ヤマト運輸が人手不足になった原因




ヤマト運輸(クロネコヤマト)の集配ドライバーの正社員はもちろん、仕分けを担当するアルバイトスタッフも人手不足になってしまった原因についてです。

ヤマト運輸が人手不足となった原因には「Amazon利用者の増加」→「佐川急便のAmazonから撤退」→「ヤマト運輸の取り扱い量の増加」→「Amazonのサービス拡充」→「再配達回数の増加」という経緯があります。

ヤマト運輸では宅急便・宅急便コンパクト・ネコポス・クロネコDM便だけでなく、フリマアプリのメルカリと連携したらくらくメルカリ便、ラクマと連携したラクマ定額パック、フリルと連携したらくらくフリルパックも取り扱っています。

そのような状況下でも、ヤマト運輸の顧客満足度は日本の配送業界ではトップに位置しており、これはとてつもない企業努力の結果であると言えます。

スポンサーリンク

Amazon利用者の増加

多くの人が感覚的に感じている通り、この10年で多くの人がAmazonや楽天市場などのネット通販、ヤフオクなどのネットオークションを使うようになり、最近ではメルカリなどの フリマアプリを使って買い物をする人が増えています。

ネット通販でもネットオークションでもフリマアプリでも、それらの商品の配送の中心はヤマト運輸となっています。

その中でも特にヤマト運輸を圧迫していると言われるのがAmazonです。

佐川急便のAmazonから撤退

これまではヤマト運輸だけでなく、佐川急便もAmazonで注文された商品の配送を行っていたのですが、現在はAmazonの配送から撤退しています。

佐川急便がAmazonから撤退した理由は、Amazon利用者の増加に伴う物量の増加およびAmazonのサービス拡充による負担増のため、Amazon側と単価を上げる交渉を行い、その交渉が決裂したためです。

Amazonの配送はヤマト運輸だけでなく、TMG便など小規模配送業者も行っていますが、これにより佐川急便がこれまで取り扱っていた物量がほぼそのままヤマト運輸に行くことになったと言えます。

※AmazonにはAmazonが発送する商品と個人の業者さんが発送する中古を中心とした商品があり、後者の個人の業者さんが発送す流商品の配送業者は業者さんが自由に選べるため佐川急便が使われる場合があります。

Amazonのサービス拡充

ヤマト運輸の負担が増え人手不足になってしまった原因は、Amazon利用者の増加と佐川急便の撤退だけではなく、Amazonのサービス拡充も大きな原因となっています。

Amazonの会員サービスにはAmazonプライムというサービスがあり、Amazon利用者のうち15%を超える人が現在利用しており、35%を超える人が過去に利用していたというデータがあります。

多くの人がAmazonプライムを利用する一番の目的は、商品の配達が早くなるお急ぎ便・当日お急ぎ便、配達日時を指定することが出来るお届け日時指定便を無料で利用することが出来るためです。

お急ぎ便・当日お急ぎ便の配送を担当するのがヤマト運輸であり、お届け日時指定便については必ずヤマト運輸が配送を担当することになっています。

お急ぎ便については早く配達しなければいけない、当日お急ぎ便については当日中に配達しなければいけない、お届け日時指定便については必ずその時間帯に配達しなければいけないという制約があります。

関連:Amazonで配送業者にヤマト運輸を指定する方法

当日お急ぎ便の配達スピード

参考までに、Amazonの当日お急ぎ便で注文された商品をヤマト運輸はどのようなスピードで配送および配達をしているのか、過去の実際の追跡結果をご覧ください。

荷物状況 日付 時刻 担当店名
荷物受付 12/02 01:14 小田原AFC支店
発送 12/02 01:14 小田原AFC支店
作業店通過 12/02 03:54 埼京ベース店
配達完了 12/02 09:53 東元町センター

これはAmazonの当日お急ぎ便で注文された商品を神奈川県小田原市にあるAmazonの専用倉庫から東京都小平市に配達された商品の追跡結果です。

日付が変わった深夜1時すぎ、アマゾン小田原FC(フルフィルメントセンター)にあるヤマト運輸の小田原AFC支店から配送が開始され、その当日の朝10時前に配達が完了していることが分かります。

Amazonの専用倉庫はこのアマゾン小田原FCだけでなく、千葉県の市川FC、大阪府の堺FCなど日本各地の設立されており、今回のヤマト運輸の小田原AFC支店にように各FCごとに配送を担当するヤマト運輸の支店があります。

これがAmazonのお急ぎ便や当日お急ぎ便を実現可能にした仕組みとなっています。

関連:ヤマト運輸の小田原AFC支店がある場所の住所と郵便番号

再配達回数の増加

最後にヤマト運輸が人手不足になった一番の理由がこちらになります。

多くの人が平日の昼間は会社や学校で家にいないため、帰ったら郵便受けにヤマト運輸の不在連絡票が入っていたという経験があるはずです。

配送する物量が増えたということは、ドライバーさんが再配達に向かう回数と不在連絡票をもとに連絡を受ける回数も比例して増えることになります。

この配達回数を減らすためにヤマト運輸では、駅やコンビニに受け取りロッカーを設置するなど対策を次々に打ち出していますが、まだまだ普及しているとは言えません。

再配達はドライバーさんの仕事増となりますし、受取人も毎回再配達依頼をしなければいけないという手間がありますので、玄関先にスペースがあるのであれば以下のような簡易宅配ボックスの設置をお勧めします。

宅配ボックス 一戸建て用 マンション用 折りたたみ 大容量60L






調査結果によると、受取人不在により再配達となるケースが約20%だと言われており、これはヤマト運輸が取り扱うすべての荷物の5分の1という割合であり、数で言えば相当なものです。

さらにヤマト運輸のドライバーさんが1つの荷物を再配達する回数は1回だけとは限らず、2回3回と再配達に行きまた不在ということを繰り返すこともあるのです。

関連:自宅に宅配BOXを簡単に設置する方法!一軒家やアパートでも設置可能


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

ヤマト運輸宅急便日曜日も営業しているクロネコヤマト(ヤマト運輸)営業所一覧
メール便定規無料もある!クロネコメール便の黄色い定規を手に入れる方法3個‏
ヤマト運輸速達を超える!ヤマト運輸のクロネコ宅急便を翌日の朝に届ける方法
ヤマト運輸平日のヤマト運輸営業所の営業時間と当日発送締切時間
ヤマト運輸コンビニ発送不可!集荷の電話番号などヤマト便の送り方
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ