宅急便の紛失盗難破損時の損害賠償請求手順!補償金額や申請期間も徹底解説




ヤマト運輸の宅急便の荷物が紛失や盗難、破損してしまったときの損害賠償の申請手続きの手順と、宅急便の補償金額や申請期間を解説します。

宅急便の補償金額は荷物一個につき最大で30万円までとなっています。

この金額の範囲内であれば紛失や盗難、破損してしまった荷物の商品的価値相当の実損額をヤマト運輸に請求することが可能です。

ただし損害賠償を受けるためには荷物を受け取ってから2週間(14日)以内に連絡する必要があるので、この期間を過ぎてしまった場合は明らかにヤマト運輸側に過失があった場合でも補償を受けるのは難しくなります。


損害賠償請求できる条件

宅急便で送られた荷物が紛失してしまったり、破損してしまった場合、ヤマト運輸の損害賠償を受けることができます。

ただし損害賠償を受けられるのは、梱包に使用していたダンボールなども著しく潰れていたりなどして、運搬中の事故によるものだと判断された場合のみとなります。

そのため、損害賠償の手続きをする際には実際に壊れてしまった内容品以外にも、状況の確認として梱包に使用していたダンボールやプチプチなどの緩衝材の類も一緒に必要となります。

この際、梱包材が紙袋だけなど明らかに衝撃に弱い梱包しかしていなかった場合には、ヤマト運輸側の過失ではなく荷送人の梱包不足として判断されてしまうケースもあるため、日頃から梱包は充分にしておくことをおすすめします。

なお、盗難などによる紛失の場合には、追跡番号から荷物の確認を行い、配送途中に紛失してしまったのか調査が行われます。

損害賠償請求の申請ができる期間

宅急便で損害賠償を受けるためには荷物を受け取った日から2週間(14日)以内に申し出る必要があります。

受け取った日から2週間が過ぎてしまうと、ヤマト運輸側の責任が消滅し、損害賠償が行われることはなくなります。そのため、荷物を受け取ったら早く開封して中身を確認することが鉄則となります。

通販などで購入した商品の場合は受取時にダンボールが潰れていることに気づいたら、受取時にドライバーの目の前で開封して中身が破損していないか確認することをおすすめします。

さらに受け取った荷物が家族宛の物でかつダンボールが潰れていた場合には、その場では受け取らないようにし、一度営業所まで持ち帰ってもらった上で本人が帰宅後に再配達依頼をして、上記のように本人が目の前で開封して確認するのがおすすめです。

損害賠償請求の補償金額

宅急便の補償金額は最大で30万円までとなっています。さらに宅急便では商品価値が30万円を超えるものに関しては送れないことになっているのでご注意下さい。

万が一宅急便で30万円を超えるような高価な荷物を送ってしまい、それが紛失や破損してしまった際は、30万円分までなら補償されるのではなく、むしろ1円の損害賠償も受けることができなくなってしまいます。

ヤマト運輸で30万円を超えるような荷物を送る際には、ヤマト便を利用すれば30万円までの通常の補償額に追加料金を支払うことで任意保険に加入して発送を行うことが可能となります。

ヤマト便というと宅急便よりも大きな荷物向けのサービスといったイメージが強いですが、ロレックスの腕時計などブランド物の商品を送る際は、サイズ的には宅急便で充分送れる大きさであっても、必ずヤマト便で任意保険に加入して送るようにして下さい。

損害賠償請求の手続き手順

◼申請を行う人

損害賠償請求の手続きは宅急便の荷送人、受取人いずれでも請求可能となっています。

あくまで荷送人の方がヤマト運輸のサービスを利用したヤマト運輸にとってのお客様という扱いになっているので、荷送人が申請を行ったほうが手続きはスムーズに進みますが、実際に破損の状況などをよくわかっているのは受取人になります。

そのため、親戚間など荷送人・受取人それぞれが親しい関係での荷物であれば、受取人側に状況を詳しく聞いた上で以下の手順で荷送人が申請を行うことをおすすめします。

◼申請方法

宅急便の損害賠償請求の申請手順には、これといった細かい申請手続きは用意されていないので、実際に申請する際は荷物の追跡番号(送り状番号)を手元に用意した上でヤマト運輸のサービスセンターに電話で問い合わせる流れとなります。

サービスセンターに電話をした上で、オペレーターに荷物の損害賠償を受けたい旨を伝え、その荷物の追跡番号を教えて下さい。

確認のため、請求依頼者の氏名・住所・電話番号、お届け先の氏名・住所・電話番号、荷物の追跡番号、内容品の相当金額などを求められた際には、それぞれを正確に回答してください。

その後の損害賠償までの流れとしては、メールなどで実際に破損していた荷物の写真を送ったり、または営業所からスタッフが直接確認に来たりなどするので、その際の状況に応じて対応して下さい。

無事ヤマト運輸側の過失だと認められた際には、補償として代替の同じ商品が入手可能であればその商品が渡されたり、実損額分が現金で振り込まれたりします。


実際に損害賠償が成立した過去の事例

実際にヤマト運輸での損害賠償が成立した過去の事例と、成立しなかった過去の事例をいくつかご紹介します。

◼損害賠償が成立したケース

・注文した10万超えのカメラのレンズが宅急便で届いたが、梱包材のダンボールが大きく潰れていたのでその場で開封してみたところ、中の外箱も痛みレンズまで割れて使い物にならなかったので損害賠償請求し、新品の同じ商品を後日受け取ることができた。

・オークションで落札した2万円で落札したテレビが破損していたので損害賠償したところ、落札した金額相当の2万円を現金で補償された。

◼損害賠償が成立しなかったケース

・親戚にプレゼントとしてロレックスの腕時計を宅急便で送ったが配送途中で紛失したので損害賠償請求をしたが、商品価値が30万円を超えていたことを理由に、損害賠償が認められなかった。

・通販で購入したPCを受け取ってから1ヶ月ほど放置した後に開封してみたところ、画面が割れていたので損害賠償請求を行ったが、受け取りから2週間を過ぎてしまっているため、損害賠償請求は認められなかった。

関連:宅急便が届くまでの配達日数



関連記事

人気記事

黒猫クロネコ宅急便店頭受取りサービスを利用出来るコンビニ一覧とその利用方法
船ヤマト運輸にVIP扱いされる金色シールを手に入れる方法
ヤマト運輸ヤマト運輸の宅急便や宅急便コンパクトの送り状伝票を入手する方法
ヤマト運輸配達途中のヤマト運輸の宅急便の配達日と時間帯の変更方法
ヤマト運輸宅急便の書き方!発払いと元払いの送り状伝票、ビジネスマナーも解説
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ