マフラー・ストールを安く送る発送方法と梱包方法




マフラー・ストールをヤマト運輸(クロネコヤマト)・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

まずこのページの情報は衣類のマフラーであり、車のマフラーの送り方ではないのでご注意ください。

マフラーやストールなど軽くて小さい荷物の郵送方法はたくさんありますが、日本郵便のミニレター・スマートレター・クリックポスト・ゆうパケットはサイズ的に送るのが難しく、逆にゆうパックは送料が高くなるため他の送り方を検討する必要があります。

安く送るのに最適な送り方としては、定形外郵便・レターパックライト・レターパックプラスがあります。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

マフラーとストールの梱包方法

マフラーやストールといった衣類の梱包方法は簡単です。

まずは雨濡れ帽子のためOPP袋などのビニール袋に入れ、次に茶封筒または紙袋に入れて完了です。

透明OPP袋 テープ付き






定形外郵便は茶封筒だけでなく紙袋で梱包しても送ることが出来ますし、レターパックライトとレターパックプラスの場合は茶封筒または紙袋を用意する必要がなく購入した専用封筒に入れれば完了となります。

紙袋についてはダイソー・セリア・キャンドゥなどの100円ショップやネット通販で安く購入するのもありですが、自宅にある使用感のある紙袋で送ってもまったく問題ありませんので活用するようにしましょう。

定形外郵便でマフラーとストールを送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 290円
予想サイズ 150g以内(規格外)
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
補償 なし

マフラー・ストールを一番安く送ることが出来る最安値の発送方法は日本郵便の定形外郵便です。

定形外郵便で送る荷物は、サイズによって規格内と規格外に分けられます。

34×25×3cm以内で重さ1kg以下の荷物は規格内に、それ以外の荷物は規格外に分類されます。マフラー・ストールがどちらに該当するのかは、形状やサイズ、梱包の仕方によって変わってくるでしょう。

宅配袋 ラミネート付






定形外郵便の送料は、荷物が規格内なのか規格外なのかということと、重さによって決まります。配送元・配送先地域は送料に影響しません。

規格内の送料は、重さが50g以内なら120円、100g以内なら140円、150g以内なら205円、250g以内なら250円。規格外の送料は、重さが50g以内なら200円、100g以内なら220円、150g以内なら290円、250g以内なら340円かかります。

送り方は重量分の金額の切手を貼り、郵便局の窓口で引き渡すか、街中に郵便ポストに投函することで送ることが出来ます。

切手は郵便局の窓口だけでなく、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートといったコンビニのレジでも販売されていますが、郵便局の窓口から送る場合は切手はその場で買うことが出来ますので事前に購入する必要はありません。

また、定形外郵便はオプションも豊富で、追加料金を支払うことにより、配送日数が早くなる速達、荷物が今どこにあるのか確認出来てさらに補償も付けることが出来る書留などを利用することが出来ます。

関連:定形外郵便の送り方

レターパックライトでマフラーとストールを送る

レターパックライトの基本情報
送料 360円
サイズ A4サイズ・厚み3cm以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
補償 なし

定形外郵便よりも少し送料が高くなりますが、切手や茶封筒などの梱包材を購入する必要がなく簡単に送ることが出来るのがレターパックライトです。

レターパックライトは郵便局の窓口か24時間営業しているコンビニで専用封筒を購入し、その専用封筒に送る荷物を入れてそのまま郵便ポストに投函するだけで送ることが出来る簡単な送り方です。

日本郵便 レターパックライト






専用封筒を販売しているコンビニはローソン・ミニストップ・セイコーマートだけで、セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキなど他のコンビニでは買うことが出来ないのでご注意ください。

簡単に送ることが出来る以外にもレターパックライトにはメリットがあり、定形外郵便とは違い追加料金なしで追跡することが出来ますし、配送日数も速達級の速さで配達されます。

関連:レターパックライトの送り方

レターパックプラスでマフラーとストールを送る

レターパックプラスの基本情報
送料 510円
サイズ A4サイズ・厚み制限なし
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
補償 なし

切手の購入と茶封筒を用意する定形外郵便で送るのが面倒な場合や、厚み3cmまでしか送ることができないレターパックライトのサイズをオーバーしてしまう場合はレターパックプラスの利用をオススメします。

レターパックプラスは専用封筒に入れば厚み制限なく全国一律510円で送ることが出来ますので、マフラー・ストールを安く送る郵送方法としては最適な送り方であると言えます。

専用封筒を販売しているコンビニはレターパックライトと同様、ローソン・ミニストップ・セイコーマートだけで、セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキなど他のコンビニでは買うことが出来ないのでご注意ください。

日本郵便レターパックプラス






また、レターパックライトの配達方法が郵便受けへの投函に対して、このレターパックプラスの配達方法は大きいダンボールで配送するゆうパックと同様に玄関先での対面手渡しとなります。

自宅に不在の場合は不在票が投函され再配達を依頼しなければなりませんが、レターパックライトのように郵便受けへの投函の場合は盗難に遭うリスクもありますので、レターパックプラスはかなり安全な送り方です。

関連:レターパックプラスの送り方


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
カメラデジカメを宅配便と郵送で安く送る発送方法と梱包方法
赤ちゃん出産祝いを郵送で送る時期と発送方法!手紙の同封についても
郵便エンジンオイルを安く送る発送方法と梱包方法
郵便座布団を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ