結婚祝いのご祝儀を郵送で送る時期と発送方法!手紙の同封についても




結婚祝いのご祝儀をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの郵便・宅配便で送るための発送方法と梱包方法についてです。送る時期、マナー、手紙の同封についても触れています。

現代では、結婚式や披露宴の当日にご祝儀を渡すのが一般的です。しかし式に招待されていない場合や欠席する場合などは、ご祝儀を郵送することが珍しくありません。

ご祝儀を郵送するときは、必ず現金書留を利用しましょう。現金書留以外の方法で現金を郵送することは現在認められていません。

スポンサーリンク

ご祝儀を送るときの適切な金額

結婚式を欠席する場合、適切なご祝儀の金額は出席する場合の2分の1から3分の1程度だと言われています。出席する場合のご祝儀の金額は3万円ほどなので、欠席の場合は1万円ほど包めば問題ないでしょう。

しかし、相手との関係性や欠席を伝えるタイミングによっては、包むべき金額が変わることがあります。

まず相手が自分の結婚式に出席してくれたことがある場合、相手が包んでくれたご祝儀と同じ金額を送るのがいいでしょう。

次に招待状をもらう前やもらった直後、もしくは式より1ヶ月以上前に欠席する旨を伝えた場合ですが、この場合は5千〜1万円程度を目安として考えればOKです。

ただ、一度出席の返事をしたにも関わらず、欠席しなければならなくなった場合などは、1万円のご祝儀を送り、お祝いの言葉とともにお詫びの言葉も伝えましょう。

そして招待状には出席と返答し、式まで1ヶ月を切った頃に欠席の連絡をする場合には、出席するときに渡すのと同じ金額を渡すのがマナーです。

これは、式の直前に料理や引き出物をキャンセルするのは難しいからです。ご祝儀を送るだけではなく、電話や対面できちんと謝りましょう。

もちろん、お祝いの言葉もしっかり伝えてあげてください。最後に、そもそも結婚式に招待されていない場合ですが、この場合は5千〜1万円円程度でOKです。

ちなみにご祝儀の金額で好ましくないとされているのは、「2」など割り切れる数字です。ご祝儀は「2人の仲が分かれないように」という意味を込めて、奇数にするのがマナーです。千円札や五千円札を入れる場合は、奇数の枚数になるようにします。

最近はこういったマナーを気にしない人も少なくありませんが、しきたりを大切にする人には常識がないと思われる可能性があるので、2万円など偶数の金額を送るのはなるべく避けたほうが無難でしょう。

なお、ここでご紹介したのは一般的なマナーです。親戚の結婚式の場合、親族のあいだでご祝儀の金額に取り決めがある可能性も考えられます。事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

ご祝儀を送る時期

ご祝儀は、式の当日までに送るのが一般的なマナーです。とは言え、式の直前は相手も慌ただしくしているでしょうから、欠席することがわかっているのであれば、できるだけ早めに送ったほうがいいです。

式の1〜2ヶ月前くらいがベストですが、遅くても式の1週間前には届くように送りましょう。

ただ結婚式に招待されていない場合、式よりも先にご祝儀を渡すと、新郎新婦に気を遣わせてしまうかもしれません。このような場合は、結婚式のあと2〜3週間以内くらいの期間に送るのが好ましいです。

ちなみにご祝儀を直接手渡しする場合、大安などの吉日を選ぶのがベストですが、郵送で送るのなら、あまり気にしなくてもかまいません。

ご祝儀のあて先は、招待状の差出人の住所です。結婚式場に送るのは失礼にあたるので、くれぐれも気をつけましょう。ご祝儀を発送する前に連絡をするべきかどうかということについては、意見が分かれるところです。

もちろん、連絡をしなくても問題なく送ることはできます。現金書留は配送状況を追跡することができますし、郵送事故が起こることはそうそうありません。ただお金のことなので、不安がある人は事前に連絡しておけば安心できるでしょう。

結婚祝いのご祝儀の梱包方法

◼︎ご祝儀袋の選び方

現金書留でご祝儀を送る場合も、ご祝儀袋を使用します。結婚式のご祝儀袋は、一度結んだらほどけない結び切りの水引きと、のしが付いたものを選んでください。

祝儀袋 結納屋さんだからできる表書き






蝶結びの水切りは、ほどいて何度でも結びなおせることから、何度あっても嬉しい出産祝いには適しているのですが、結婚式では使用してはいけません。

またご祝儀袋の格は、包む金額に見合ったものを選ぶ必要があります。目安としては、包む金額の100分の1くらいの価格で販売されているご祝儀袋を使用するのがいいでしょう。

ご祝儀袋のデザインは、華美な飾りの付いていないものが適しています。これは、あまり大きな飾りの付いているご祝儀袋だと、現金書留の封筒に入らない可能性があるからです。

十本結切寿 中袋付






◼︎ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋の表書きは、毛筆か筆ペンを用いて楷書体ではっきりと記入します。薄墨の筆やボールペン、万年筆を使用するのはマナー違反なので、気をつけましょう。

名前は水引の下に、名目よりも少し小さく記入します。夫婦でご祝儀を送る場合には、右側に夫の名前を、左側に妻の名前を記入します。

2〜3人の同僚や友人でご祝儀を送る場合は、中央に役職や年齢が上の人の名前を書き、あとは左に連名します。しかし最近では、連名全体が中央に配置されるような書き方も浸透しつつあるので、どちらの書き方でもかまいません。

4人以上でご祝儀を送る場合は、中央に代表者の氏名を書き、左側に「外一同」と書きましょう。

名目はすでにプリントされていることがほとんどですが、自分で書く場合は、「寿」「御祝」「御結婚御祝」など書くといいでしょう。ただし「祝御結婚」など、4文字はお祝いの場では好ましくないとされているため、書いてはいけません。

中袋への記入も筆文字がベストです。ただ濃い黒字のサインペンなら、使用してもかまいません。中袋の表面には「金○萬円」という風に、包む金額を書きます。

「◯」には旧字体の数字を入れてください。例えば1万円を包む場合、「金壱萬円」と書くことになります。そして裏面には、住所と氏名を記入しましょう。

◼︎ご祝儀の包み方

結婚はフォーマルなお祝い事なので、入れるお札は必ず新札を用意してください。銀行に行けば、古いお札を新札に交換してもらうことができます。お札の向きは、表側が中袋の表側と同じ方向になるようにして入れましょう。

そして上包みの裏側は、必ず下向きの折り返しの上に、上向きの折り返しを重ねます。これには、「喜びは天を向く」や、「喜びをもらい受ける」といった意味があります。

下向きの折り返しを表に出すとお悔やみごとになってしまうので、間違えないように注意しましょう。

なお、結婚式にご祝儀を直接持参するときは袱紗に包みますが、郵送のときは包む必要はありません。というよりも、袱紗で包むと現金書留の専用封筒に入らない可能性が高いです。

小花ちりめん金封ふくさ





現金書留の送り方

現金書留の封筒は郵便局で21円で販売されており、直接現金を入れるタイプと、ご祝儀袋ごと入れられるタイプの2種類があります。

ご祝儀を送るときは、当然後者を選びます。

封筒にはあて先など、必要事項を記入しましょう。そして中にご祝儀袋を入れて封をします。封の仕方は特殊なので、説明をよく読むようにしましょう。ちなみに手紙(メッセージ)も送りたい場合は、同封してもかまいません。

封じ目の○印には、印鑑や署名で割り印をします。料金は1万円のご祝儀を送る場合なら、通常の普通郵便の送料プラス430円がかかります。

1万円よりも多い金額を送る場合、5千円増えるごとに料金が10円追加されるでしょう。発送は、郵便窓口でのみ可能です。ローソンやセブンイレブンなどのコンビニからの発送やポスト投函はできないので注意しましょう。

関連:速達や配達日指定など現金書留に併用できるオプション


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ