,530円の送料がかかるでしょう。ゆうパックを利用するには、まず専用のラベルをもらいましょう。

長物梱包ダンボール【傘】【ステッキ】






専用ラベルは郵便局やコンビニでもらえるほか、集荷のときに持ってきてもらうことも可能です。元払いと着払いのときでは使用するラベルが異なるので、間違えないようご注意ください。

専用ラベルを入手したら、必要事項を濃くはっきりと記入します。受取人と差出人の住所・氏名、そして品名は必ず記入しましょう。専用ラベルの記入と荷物の梱包が終わったら、郵便局やコンビニへ持ち込むか、集荷を依頼することで発送手続きができます。

関連:ゆうパックの送り方

宅急便で長い傘を送る

宅急便の基本情報
予想送料 1,500円〜
予想サイズ 120サイズ
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

ゆうパックと類似のサービスで、クロネコヤマトの宅急便というものがあります。こちらも長い傘を送るのに適したサービスです。送料は荷物のサイズと地域によって決まります。

例えば関西地方から南東北地方まで120サイズの荷物を送るとすると、料金は1,793円となります。しかし宅急便にはさまざまな割引サービスが用意されているので、それらを活用することでもっと安くすることは可能でしょう。

宅急便を利用する場合、まず送り状を準備しましょう。

送り状はヤマト営業所などで配布されている複写式のものに手書きしたり、自宅でパソコン・プリンターを使用して発行したり、ヤマト営業所に設置されているネコピットから発行したりすることで、作成できます。

送り状と荷物の準備ができたら、ヤマト営業所・コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)・取扱店への持ち込み、集荷、宅配ロッカーからの発送のいずれかの方法で発送しましょう。

集荷は電話やウェブで申し込むことができます。宅配ロッカーからの発送はクロネコメンバーズ限定のサービスとなっており、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

ちなみに、送り状を作成せずに宅急便を利用する方法もあります。それは、ウェブから集荷を申し込むという方法です。ウェブから集荷に申し込むと、入力フォームにてあて先や差出人情報などを入力するため、送り状なしで荷物を送ることができるのです。

関連:宅急便の送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリで販売した傘は、らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便で送るとお得です。

◼︎らくらくメルカリ便とは

らくらくメルカリ便にはネコポス・宅急便コンパクト・宅急便といった送り方がありますが、中でも傘を送るのに適しているのは宅急便コンパクトと宅急便です。宅急便コンパクトは折り畳み傘、宅急便は長い傘を送るときにぴったりでしょう。

宅急便コンパクトは、ヤマト営業所などで販売されている専用BOXで梱包して送る決まりとなっています。専用BOXの大きさは20×25×5cmなので、折り畳み傘を斜めに入れれば梱包できそうです。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






送料は380円ですが、専用BOXが65円なので、合計445円の料金がかかることになります。

宅急便は最大で160サイズの荷物を送ることができるので、長い傘でも問題なく送れます。送料は80サイズの場合700円、100サイズの場合900円、120サイズの場合1,000円です。宅急便には専用の梱包資材がないため、自分で用意したダンボールで傘を梱包しましょう。

らくらくメルカリ便を利用する場合、まず傘を出品するときに配送方法をらくらくメルカリ便に設定します。傘が売れたら取引画面でサイズや発送方法を選択し、二次元コードを生成しましょう。

発送方法は有料の集荷か、ヤマト営業所やファミリーマート、サークルK・サンクスへの持ち込みが選べます。そして選択した発送方法で発送手続きを行いましょう。

◼︎ゆうゆうメルカリ便とは

ゆうゆうメルカリ便にはゆうパケット・ゆうパックという種類があり、傘を送るのに適しているのはゆうパックです。ただし、ゆうパックで送れる荷物は100サイズまでとなっています。

梱包後100サイズを超えるようなら、ほかの方法で発送しましょう。ゆうパックの送料は80サイズの場合700円、100サイズの場合900円です。

ゆうゆうメルカリ便を利用する場合、傘を出品するときに、配送方法をゆうゆうメルカリ便に設定しましょう。商品が売れたら、取引画面で発送方法やサイズなどを選択し、二次元コードを生成します。

発送方法は専用プリンター「ゆうプリタッチ」の設置された郵便局、またはローソンへの持ち込みがあります。あとは選択した方法で荷物を発送すれば完了です。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
カメラデジカメを宅配便と郵送で安く送る発送方法と梱包方法
赤ちゃん出産祝いを郵送で送る時期と発送方法!手紙の同封についても
郵便エンジンオイルを安く送る発送方法と梱包方法
郵便座布団を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ