ゆうパケットプラスが返送され戻ってきた理由と再送方法




ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスが返送され戻ってきた理由と、再送方法について解説します。

ゆうパケットプラスの主な返送理由は専用梱包材を使用せずに送ってしまったケースと、サイズオーバーの2つの理由があります。

これらの理由によってゆうパケットプラスが返送されてしまった場合は、出品者側に原因があるので、事情を説明した上で手早く送り直すようにしてください。

ただしこの際、一度メルカリ便を利用して発送した商品は、再度メルカリ便を利用することはできないので、購入者に事情を説明した上で住所や氏名、電話番号を教えてもらい、通常の元払いゆうパックやレターパックプラスなどで送り直す必要があります。


ゆうパケットプラスの返送理由

ゆうパケットプラスが返送になってしまう理由には主に出品者側に原因がある場合と、購入者側に原因がある場合があり、それぞれの主な返送理由は以下の通りとなります。

◼専用箱を使用していなかったため

ゆうパケットプラスが返送されてしまう最も多い理由として、専用の梱包材を使用せずに通常のダンボールなどで発送してしまったというものがあります。

ゆうパケットプラスを送る際は必ず郵便局の窓口やローソンで65円で販売されている専用梱包材を使用して発送する必要があります。

万が一この梱包材を使用せずに通常のダンボールなどを使用して送ってしまうと、発送不可として自宅まで返送されてしまうのでご注意ください。

差し出す場所が郵便局であれば、窓口の担当がこの荷物は引受できないと教えてくれますが、差し出す場所がローソンの場合、定員が不慣れな新人などだと専用梱包材ではないといけないことを知らず、そのまま荷物を引き受けてしまうケースがあります。

◼サイズオーバーのため

ゆうパケットプラスのもう一つの返送理由として、サイズオーバーによる返送があります。

ゆうパケットプラスは専用箱を使用して梱包するため、荷物の縦横サイズをオーバーしてしまうケースはありませんが、詰め込みのため、箱が完全に閉じきらない状態のものや重量が2kgを超えてしまっている場合はサイズオーバーとして返送されてしまいます。

特にゆうパケットプラスはそこそこ大きなサイズの荷物まで対応していますが、重量は2kgまでしか送れないため、質量の高い品目を送る場合は重量オーバーしてしまうケースがよくあるのでご注意ください。

◼あて所が不明のため

購入者がメルカリに配送先として登録している住所が間違っていたり、引っ越し前の住所のままだった場合、「あて所に尋ねあたりません」として返送されてしまいます。

この際、返送されたゆうパケットプラスの梱包材には「あて所に尋ねあたりません」とスタンプが押されます。

◼あて名不完全のため

上記の「あて所が不明のため」と似た返送理由に、あて名不完全のためといった理由もあります。

こちらは宛名に書かれた住所などが不完全で、正しい配達先がわからない場合に返送されるケースで、返送されたゆうパケットプラスの箱には「あて名不完全で配達できません」とスタンプされます。

◼保管期限切れのため

ゆうパケットプラスは郵便受けへの投函が基本的な配送方法ですが、厚みがあるため、対面手渡しで配達されるケースも多くなっています。

この際、不在だとその荷物は配達局に持ち戻りとなりますが、その保管期間である7日間を過ぎてしまうと保管期限切れとして返送されます。

この際返送されたゆうパケットプラスの箱には「保管期間経過のため返還」とスタンプが押されます。

◼長期不在のため

上記の「保管期限切れのため」と近い返送理由に、長期不在のためといったものもあります。

郵便局での通常の保管期間は7日間ですが、海外旅行に行くなど事前に長期不在になることがわかっている場合には、あらかじめ不在届を提出しておくことで、最長30日間は荷物を預かってもらうことが可能となります。

しかし、この30日間を過ぎてしまった荷物は、長期不在のためとして差出人に返送されてしまい、この場合追跡結果には「長期不在のため」と返送理由が表示されます。

◼受取拒絶のため

購入者が自分の購入した荷物であるのにも関わらず、受取拒否をした場合はその荷物は出品者まで返送となってしまいます。この際、そのゆうパケットプラスの追跡結果には「受取拒絶のため」と返送理由が表示されます。


ゆうパケットプラスが戻ってきた後の対処法


◼出品者に原因がある場合

ゆうパケットプラスの最も多い返送理由は上記した中の「専用箱を使用していなかったケース」「サイズオーバー」の2つとなっています。

これらの返送理由の場合、原因は差出人である出品者に落ち度があるので、購入者に事情を説明した上で、手早く送り直すようにしてください。

この際、一度メルカリ便を利用した商品は返送で戻ってきた場合でも再度メルカリ便を利用することができないので、通常の元払いゆうパックやレターパック、宅急便コンパクトなどの配送方法を使って送る必要があります。

さらに上記のようなメルカリ便以外の送り方だとメルカリ便のような匿名配送は利用できないため、購入者に事情を説明した上で住所・氏名・電話番号といった配送先の情報を教えてもらうようにしてください。

ただし、万が一購入者から個人情報を教えるのが嫌だと回答した場合は、配送不可になるので、「出品者都合によるキャンセル」としてキャンセル手続きを行う必要があります。

また、メルカリ便以外の通常の配送方法で送り直した場合、そのままにしておくと出品者の評価が行えないので、メルカリの事務局に問い合わせた上で、他の発送方法で送り直した旨を伝えるようにしてください。

◼購入者に原因がある場合

「あて所が不明のため」「保管期限切れのため」「受取拒絶のため」など、購入者側に原因がある場合は、上記のような理由で返送された旨を購入者に連絡した上で、再送する場合は着払いにしてなら送り直すことも可能と伝えると良いでしょう。

ただし、受取拒絶や保管期間切れなどの返送理由の場合は、再度送り直しても再び同じような理由によって返送されてしまうリスクもあるので、購入者都合として取引のキャンセル手続きを行うことを検討するのもおすすめします。

関連:ゆうパケットプラスのサイズと厚さ!膨らみによるサイズオーバー時の代替案



関連記事

人気記事

ゆうパケットプラス1ゆうパケットプラスの土曜日の受付有無と封筒を購入し発送投函する方法
ゆうパケットプラス2ゆうパケットプラスが遅い理由!沖縄県と北海道は陸送遅延が確実
ゆうパケットプラス2ゆうパケットプラスと宅急便コンパクトの違いと使い分け
ゆうパケットプラス2ゆうパケットプラスとレターパックプラスの違いと使い分け
ゆうパケットプラス2ゆうパケットプラス専用箱の再利用方法と条件
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ