レターパックライトの料金とレターパックプラスの料金




郵便局だけでなくローソンやミニストップといったコンビニでも販売しているレターパックライトとレターパックプラスの料金、そして支払い方法についてです。

同じ郵便局のサービスであるゆうパックの料金は送る距離と梱包した後のダンボールの大きさによって料金は変わってくるのですが、レターパックライトとレターパックプラスはどちらも全国どこに送っても同じ料金体系となっています。

レターパックのメリットとしては、専用封筒の購入代金が掛かるだけで、切手の購入は不要、梱包材の購入は不要、送る際に掛かる送料は無料となっています。

つまりレターパックライトとレターパックプラスで荷物を送る際に掛かる料金は専用封筒の購入代金だけです。

レターパックの専用封筒を買えるコンビニには、ローソン・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキがあり、セブンイレブン・ファミリーマートでは販売されていませんのでご注意ください。


レターパックライトの料金

レターパックライトはA4サイズ・厚さ3cmまで・重量4kgまで送ることが出来る送り方です。

専用封筒の料金は郵便局・コンビニどこで買っても税込み360円となっています。

◼︎郵便局の支払い方法

郵便局でレターパックを買う場合の支払い方法には、現金と切手があり、クレジットカード支払いはできません。(レターパックライト・レターパックプラス共通)

◼︎コンビニのレジの支払い方法

コンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキ)でレターパックを買う場合の支払い方法には、現金があり、クレジットカードなど各コンビニで利用出来るすべての支払い方法を利用出来ないのでご注意ください。

ミニストップについては、現金だけでなく、イオン商品券・WAONも支払い方法として利用可能です。

レターパックプラスの料金

レターパックライトはA4サイズ・重量4kgまで・厚み制限なしで送ることが出来る送り方です。

専用封筒の料金は郵便局・コンビニどこで買っても税込み510円となっています。

レターパックライトとは違い、配達方法は郵便受けへの投函ではなく、対面受け渡しとなるため安全です。

厚み制限がなく専用封筒に入ればどんなサイズでも送ることが出来て、対面受け渡しである点がレターパックライトとの違いです。

どちらもゆうパックなどでは送ることが出来ない信書(領収書や納品書)を送ることが出来て、配達中のレターパックが今どこにあるのか追跡することが出来る追跡機能が付いています。

Amazonで買うと定価よりも高い

多くの人が利用するネット通販のAmazonでもレターパックライトとレターパックプラスの専用封筒が販売されていますが、こちらは1枚あたりの料金が定価よりも高くなっています。

◼︎レターパックライトの専用封筒

日本郵便 レターパックライト






◼︎レターパックプラスの専用封筒

日本郵便レターパックプラス






Amazonギフト券とAmazonポイントが余っていて使い道がない場合のみ利用することをおすすめします。

◼︎Amazonの支払い方法

Amazonでレターパックを買う場合の支払い方法には、クレジットカード支払い、コンビニ支払い、銀行ATM支払い、電子マネー支払い(楽天Edy・Suica・iD・JCB PREMO)、代金引換、Amazonギフト券、Amazonポイントがあります。

コンビニ支払いで利用できるコンビニ:セブンイレブン・ローソン・ミニストップ・ファミリーマート・デイリーヤマザキ・セイコーマート・スリーエフ

レターパックを定価よりも安く買う方法



もしレターパックライトまたはレターパックプラスを定価の360円・510円よりも安く買いたいのであれば、大黒屋などの金券ショップかヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで購入する方法があります。

ただしどちらも在庫がない可能性も高く、郵便局やコンビニとは違い1枚からの購入は出来ず、5枚セットや10枚セットでの販売となります。

今後もレターパックを使う機会が多い方や複数の荷物をレターパックで送る機会がある方であればこちらもチェックしておくことをおすすめします。

◼︎メルカリの支払い方法

メルカリでレターパックを買う場合の支払い方法には、クレジットカード支払い、コンビニ支払い、ドコモのd払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、銀行ATM支払い、売上金支払い、メルカリポイント支払いがあります。

コンビニ支払いで利用できるコンビニ:セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ・セイコーマート

◼︎ヤフオクの支払い方法

ヤフオクでレターパックを買う場合の支払い方法には、クレジットカード支払い、コンビニ支払い、銀行振込、銀行ATM支払い、Tポイント支払い、Yahooマネー支払いがあります。

コンビニ支払いで利用できるコンビニ:ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ・セイコーマート

これまでの料金改定と値上げ額

レターパックは現在レターパックライトは360円、レターパックプラスは510円という料金体系ですが、前からこの料金だったわけではありません。

エクスパック(500円)→レターパック350(350円)→レターパックライト(360円)

エクスパック(500円)→レターパック500(500円)→レターパックプラス(510円)

エクスパックの販売が終了したのは2010年3月末、レターパックライトとプラスに名称が変更になったのは2012年5月、そして2014年4月に消費税増税を受けて料金がそれぞれ10円増えて現在に至ります。

関連:レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ



関連記事

人気記事

郵便ポストレターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ
郵便局レターパックの追跡方法と追跡番号を紛失して追跡できないときの対処法
レターパックレターパックライトとプラスのスピードは速達並み?お届け日数の検証
レターパックライト350円と500円のレターパックに切手を貼り増税後も使う方法
レターパックレターパックを着払いで送る代替えサービス
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ