ダンベルを安く送る発送方法と梱包方法




1kg・3kg・5kg・10kgほどの重さがあるダンベルをヤマト運輸(クロネコヤマト)・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

ダンベルは誤って落下させると怪我を負う危険があるので、持ちやすいような梱包や、万が一落下させてもダメージが軽減されるような梱包を心がけましょう。

レターパックライト・レターパックプラス・ゆうパケットなどは重量オーバーで送ることができないため、発送方法はゆうパックや宅急便など、送料に重さが影響しない方法を選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

ダンベルの梱包方法

ダンベルの持ち手部分の両端に頑丈な紐を結び、手で提げられる形にします。次に紐は外に出した状態で、ダンベルをプチプチで包んでいきましょう。

プチプチは100円ショップやホームセンターそしてネット通販で購入してもいいのですが、自分の元へ配達された品物に巻かれていたものが手元に残っているようなら、再利用したほうが経済的です。

プチプチは何重にも巻いてください。

少し人に当たっても怪我をしないくらいにプチプチを巻くことができたら、梱包完了です。中身が見えなくなるくらいプチプチで巻くのと良いでしょう。

プチプチロール 幅600mm×10M






◼︎ダンベルを︎段ボールで梱包する場合

中には、梱包に段ボールを使用したいと思う人もいるかもしれません。上記のように手で提げられる形にしたほうが持ち運びしやすいため、落下の可能性が少なく安全なのは確かです。

しかし箱に入れないとダンベルに傷が付くのではないかと不安に思ったり、受取人の要望で箱を使用しなければならなかったりするケースもあるでしょう。

やむを得ず段ボールを使用する場合は、みかん箱のように頑丈な作りのものを選んでください。段ボールはスーパーやコンビニで無料でもらえますが、頑丈なものが見つからなければ、郵便局やクロネコヤマト営業所などで購入するのがおすすめです。

運送会社の段ボールはとても頑丈な作りになっています。

お金をかけたくない場合は、普通の段ボールを二重に重ねることでも、ある程度頑丈にすることができます。段ボールの中にはまず厚い板や発泡スチロールを敷き、その上にダンベルを入れましょう。

隙間には、可能な限り緩衝材をたくさん入れてください。

これは品物を保護する役割があるのはもちろんですが、荷物を運搬する人が怪我をするリスクを軽減するという目的もあります。そしてガムテープでふたをします。

最後に、段ボールを補強し、かつ持ちやすくするために、頑丈なビニール紐などを掛けるといいでしょう。これで梱包完了です。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ





ゆうパックでダンベルを送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 800円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

ゆうパックは重さによって送料が上下しないので、ダンベルのように重たいものを送るときに適した発送方法です。

ダンベルを送るのであれば一番安い最安値の送り方となります。

ゆうパックでは3辺の長さの合計が170cm以内、重さ25kg以下の荷物を送ることができます。送料は荷物の大きさと地域によって異なり、荷物が大きく、配送元と配送先が遠いほど高くなるでしょう。

ダンボール 段ボール 60サイズ






ゆうパックを送る際は、まず郵便局やローソン・ミニストップ・セイコーマートといったコンビニに行き、専用のラベルをもらってください。元払いと着払いでは、使用するラベルの種類が異なるという点に注意です。

ラベルには受取人と差出人の住所や氏名などの必要事項を記入します。すべて書けたら、荷物とともに郵便窓口やコンビニに差し出すか、集荷してもらうかして発送しましょう。

関連:ゆうパックの送り方

宅急便でダンベルを送る

宅急便の基本情報
予想送料 756円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

ヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便もまた、ダンベルを送る際にはおすすめです。

宅急便は3辺の長さの合計が160cm以内、重さ25kg以下の荷物を送ることができます。送料は荷物の大きさやエリアによって異なり、荷物のサイズが大きく、そしてお届け先までの距離が遠いほど高くなります。

(ゆうパックとは違い、宅急便は60サイズなら2kgまで、80サイズなら5kgまで、100サイズなら10kgまでという重量制限があります)

宅急便を利用する際は、まずヤマト営業所で送り状をもらい、必要事項を記入しましょう。クロネコメンバーズ会員の人に限り、ヤマト営業所のネコピットや自宅のパソコンまたはiPhone、プリンターを使用して送り状を発行することも可能です。

送り状が完成したら、荷物とともにヤマト営業所・セブンイレブンやファミリーマートといったコンビニ・取扱店に持ち込んだり、集荷を依頼したりして発送しましょう。クロネコメンバーズの人は、自宅の宅配ロッカーから発送することもできます。

関連:宅急便の送り方

飛脚宅配便でダンベルを送る

飛脚宅配便の基本情報
予想送料 756円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 佐川急便の営業所
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

ダンベルの発送には、佐川急便の飛脚宅配便もおすすめです。30kg以内であれば飛脚宅配便、30kgを超える場合は飛脚ラージサイズ宅配便で送ることができます。

送料は荷物のサイズと重量、地域で異なり、例えば関東地方から関西地方まで60サイズ10kgのダンベルを発送する場合、送料は1,469円かかります。

重量が30kgを超える場合は、飛脚ラージサイズ宅配便で送ることができますが、飛脚ラージサイズ宅配便の上限は50kgまでとなります。そのため、30kgのダンベルを二つ送る場合などは、二個口に分けて送る必要があります。

また、ゆうパックや宅急便とは違い、取り扱っているコンビニは存在しないので、利用する場合は佐川急便の営業所へ持ち込むか集荷で依頼しましょう。

飛脚宅配便を集荷の依頼をして発送する際は、まず佐川急便のサイトで担当営業所を調べ、電話で集荷を申し込みます。

集荷日時までにダンベルを梱包し、送り状をすでに持っているのであれば記入も済ませておきましょう。持っていない場合は集荷の時に持ってきてもらうことができます。

集荷の際に送り状の控えを渡されるので、荷物の受け取りが確認できるまで大切に保管しておいてください。

関連:飛脚宅配便の送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリに出品したダンベルが売れた場合、らくらくメルカリ便の宅急便や、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックで発送するといいでしょう。

らくらくメルカリ便の宅急便とゆうゆうメルカリ便のゆうパックの違いは、宅急便は荷物の実際の大きさだけではなく重量もサイズに影響するのに対し、ゆうパックではあくまで荷物の大きさのみがサイズに影響し、重量は関係ありません。

そのため、重くても小さい荷物であれば宅急便よりもゆうパックで送ったほうがお得に送れる可能性が高いですが、ゆうゆうメルカリ便ゆうパックでは最大サイズが100サイズまでに設定されているのでご注意下さい。

なお、いずれのメルカリ便の送り方でもサイズごとの送料は一緒で、60サイズの荷物は700円、80サイズの荷物は800円、100サイズの荷物は1,000円で送れます。ただし、販売価格が1,000円未満の商品はメルカリ便の宅急便やゆうパックでは送ることができないので、注意しましょう。

◼︎メルカリ便のメリット

らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便を利用すると、次のようなメリットがあります。

・あて名を手書きする手間がかからない。
・事前に配送方法を設定しておくことで、出品者・購入者ともに匿名で取引ができる。
・荷物が破損・紛失した場合は、メルカリが全額補償してくれる。
・お問い合わせ番号を入力しなくても、取引画面で配送状況を手軽にチェックできる。
・らくらくメルカリ便に限り、集荷が利用できる。
・ゆうゆうメルカリ便に限り、郵便局・コンビニ・はこぽすなどでの受け取りが可能。

◼︎メルカリ便の送り方

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便は、次のようにして送ってください。

1.ダンベル出品時に配送方法をらくらくメルカリ便、またはゆうゆうメルカリ便に設定します。

2.商品が売れたら、取引画面で発送方法を選択してください。らくらくメルカリ便の発送方法には、ヤマト営業所やファミリーマート、セブンイレブンへの持ち込みと、集荷があります。ゆうゆうメルカリ便の発送方法には、専用プリンター「ゆうプリタッチ」の設置された郵便局や、ローソンへの持ち込みがあります。

3.先ほど指定した発送方法で、荷物を発送しましょう。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
赤ちゃん出産祝いを郵送で送る時期と発送方法!手紙の同封についても
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ