包丁を安く送る発送方法と梱包方法!日本国内と海外に対応




出刃包丁・出刃包丁・パン切りナイフなど、購入時の箱がない包丁をヤマト運輸(クロネコヤマト)・日本郵便・佐川急便などの宅配便や郵送で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

このページでは日本国内への包丁の送り方だけでなく、アメリカやオーストラリアなど国際郵便で海外に包丁を送る方法についても触れています。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

日本国内に送るのであれば、日本郵便の定形外郵便が一番安く送ることができる送り方で、レターパックライト、レターパックプラス、ゆうパックでも送ることも出来ます。(サイズが大きいものはゆうパック)

スポンサーリンク

包丁の梱包方法

荷物を送る際の宛先の情報を記載する伝票の品名に「包丁」とそのまま記載してもまったく問題なく送ることが出来ます。

普通に市販されている範囲の包丁なら銃刀法違反になることはありません。

包丁を安全に送るための梱包方法は簡単で、適当な大きさに切ったダンボール板を2枚用意し、特に配送中に刃先が飛び出さないように刃の部分を挟み、全体をプチプチで包む、そしてダンボールまたは茶封筒に入れるだけです。

プチプチロール 幅600mm×10M






刃の部分を新聞紙で包んで送ることも出来ますが、素人の梱包だと危ないのでダンボール板を使用することをオススメします。

ダンボール板 A4サイズ対応





定形外郵便で包丁を送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 250円
予想サイズ 250g以内(規格内)
発送場所 郵便局の窓口、郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

定形外郵便は重量で送料が決まる送り方で、サイズは長辺34cm以内・短辺25cm以内・厚さ3cm以内・重量1kg以内である規格内であれば全国どこに送っても安く送ることが出来ます。

包丁の一番安い最安値の送り方と言えます。

定形外郵便は、荷物のサイズによって規格内と規格外に分けられ、梱包後のサイズが34×25×3cm、重さ1kg以下に収まるのであれば規格内に、そうでなければ規格外に分類されます。

規格内の送料は、重さが51〜100gであれば140円、150g以下なら205円、250g以下なら250円、500g以下なら380円、1kg以下なら570円です。

規格外の送料は、重さが51〜100gなら220円、150g以下なら290円、250g以下なら340円、500g以下なら500円、1kg以下なら700円です。

重量やサイズについて、たとえば家庭で使う一般的な包丁として人気の「ヴェルダン三徳庖丁」の場合は、グリップを含む全長29.5cm・グリップ部分の厚み2cm・重量130gであるため、定形外郵便の規格内で送れることが分かります。

梱包材の重量を加味しても定形外郵便で送る場合の予想される送料は250円です。

定形外郵便は郵便局の窓口と郵便ポストに投函して送ることができる送り方ですが、大きなダンボールで梱包するゆうパックとは違い、ローソン・ミニストップ・セイコーマートといったコンビニのレジから送ることはできないのでご注意ください。

通常運賃のみでは追跡システムの利用と補償がありませんが、簡易書留・一般書留・特定記録といったオプションを追加料金を支払うことにより付与することが出来ます。

宅配袋 大 テープ付き





レターパックプラスで包丁を送る

レターパックプラスの基本情報
送料 510円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

定形外郵便はお手軽に利用できますが、有料のオプションを利用しない限り追跡機能が付かないため、郵送事故が心配だと思う人はいるでしょう。そこでおすすめしたいのが、レターパックプラスです。

レターパックプラスは追跡サービスが付いているので、配達状況を簡単にチェックできますし、受取人に直接手渡ししてもらえるので、郵便受けから荷物が盗まれる危険がありません。

日本郵便レターパックプラス






送料は全国一律510円と安く設定されており、厚み制限がないため、厚みが3cmを超えて定形外郵便では規格外になってしまう包丁でも安く送ることが出来ます。

安くて便利な発送方法なのですが、注意しなければならないのは、A4サイズの専用封筒に入る大きさの品物しか送れないということです。

同じレターパックでも青色の封筒のレターパックライトは送料が全国一律360円とレターパックプラスよりも安いのですが、厚み制限が3cmまでとなっていますのでご注意ください。

関連:レターパックプラスの送り方

ゆうパックで包丁を送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 1,260円〜
予想サイズ 100サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

梱包後のサイズが定形外郵便で送ることが出来る3辺合計90cm以内よりも大きくなった場合やレターパックプラスの専用封筒に入らない場合は日本郵便のゆうパックで送るのが安くなります。

ダンボール 段ボール 100サイズ






同様のサービスにヤマト運輸の宅急便がありますが、ゆうパックの方が送料が数十円安いので安く送るという観点で見ると、ヤマト運輸の宅急便よりもゆうパックの方がオススメです。

ゆうパックを送ることが出来る場所は郵便局の窓口だけでなく、ローソン・ミニストップ・セイコーマートといったコンビニのレジからでも送ることが出来ます。

また、定形外郵便とは違い、送る人が送料を支払う発払いだけでなく、荷物を受け取る人が送料を支払う着払いも利用することが出来て、配送中の荷物の状況を確認することが出来る追跡番号も付与されています。

他にも配達日と配達時間帯を指定することが出来るのもゆうパックで包丁を送るメリットとなります。

関連:ゆうパックの送り方

EMSで包丁を送る

日本の高品質な包丁が好きな外国の方に包丁を送る場合や留学などで海外で日本の包丁を使うために送る場合は、日本郵便のEMSでの発送がおすすめです。

海外向けに包丁を販売発送している堺屋さんの「海外発送のお客様へ」ページでもEMSで発送する旨が明記されています。

EMSはアメリカやオーストラリアなど海外に早く送ることができる発送方法で、発送場所は郵便局の窓口または自宅まで送る荷物をドライバーさんに取りに来てもらう集荷があります。

基本的な発送の手順としては、EMSで送る包丁を梱包し、そのまま郵便局に持って行き、窓口にいる方にEMSで送る旨を伝え発送手続きをするだけです。

関連:EMSの送り方・インボイスと税関告知書の書き方


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
カメラデジカメを宅配便と郵送で安く送る発送方法と梱包方法
赤ちゃん出産祝いを郵送で送る時期と発送方法!手紙の同封についても
郵便エンジンオイルを安く送る発送方法と梱包方法
郵便座布団を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ