伝票の処分方法!住所氏名など個人情報を守る捨て方と処分時期




日本郵便のゆうパックやヤマト運輸の宅急便の配送伝票の処分方法について、燃えるゴミ燃えないゴミなどの分別方法、記載された宛名・住所・電話番号など個人情報を守る捨て方にも扱った上で解説します。

使用済みの伝票は再利用することはできないので、基本的に捨てて問題ありませんが、捨てるタイミングとしては荷物が受取人に到着してからとなります。

また、伝票には住所や氏名、電話番号など個人情報がたくさん記載されているため、そのまま捨てることは避けてください。

自宅で処分する際は家庭用のシュレッダーを利用するか、ハサミで細かく切り刻んだ上で、その地域ごとの分別方法の資源ゴミや燃えるゴミとして捨てる必要があります。


伝票から分かる個人情報と漏洩リスク

一般の個人が発送するゆうパックや宅急便の伝票は、配送が終了した後は再利用することもないので、保管せずに捨てて問題ないものとなっています。保管しておいても何枚も溜まってしまい管理が煩雑になってしまうため、処分することをおすすめします。

ただし、伝票には宛先である自分と差出人それぞれの住所・氏名・電話番号などたくさんの個人情報が記載されているので、ただそのままゴミ箱に捨ててしまうことは個人情報漏洩のリスクがあり、おすすめしません。

これらの情報を活かすと、宛先または差出人になりきって電話でのオレオレ詐欺などに利用できてしまうので危険性が高くなります。これらの伝票を捨てる際は後述する個人情報を正しく隠す方法で捨てるようにして下さい。

伝票を捨てるタイミング



会社や事業者ではない一般の個人が発送したゆうパックや宅急便などの伝票は、前述したように捨てて問題ありませんが、伝票を捨てるタイミングとしては荷物の配達が完了し、受取人に荷物が渡った後に捨ててください。

その理由としては、配送が完了していないのに伝票を捨ててしまうと、追跡番号がわからなくなってしまうので荷物の追跡が行えなくなってしまうからです。

また、万が一荷物が紛失や破損してしまった場合、損害賠償を受けるためには伝票を元に手続きを進める形となっているので、手元にないと補償が受けられない可能性も出てきてしまいます。

なお、将来的に荷送人と受取人の間でトラブルが発生し、受取人から荷物が送られていないと言いがかりのようなことを言われた際にも、伝票を保管しておくと送ったことの証明になるので、配達が完了してからも一定期間は保管しておくと安心できます。

ただし、家族間など信頼のできる相手とのやり取りの場合は、やはり前述のように受取人の手に荷物が渡ったタイミングで伝票は捨ててしまって問題ありません。

個人情報を守る正しい捨て方

上記したようにゆうパックや宅急便の伝票にはたくさんの個人情報が詰まっているため、ただゴミ箱に投げ入れるような捨て方は全くおすすめできません。個人情報を守るためには以下のような捨て方がおすすめです。

◼自宅で捨てる

自宅で伝票を処分する際はゴミ箱にただ投げ入れるのはもちろんNGですが、手で破ってから捨てるのもあまりおすすめできません。

破っただけだとどうしても住所や氏名の一部は残ってしまいますし、複写式の伝票を手で破くと手が真っ黒に待ってしまいます。

そのため、以下のような家庭用な小型のシュレッダーを活用するか、もしシュレッダーがなければハサミで可能な限り細かく切り刻むようにするのがおすすめです。

家庭用シュレッダー






また、シュレッダーほど本格的なものでなくても、手軽に個人情報欄だけを消したい方には、以下のような個人情報保護スタンプが安く購入できるのでおすすめです。

このようなスタンプは読み取れない文字の羅列のスタンプを押すことによって、個人情報欄を読み取れなくする仕組みとなっています。

個人情報保護スタンプ






◼郵便局や営業所で捨てる

郵便局では過去には使用済みの郵便物を回収するための回収箱というものが設置されていましたが、現在は撤去されてしまっているので郵便局でゆうパックの伝票を捨てることはできません。

ヤマト運輸も同様に回収は行っていないので、宅急便の伝票を営業所で捨てることはできません。

ただし、一部の郵便局では現在でも1月〜2月頃にその地区の市区町村の自治体と協力して不要な郵便物の回収箱を設置している局もあるため、近くの郵便局で見かけた際はそこで伝票を捨てても良いでしょう。

◼コンビニで捨てる

ローソンやミニストップ、セブンイレブンなどではゆうパックや宅急便の伝票を貰うことはできますが、使用済みの伝票を捨てることはできません。

間違っても家で出た不要な伝票を近所のコンビニのゴミ箱に捨てることは家庭ゴミの持ち込みとなり、不法投棄に問われる可能性もありますので、くれぐれも行わないようにして下さい。

ただし、唯一ナチュラルローソンの一部の店舗に限り、「個人情報書類回収BOX」という箱が設置されてあり、ここで不要なゆうパックや宅急便などの伝票も捨てることができるようになっています。

このBOXでは、一般家庭から出された個人情報書類を厳重なセキュリティ対策を施した上で、安全に再生原料としてリサイクルすることを目的しているので、安全に捨てられるだけでなく、環境にも配慮した処分方法と言えるでしょう。

伝票処分時の分別方法

シュレッダーなどで細かくした伝票を自宅で処分する際は、通常の紙ゴミと同様、お住まいの地域の分別方法に従って紙くずを捨てて下さい。

神奈川県の横浜市や川崎市などのように古紙回収を行っている地域であれば他の紙ゴミと同様資源ゴミとして、古紙回収を行っていない地域であれば他のゴミと同様に燃えるゴミとして捨てるようにして下さい。

また、地域によっては資源ゴミを回収するセンターなどを設けているところもあるので、そのような施設に紙くずを持ち込んで捨てるのも良いでしょう。

これらの分別方法は、実際のその地域によっても異なってくるので、詳細な分別方法は一度お住まいの地域の分別方法を調べて確認するようにしてください。

関連:茶封筒とクッション封筒の処分方法!住所氏名など個人情報を守る捨て方



関連記事

人気記事

切手切手やクレジットカードなどゆうパックの料金支払い方法8個
ゆうパック郵便60サイズのダンボール箱の大きさの測り方と安く買う方法
ゆうパック郵便ゆうパックで相手にわかる情報!送料や持ち込み割引などバレるのか
ゆうパック郵便ゆうパックの日曜日祝日の配達業務と配達時間帯!年末年始やGWについても
ゆうパック郵便ゆうパックを宅配ボックスに入れてくれない理由と解決策
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ