らくらくメルカリ便をコンビニのファミリーマートから送る方法




iPhoneやAndroidのスマートホン用フリマアプリのメルカリの商品をらくらくメルカリ便で24時間営業しているコンビニのファミリーマート(ファミマ)から発送する方法についてです。

メルカリではヤマト運輸と提携してらくらくメルカリ便というサービスを展開しています。

らくらくメルカリ便はヤマト運輸の「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」の3種類の既存サービスを特別価格で使えるというもので、例えば宅急便であればサイズごとに全国一律料金で商品を発送できるというもので、簡単に言ってしまえば普通にヤマト運輸を利用して同県内に商品を発送するのよりも安い料金で日本全国に商品を送ることができます。

らくらくメルカリ便は非常に便利なサービスなのですが、元々はヤマト運輸の営業所からしか発送ができないという弱点がありました。

2016年3月より遂にコンビニでの取り扱いが始まりました。

コンビニにはセブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・デイリーヤマザキ・ミニストップ・セイコーマートとその種類は多数ありますが、メルカリ提携の第1弾としてファミリーマートかららくらくメルカリ便を発送することができるようになりました。

スポンサーリンク

コンビニ発送第一弾はファミリーマート

らくらくメルカリ便のコンビニ発送取り扱い第一弾はファミリーマートで始まりました。

元々需要があったのがわかっていたのですが、システムの構築が需要に追い付いていないなどの理由でここまで導入されていませんでした。

しかしヤフオク!とヤマト運輸が展開しているヤフネコパックと、メルカリとヤマト運輸が展開するらくらくメルカリ便が2016年3月にほぼ同時にファミリーマートでの取り扱いを始めました。

どちらのサービスも名前と価格設定以外はほぼ同一のサービスですのでシステムは同じものを使っていることは想像に難くありません。

今はまだファミリーマートとサークルKサンクスとだけですが、今後ヤマト運輸を取り扱うセブンイレブンやデイリーヤマザキといったコンビニでも展開することはほぼ確実です。

らくらくメルカリ便をファミリーマートから発送する方法

らくらくメルカリ便をファミリーマートから発送する方法は、ヤマト運輸の営業所かららくらくメルカリ便を発送する方法と場所と端末が若干変わった程度の違いで手順などはほぼ同じです。また「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」による違いもほぼありません。

宅急便コンパクトの場合は専用封筒を購入しなければいけませんが、ヤマト運輸の営業所だけでなくネット通販やコンビニのファミリーマートでも2種類の宅急便コンパクト専用BOXをどちらも買うことが出来ます。

ヤマト運輸 宅急便コンパクト 専用 梱包箱




具体的な手順は以下の通りです。

1.商品出品時に配送料の負担者を「送料込み(出品者負担)」にして配送方法を「らくらくメルカリ便」として出品する

らくらくメルカリ便は送料負担者を出品者にしなければ利用できません。また配送方法をらくらくメルカリ便にしておかなければならない点にも注意が必要です。また出品時の注意点としては出品価格もあります。ネコポスは制限はありませんが、宅急便コンパクトであれば450円、宅急便であれば1000円以上の出品価格でなければ利用できません。これらに注意して出品をします。

2.商品が売れたら取引画面から「コンビニから発送」を選択し、配送情報の入った2次元バーコード(QRコード)を作成する

コンビニ発送が始まるまでは無かった「コンビニから発送」ボタンが新たに取引画面に表示されます。これを選択、商品サイズ等を選択してから2次元バーコードを生成します。2次元バーコードとはQRコードのことで、ファミリーマートでの手続き時に表示する必要があるため精製後はスマホなどをで表示できるようにしておきましょう。

3.ファミリーマートへ荷物を持ち込みFamiポートを操作して申込券を出力する

ファミリーマートの専用端末であるFamiポートを操作して申し込み票を出力します。具体的な操作方法については後述します。この操作の過程で2次元バーコードを使いますので、それを表示できるスマホやタブレットを忘れないように持参しましょう。注意点として毎週月曜日AM2:30〜5:00の間はメンテナンス時間ですので利用できません。夜中に利用する方は注意しておきましょう。

4.申込券をレジで渡し、発送手続きを完了させる

申込券の発券から30分以内にレジに持って行きましょう。以上でらくらくメルカリ便をファミリーマートから発送する手続きは完了です。代金に関しては売上金から自動的に引かれます。

Famiポートの操作方法

申込券の発券までのFamiポート画面の具体的な操作方法は以下の通りです

1.トップ画面から「配送サービス」を選択する

2.「mercari らくらくメルカリ便の配送はこちら」を選択する

3.用意した2次元バーコード(QRコード)を端末に読み取らせる

4.配送情報確認画面で情報を確認し「OK」を押す

以上で申込券が発券されます。

らくらくメルカリ便をファミリーマートから発送する際の料金

らくらくメルカリ便をファミリーマートから発送するのに特に追加料金などはかかりません。どの配送方法も配送距離に関係なく一定料金です。宅急便のみサイズによる価格の差があります。

ネコポス:195円(税込)

宅急便コンパクト:380円(税込)+専用ボックス65円(税込)

宅急便60サイズ(2kgまで):600円(税込)
宅急便80サイズ(5kgまで):700円(税込)
宅急便100サイズ(10kgまで):900円(税込)
宅急便120サイズ(15kgまで):1000円(税込)
宅急便140サイズ(20kgまで):1200円(税込)
宅急便160サイズ(25kgまで):1500円(税込)

注意点として、宅急便は各サイズ重量による制限があります。例えば梱包サイズが60サイズであっても重量が5kgであれば80サイズの料金となりますし10kgであれば100サイズの料金となります。

コンビニから発送する場合の匿名性について

らくらくメルカリ便の便利な点としては、料金や手軽さ以外にも「匿名性がある」という点も挙げられます。

一般的に商品を発送する際には伝票に、送り先である相手の住所と、発送元である自分の住所を記入して貼り付けます。

しかしらくらくメルカリ便では、配送先の住所や相手の名前、そして発送元の自分の住所と名前がQRコードに変換された形になっており、ヤマト運輸のスタッフしか読み取れないようになっています。

ではらくらくメルカリ便をファミリーマートから発送する場合にはこの匿名性はどうなるのでしょうか?ヤマトの配送員に直接渡すわけではないので、コンビニのスタッフによって情報を読み取られてしまったりしないのでしょうか?

結論としては、らくらくメルカリ便のQRコード情報は、ヤマト運輸のスタッフが持っている端末でしか読み取ることができないため、ファミリーマートからの発送であっても、ヤマトの営業所から送るのと同じ匿名性が担保されています。

仮にコンビニの店員がQRコードを読み取ろうとしても、通常のスマホやバーコードリーダーでは情報を読み取ることはできません。

受付時間と発送日について

ファミリーマートから発送する場合には、荷物を引き渡した時間によって発送日が当日になるのか翌日になるのかが決まります。

というのも一般的にファミリーマートにヤマト運輸が荷物を集荷しに来るのは午前と午後に1度ずつ、1日に計2回となっています。

もし午後の集荷よりも後に荷物を受け渡した場合には、ヤマト運輸への引き渡しが次の日となってしまい発送日が翌日となってしまいます。

ヤマト運輸の各コンビニへの集荷時間の目安は、コンビニごとに異なるのでよく使うコンビニについては一度確認しておくとよいでしょう。

はこBoonとの使い分け(2017年サービス終了)

ファミリーマートでの配送サービスを展開をしているのはらくらくメルカリ便だけでなく、「はこBoon」というものもあります。

こちらはYahoo!とヤマト運輸が提携した配送サービスで、梱包サイズではなく重量で価格が決定するというユニークな宅配便サービスとなっています。

同じ場所からの配送ですのでどうせなららくらくメルカリ便と比べて安い方を利用するのが賢明でしょう。比較対象としては宅急便が対象となります。

結論から言えば基本的にらくらくメルカリ便の方が安い、と言えます。

らくらくメルカリ便の宅急便の価格設定がかなり安く設定されているため、国内の一般人が利用できる宅配便で太刀打ちできるものはありません。

ただし例外的に梱包サイズが大きく重量が軽い商品、例えば風船を膨らました状態で送る場合などであればはこBoonの方が安くなります。
また60サイズを同県内への配送する場合にもはこBoonの方が100円ほど安くなります。

この2つの例外以外であればらくらくメルカリ便を利用しておけば問題ありません。

ファミリーマートかららくらくメルカリ便を送るメリット

ファミリーマートをはじめ、コンビニかららくらくメルカリ便を発送できるようになったことで得られるメリットとしては時間の制約が無くなったことと発送できる場所が増えたことです。

コンビニを発送地点として利用できるということは、24時間いつでも商品の発送が可能になったということです。これはコンビニの一番の強みでもあります。

会社員をしながらメルカリを利用していると、どうしてもヤマト運輸の営業所の営業時間内に商品を持ち込めないことも多く、そのせいでらくらくメルカリ便以外の発送方法を選択せざるを得ない場合もあります。しかしコンビニからの発送ができるとその悩みもなくなります。

またヤマト運輸の営業所の数はファミリーマートの店舗数の3分の1程度ですので、言い換えれば発送できる場所が単純に4倍になったといえます。

数が増えれば今まで以上に自分にとって都合のいい店舗や営業所を選択することもできるようになり便利さがアップします。

この2点がファミリーマートから発送できるようになって増えた大きなメリットとなります。

関連:ダンボールや封筒などらくらくメルカリ便の梱包方法


スポンサーリンク


関連記事

人気記事

ヤマト運輸らくらくメルカリ便の宅急便で送る方法と料金
走るらくらくメルカリ便の追跡方法
匿名メルカリの匿名発送で送る方法!出品者も購入者も匿名に
ヤマト運輸宅急便コンパクトらくらくメルカリ便のゴールデンウィークの発送と配達
サークルKサンクスらくらくメルカリ便をサークルKサンクスで送る方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ