補償なしの定形外郵便を補償ありで送る方法




定形外郵便(普通郵便)の規格内と規格外には補償サービスが付いていないので補償サービスを付けて送る方法についてです。

定形外郵便の規格内と規格外にはどちらにも補償サービスが付いていないので、万が一定形外郵便で送った荷物が紛失してしまったり、受け取った荷物が破損していても補償を受け取ることができません。

そのため、貴重な内容品を送る際や追跡サービスを付けて送りたい場合には簡易書留もしくは一般書留といった書留のオプションサービスを付けて送ると追跡サービスと補償サービスが定形外郵便にも付くようになります。


定形外郵便の補償内容

定形外郵便には補償サービスが一切ありません。また、追跡サービスも付いていないので荷物が本当に紛失したのか・どこで紛失したのかといった追跡も行えなくなっています。

このように定形外郵便には補償サービスがないので、メルカリやヤフオクなどのやり取りで発送した際、受取人側に到着時に商品が壊れていたと言われても郵便局に損害賠償を請求することができません。

また、追跡サービスもないため、受取人にまだ届かないと言われても、本当に配送中に紛失してしまったのか嘘なのかがわかりません。

購入者側としても、出品者が発送したと言ってから届かない場合も、配送中に紛失して届いていないのかそもそも出品者が発送をしていないのかも、追跡が行えないので確認しようがありません。

このようにメリカリなどのフリマアプリでの取引の際などに定形外郵便を使って発送すると、最悪トラブルを引き起こす相手との取引になってしまった場合でも確証できる証拠もありません。

そのため、なるべく補償・追跡がある送り方に変更するか、以下の書留オプションを定形外郵便につけることをおすすめします。

定形外郵便を補償ありで送る方法

定形外郵便に補償を付けて送るには、簡易書留もしくは一般書留の書留オプションを付ける必要があります。以下で簡易書留と一般書留のそれぞれについて解説します。

◼簡易書留

簡易書留の基本情報
料金 310円
賠償額 上限5万円
発送場所 郵便局の窓口
受け取り方 玄関先対面手渡し
受け取りサイン 必要

簡易書留はその名の通り一般書留よりも簡易的な書留オプションで、料金も310円と安く設定されています。

その分、一般書留よりも賠償額の上限が5万円と低い点や、本人限定受取や配達証明といったオプションは付けられないというデメリットはありますが、多くの荷物の場合は簡易書留でも充分です。

簡易書留を付けると荷物の追跡ができるようになります。また、定形外郵便は平日と土曜日のみ配達が行われ、日曜日と祝日には配達が行われませんが、簡易書留を付けると日曜日祝日も配達が行われるようになります。

さらに簡易書留を付けると配達時には郵便受けへの投函ではなく、ゆうパックなどと同様、玄関先での対面手渡しの受け渡しになり、受け渡し時にはサインまたは印鑑が必要になります。

このように通常の簡易書留にはない追跡や補償サービスも付いたりといった特典から、ある程度高価なものや壊れては困るような荷物を送る際は簡易書留を付けて定形外郵便を送ることをおすすめします。

なお、簡易書留・一般書留いずれも定形外郵便に付けた場合には郵便局の窓口からのみの発送でポスト投函はできなくなりますのでご注意ください。

◼一般書留

一般書留の基本情報
料金 430円
賠償額 上限10万円
発送場所 郵便局の窓口
受け取り方 玄関先対面手渡し
受け取りサイン 必要

一般書留は前述した簡易書留よりもより手厚い補償を付けたサービスで、料金も430円と簡易書留よりも高く設定されています。

オプション料金が高い分、賠償額も最高10万円までと高く、また配達証明や本人限定受取などといった追加のオプションも付けられます。

一般書留のオプションを付けると、当然簡易書留と同様、定形外郵便に追跡サービスや補償サービスが付きます。

また、配達時には郵便受けへの投函ではなく、ゆうパック等と同様、玄関先での対面手渡しの受け渡しになり、受け渡し時にはサインまたは印鑑が必要になります。

一般書留は簡易書留よりもオプション料金が高い代わりに補償額も高く設定されており、より手厚いオプションも付けられるようになっているので価値のあるもの、貴重品、重要書類を送る際は一般書留を付けて送るようにしてください。

なお、前述したように簡易書留・一般書留いずれも定形外郵便に付けた場合には郵便局の窓口からのみの発送でポスト投函はできなくなりますのでご注意ください。

書留の過去の実際の追跡結果

参考までに簡易書留または一般書留を付けて送られ、到着までが完了した定形外郵便の過去の実際の追跡結果を以下に掲載します。

◼東京都から愛知県に2日で配達完了した簡易書留

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
01/04 18:12 引受 芝郵便局 東京都
01/05 17:29 到着 中村郵便局 愛知県
01/06 15:04 お届け先にお届け済み 中村郵便局 愛知県

1月4日(金曜日)の夕方に東京都港区から発送された簡易書留は、翌々日の1月6日(日曜日)の午後に配送先である愛知県名古屋市に配達が完了しています。

◼東京都から千葉県に3日で配達完了した簡易書留

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
01/04 17:41 引受 芝郵便局 東京都
01/05 11:40 到着 市川郵便局 千葉県
01/07 10:53 お届け先にお届け済み 市川郵便局 千葉県

1月4日(金曜日)の夕方に東京都港区から発送された簡易書留は、1月7日(月曜日)の午前に配送先である千葉県市川市に配達が完了しています。

◼兵庫県から山梨県に2日で配達完了した一般書留

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
11/26 16:09 引受 神戸港島中町郵便局 兵庫県
11/26 21:40 発送 神戸中央郵便局 兵庫県
11/27 12:10 発送 甲府中央郵便局 山梨県
11/27 13:45 到着 北杜郵便局 山梨県
11/28 10:12 お届け先にお届け済み 北杜郵便局 山梨県

11月26日(月曜日)の夕方に兵庫県神戸市から発送された一般書留は、翌々日の11月28日(水曜日)の午前に配送先である山梨県北杜市に配達が完了しています。

◼愛知県から愛媛県に2日で配達完了した一般書留

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
01/09 10:00 引受 名古屋山手通郵便局 愛知県
01/09 13:40 発送 昭和郵便局 愛知県
01/10 11:35 発送 松山西郵便局 愛媛県
01/10 12:11 到着 松山中央郵便局 愛媛県
01/11 10:44 お届け先にお届け済み 松山中央郵便局 愛媛県

1月9日(水曜日)の午前に愛知県名古屋市から発送された一般書留は、翌々日の1月11日(金曜日)の午前に配送先である愛媛県松山市に配達が完了しています。

関連:定形外郵便のサイズと90サイズをオーバーしたときの対処法



関連記事

人気記事

現金書留封筒1コンビニで買える?現金書留の専用封筒を手に入れる方法
時計速達の郵便を当日中に届けるための差出時間と当日着可能範囲
日本郵便定形外郵便の規格内と規格外の違い
郵便ポスト定形外郵便のポスト投函方法とポストに入らないときの対処法
切手定形外郵便の折り曲げ厳禁の書き方と効果的な記載位置
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ