年賀状を出し忘れたときに代わりになる寒中見舞いの送り方と時期




年末年始に年賀状を出し忘れたとき、年賀状の代わりとして使える寒中見舞いの送り方についてです。

寒中見舞いとは、1年のあいだで最も寒い時期に出す挨拶状のことです。

喪中に年賀状をもらったときや、年賀状の返事を出さないまま1月7日を過ぎてしまったとき、相手が喪中のときなどに出します。


寒中見舞いを送る時期

一般に寒中見舞いを出す時期は、松の内の明けた1月8日から立春の前日である2月3日までだと言われています。小寒である1月5日からとする説もありますが、まだ年賀状を出せる時期なので、少し早いかもしれません。

また関西の一部では、1月15日から寒中見舞いを出す習慣になっているところもあります。このように寒中見舞いの出し始めの時期についてはさまざまな説がありますが、出し終わりの時期は共通して2月3日です。

もし2月3日までに寒中見舞いを出すことができなかったら、代わりに余寒見舞いを出しましょう。余寒見舞いは立秋を過ぎてから、寒さが続く時期まで送ることができます。

2月下旬までに出すのが一般的ですが、寒い地域であれば3月に入ってから出しても問題ありません。

寒中見舞いに使えるハガキ

寒中見舞いは年賀ハガキではなく、郵便局やコンビニで販売されている普通のハガキを使用します。年賀ハガキを購入したあとに身内の不幸があった場合は、郵便窓口で普通のハガキに交換してもらうといいでしょう。

基本的に年賀ハガキの交換には手数料が取られますが、近親者の不幸によって年賀ハガキが不要になった場合に限り、無料で交換してもらえます。ただし期限があるので、早めに交換したほうがいいでしょう。

ちなみに寒中見舞いに年賀ハガキを使用することは、不可能というわけではありません。ただマナー的にはよくないとされているので、避けたほうが無難です。

寒中見舞いはがき印刷





寒中見舞いの文例

寒中見舞いの文例をケースごとにまとめました。適宜書き換えてご使用ください。

ただし「年賀状を書き忘れた」などと書くと失礼なので、内容にはしっかりと気を配りましょう。

◼︎友人に出す寒中見舞いの文例

寒中お伺い申し上げます。
寒さが一段と厳しくなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
おかげ様で私どもも変わりなく過ごしております。
寒い日が続きますので、どうかお身体を大切に。
平成○○年○月

◼︎仕事関係の人に出す寒中見舞いの文例

寒中お見舞い申し上げます。
寒さ厳しき折、貴社の皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
旧年中は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では本年もより一層の精進を重ねてまいる所存でございますので、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。
厳冬の折、貴社の皆様方におかれましてはご自愛いただきますようお祈り申し上げます。
平成○○年○月

◼︎喪中のときの寒中見舞いの文例

寒中お見舞い申し上げます。
寒さ厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか。
喪中のため、年頭のご挨拶を差し控えさせていただきました。
ご挨拶が遅れ申し訳ありませんでした。
本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申しあげます。
平成○○年○月

寒中見舞いの返事について

寒中見舞いをもらったとき、返事を出さなければならないというマナーはありません。しかし、無視をするのは気が引けるという人も多いでしょう。

こちらから喪中ハガキや年賀状を出した場合ならともかく、何も出していない場合には「何か返事をしたほうがいいのでは?」という気持ちになるものです。

また、目上の人からの寒中見舞いはスルーしづらいでしょう。このような場合には、返事を出してもかまいません。ただし返事は寒中見舞いの期間中に出しましょう。

忙しくてなかなか返事を書けないという人もいるかもしれませんが、もし友人など気心の知れた相手なのであれば、ハガキではなくメールで返事を出すのも一つの手です。

返事を書く際、文章の冒頭には、寒中見舞いをいただいたことへのお礼を述べるといいでしょう。

関連:書き損じたハガキや余った年賀状を新品や別のものに交換する方法



関連記事

人気記事

アルファベットA組やB組など年賀状にある組の意味
走る年賀状が届かないときの追跡方法
キャンセル年賀状をやめたいときの対処法とやめる方法
郵便ポスト古い年賀状を捨てるタイミングと個人情報を守る正しい捨て方
郵便ポスト「年賀はがき」と「年賀状」の違いを完全解説
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ