現金書留の受け取り方法!家族など本人以外の代理受け取りや拒否もできる




現金を普通郵便で送るときに利用される現金書留の受け取り方法についてです。宛名本人以外の家族などでも受け取れるのか、受け取りたくない現金書留は受取拒否をすることができるのかについても併せて解説しています。

現金書留の受け取り方法は、玄関先での対面手渡しとなり、受取時にはサインまたは印鑑が必要となります。ただし、受け取りをするのは本人以外の家族など同居人でも全く問題なく、本人確認も行われません。

現金書留は必ず玄関先での対面手渡しもしくは郵便局の窓口での受け渡しとなっているので、不在時であってもポスト投函は行われません。また、ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートといったコンビニでの受け取りも不可能です。


普通に送った現金書留の受け取り方法

現金書留の配達時の受け取り方法は玄関先での対面手渡しとなります。受け取りを行えるのは本人はもちろん、家族など同居人の本人以外でも可能です。

オプションを付けて本人限定受取郵便とした現金書留以外は、受取時に本人確認は行われませんので、受取人が宛名の本人か本人以外かは重要視されません。

宛名の本人もしくは本人以外が受け取る場合でも、後述しているようにいずれの場合も受取人のサインもしくは印鑑が必要となります。受け取った本人を証明するサインをして下さい。

現金書留が配達される時間帯は朝の夕方5時(17時)頃までとなっています。現金書留は平日だけでなく、土曜日・日曜日・祝日を含めた365日間配達される送り方のため、休日の配達であってもこの時間帯は変わりません。

現金書留は配達時に受取人宅が不在であればポスト投函はされず、配達局まで持ち戻りとなり、代わりに郵便受けには不在連絡票が投函されます。

受取人は帰宅時に不在連絡票に記載されている内容を元に再配達の依頼をして受け取ります。再配達の最終の配達時間は夜の9時(21時)頃まで行われますので、希望する時間帯を指定して下さい。

◼本人が受け取る場合

現金書留を宛先に書かれている受取人が受け取る場合には、玄関先での手渡しで受取ります。受取時には受け取りを証明するためのサインもしくは印鑑が必要となります。

いずれも自分自身を証明するサインまたは印鑑をして下さい。

◼本人以外が受け取る場合

現金書留を宛先に書かれている本人以外が受け取る場合も、上記の本人の場合と同様に、玄関先での対面手渡しとなります。また、受取時には同様に、受け取りを証明するためのサインまたは印鑑が必要となります。

行うサインなどは受け取った代理人本人のものでOKです。宛先本人の名前を記入する必要はありませんので受取人ご自身のものを記入して下さい。

郵便局留めの現金書留の受け取り方法

郵便局の窓口での受け取りとする郵便局留めで送られた現金書留の場合は、郵便局への荷物の到着後、受取人が直接その郵便局へ出向いて受け取ります。受取時には運転免許証など身分証明書と印鑑が必要になりますので用意の上で受け取りに行って下さい。

また、通常配送時と同様、受取人本人だけでなく、家族など代理人が受け取ることも可能です。

ただし、局留めの場合は代理人が受け取る場合は受取人本人の委任状と本人と代理人のそれぞれの身分証明書が必要となるので、なるべく本人が行ったほうが面倒がなくおすすめです。

局留めで送られた現金書留の受取可能時間は、その郵便局の営業時間内であればいつでも可能です。ゆうゆう窓口が設置された郵便局であれば通常窓口の閉店後もそちらで受け取りが可能なので、より遅い時間まで受け取りが可能となっています。

注意点として、局留めで送られた郵便物の保管期間は、受け取り場所の郵便局に到着した翌日から起算して7日間となっています。

最長で3日の延長も可能ですが、保管期間を過ぎてしまうとその郵便物は差出人の元まで返送されてしまうのでご注意下さい。

◼本人が受け取る場合

局留めで送られた現金書留を宛名の本人が受け取る場合には、運転免許証などの身分証明書と印鑑を用意の上、保管されている郵便局へ行きます。

窓口で局留めで送られた現金書留を受け取りたい旨を伝えた上で、身分証明書を提示します。保管棚から荷物を取ってきてもらい、渡された荷物が自分のものだと確認が取れたら、サインもしくは印鑑をして受け取りは完了となります。

◼本人以外が受け取る場合

局留めで送られた現金書留を宛名の本人以外の代理人が受け取る場合は、宛名本人の委任状と身分証明書、代理人の身分証明書と印鑑が必要となりますので、それらを用意の上保管されている郵便局へ行きます。

窓口で局留めで送られた現金書留を代理で受け取りに来た旨を伝え、本人の委任状と身分証明書、それから代理人本人の身分証明書を提示します。

保管棚から荷物を取ってきてもらい、渡された荷物が委任された当人のものだと確認が取れたら、代理人本人のサインもしくは印鑑をして受け取りは完了となります。

現金書留の受け取り拒否方法

拒否ポン






配達された現金書留が身に覚えがないものだったり、受け取りたくない差出人からのものだった場合は、受け取りを拒否して差出人の元まで返送してもらうことが可能です。

現金書留の受取拒否のやり方は、配達時または再配達時に局員に手渡されるときにその郵便物を拒否したい旨を伝えます。

次にメモや付箋などに「受取拒絶」と記入した上で自分の名前をサインし、返送したい郵便物に貼り付けてもらいます。メモやペンがなくとも局員が貸してくれるのでそちらを使用してもOKです。

もしくは上記のような受取拒否専用のスタンプも販売されているので、そのような用意しておいても良いでしょう。

これでその郵便物は受取人が受け取りを拒否した旨が証明され、差出人の元まで返送されます。注意点として、受取拒否をしたことは差出人本人に伝わってしまうのでその点はご注意下さい。

受け取りが完了した過去の実際の追跡結果

参考までに発送され、受け取りまでが完了された現金書留の過去の実際の追跡結果を以下に掲載します。

◼東京都から静岡県に2日で配達完了した現金書留

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
04/10 15:31 引受 渋谷郵便局 東京都
04/10 21:00 発送 渋谷郵便局 東京都
04/11 11:55 発送 静岡郵便局 静岡県
04/12 08:38 到着 三島郵便局 静岡県
04/12 12:57 お届け先にお届け済み 三島郵便局 静岡県

4月10日(水曜日)の午後に東京都渋谷区から発送された現金書留は、翌々日の4月12日(金曜日)のお昼に配送先である静岡県三島市に配達が完了しています。

◼東京都から新潟県に2日で配達完了した現金書留

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
04/10 15:31 引受 渋谷郵便局 東京都
04/10 21:00 発送 渋谷郵便局 東京都
04/11 10:00 発送 新潟郵便局 新潟県
04/11 11:15 到着 新潟中央郵便局 新潟県
04/12 10:16 お届け先にお届け済み 新潟中央郵便局 新潟県

4月10日(水曜日)の午後に東京都渋谷区から発送された現金書留は、翌々日の4月12日(金曜日)の午前中に配送先である新潟県新潟市に配達が完了しています。

◼東京都から大阪府に2日で配達完了した現金書留

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
04/10 15:31 引受 渋谷郵便局 東京都
04/10 21:00 発送 渋谷郵便局 東京都
04/11 12:15 発送 新大阪支店 大阪府
04/11 14:40 到着 大阪城東郵便局 大阪府
04/12 14:15 お届け先にお届け済み 大阪城東郵便局 大阪府

4月10日(水曜日)の午後に東京都渋谷区から発送された現金書留は、翌々日の4月12日(金曜日)の午後に配送先である大阪府大阪市に配達が完了しています。

◼大阪府から大阪府に1日で配達完了した現金書留

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
03/18 13:52 引受 船場郵便局 大阪府
03/18 22:00 発送 大阪北郵便局 大阪府
03/19 04:57 発送 新大阪支店 大阪府
03/19 06:06 到着 堺金岡郵便局 大阪府
03/19 15:11 お届け先にお届け済み 堺金岡郵便局 大阪府

3月18日(月曜日)の午後に大阪府大阪市から発送された現金書留は、翌日の3月19日(火曜日)の午後に配送先である大阪府坂市に配達が完了しています。

◼大阪府から神奈川県に21日で配達完了した現金書留

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
03/18 14:04 引受 船場郵便局 大阪府
03/18 20:00 発送 大阪北郵便局 大阪府
03/19 12:00 発送 川崎東郵便局 神奈川県
03/19 13:33 到着 宮前郵便局 神奈川県
03/20 15:05 お届け先にお届け済み 宮前郵便局 神奈川県

3月18日(月曜日)の午後に大阪府大阪市から発送された現金書留は、翌々日の3月20日(水曜日)の午後に配送先である神奈川県川崎市に配達が完了しています。

関連:現金書留の土曜日の窓口発送受付と配達業務の有無



関連記事

人気記事

現金書留封筒1コンビニで買える?現金書留の専用封筒を手に入れる方法
現金書留封筒1現金書留の郵便局留めの発送方法!書き方や保管期間を解説
現金書留封筒3現金書留の切手代と料金を切手支払いする方法
現金書留封筒1現金書留封筒の書き方!住所・名前・電話番号など全記載項目解説
現金書留封筒1現金書留の梱包方法!専用封筒と普通の封筒それぞれ解説
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ