トレカを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




トレカ(トレーディングカード)をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

トレカの発送方法は、梱包後の重さを25g以下に抑えられる場合はミニレターがおすすめです。他にも安く送れる送り方としては普通郵便やレターパックがあります。

大きい荷物をダンボールで配送する日本郵便のゆうパックやヤマト運輸の宅急便で送ってしまうと送料が高くなってしまうのでご注意ください。

スポンサーリンク

トレカの梱包方法

トレカの梱包は、水濡れと折れを防ぐのがポイントです。以下の手順を参考にしてください。

1.トレカをOPP袋に入れます。OPP袋は100円ショップでさまざまなサイズのものが販売されています。トレカにちょうどいいサイズのものを選ぶといいでしょう。

トレーディングカード用透明OPP袋






2.コンビニやスーパーでダンボールをもらってきて、トレカよりも少し大きめのサイズにカットしたダンボール紙を2枚作ります。

3.ダンボール紙でトレカを挟み、テープで固定します。

ダンボール板 A4サイズ対応






4.トレカを封筒に封入しましょう。封筒は文房具屋や100円ショップなどで販売されている茶封筒が適しています。銀行の封筒は無料で入手できますが、あまり丈夫ではないので避けたほうが無難です。

ミニレターでトレカを送る

ミニレターの基本情報
予想送料 62円
予想サイズ 25g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
補償 なし

トレカを1枚だけ送る場合、梱包後の重さを25g以下に抑えることができるのであれば、ミニレターがおすすめです。ミニレターは便箋と封筒が一体となったもので、トレカのように薄いものであれば中に入れて送ることができます。

送料は全国一律62円。ただし重さが25gを超えると、定形外郵便と同じ料金になってしまうという点に注意が必要です。

ミニレターは郵便局で販売されていますが、定価よりも安く購入したいということであれば、ネットオークションや金券ショップで探してみるといいでしょう。

日本郵便 ミニレター 郵便書簡






ミニレターを入手したら、表(封筒側)に受取人と差出人の住所・氏名を書き、裏(便箋側)にメッセージを書きます。特に書くことがなければ、メッセージは書かなくてもかまいません。

記入が終わったら線に沿って折り、糊が付いている箇所は少量の水を塗って貼り合わせ、封筒の形に組み立てます。

そして中にトレカを入れて封をしたら、あとはポストに投函するだけでOKです。ミニレターの購入代金が送料に当たるため、切手を貼る必要はありません。

もちろん、郵便窓口から発送することも可能です。ミニレターには特定記録や簡易書留などの有料オプションがあるので、これらのオプションを利用したい場合は郵便窓口で申し込みましょう。

関連:ミニレター(郵便書簡)の送り方

普通郵便でトレカを送る

定形・定形外郵便の基本情報
予想送料 82円
予想サイズ 25g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
補償 なし

トレカを複数枚送るときにおすすめなのが、普通郵便です。普通郵便には定形郵便・定形外郵便の2種類があります。

サイズが23.5×12×1cm以内、かつ重さが50g以下の荷物は定形郵便で送れますが、それ以上のサイズ・重さになると定形外郵便になります。

加えて2017年から、定形外郵便の中でも規格内と規格外に分けられるようになりました。34×25×3cm以内で重さが1kg以下の荷物は規格内で送ることができますが、それ以上の荷物は規格外になるでしょう。料金は重量制です。

まず定形郵便の場合ですが、重さが25g以下だったら82円、50g以下だったら92円の送料がかかります。

透けない封筒 テープ付 長形3号






次に定形外郵便の規格内の場合、重さが50g以下なら120円、100g以下なら140円、150g以下なら205円、250g以下なら250円、500g以下なら380円です。

定形外郵便の規格外の場合、重さが50g以下なら200円、100g以下なら220円、150g以下なら290円、250g以下なら340円、500g以下なら500円の送料がかかります。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







普通郵便を利用するときは、封筒の表面に受取人の住所・氏名を書き、裏面に差出人の住所・氏名を少し小さめの文字で書きましょう。そして送料分の切手を貼り、ポストに投函すると発送できます。

送料がわからない場合や、特定記録や書留などのオプションに申し込みたい場合は、郵便局から発送しましょう。

関連:定形郵便の送り方

レターパックでトレカを送る

レターパックライトの基本情報
送料 360円
サイズ 専用封筒
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
補償 なし

オプションを付けなくても最初から追跡が付いている方法で送りたいという場合や、梱包資材を自分で用意する手間を省きたいと考えている場合におすすめしたいのが、レターパックという発送方法です。

レターパックは追跡が付いていますし、A4ファイルサイズの専用封筒で品物を梱包する決まりになっているため、自分で封筒を用意する必要がありません。

レターパックはレターパックライトとレターパックプラスの2種類があり、梱包後の厚さによってどちらを使うべきかが変わってきます。

日本郵便 レターパックライト






厚さが3cm以内に収まるのであればレターパックライトで送ることができますが、それ以上になるのであればレターパックプラスで送りましょう。

また厚さが3cm以内だったとしても、盗難に遭うリスクを軽減したいのであればレターパックプラスのほうがおすすめです。

日本郵便レターパックプラス






なぜならレターパックライトは郵便受けに配達されてしまうのに対して、レターパックプラスは直接手渡しで配達され、配達員が受取人の受領印をもらうことになっているからです。

封筒の購入代金はレターパックライトが360円で、レターパックプラスが510円となっており、この購入代金が送料となります。

◼︎レターパックの発送方法

まず、レターパックの専用封筒を購入します。専用封筒は以下の場所で購入できるでしょう。

・郵便局
・コンビニ
・金券ショップ
・フリマアプリやネットオークション

郵便局やコンビニで専用封筒を購入すると定価なので、少しでもお得に購入したい場合は金券ショップやフリマアプリ・ネットオークションで探してみましょう。

封筒の枠内には必要事項を記入します。品名はそのまま「トレーディングカード」と書いて問題ないでしょう。

そして封筒にトレカを封入したら、ポストに投函したり、郵便窓口から差し出したりすることで発送できます。

封筒の購入代金が送料となるため、切手を貼る必要はありません。なお、レターパックプラスは集荷で発送することも可能です。

関連:レターパックライトの送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリにはお得な配送方法がたくさん用意されています。中でもトレカを発送するときに適しているのが、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットや、らくらくメルカリ便のネコポスです。

ゆうパケットは3cmまでの厚さに対応しており、送料は全国一律175円です。

ネコポスは2.5cmまでの厚さに対応しており、送料は全国一律195円となっています。ゆうパケットのほうが送料が安く、対応している厚さも大きいですが、ネコポスよりも発送場所が限られているのが難点です。

ゆうパケットを発送できる場所は、専用プリンター「ゆうプリタッチ」の設置された郵便局か、ローソンのみとなっています。

それに対してネコポスは、ヤマト営業所やファミリーマート、サークルK・サンクスから発送することができます。

近くにゆうパケットを発送できる場所がある人はゆうパケットがおすすめですが、そうでないのならネコポスを利用するのがいいでしょう。

ゆうパケット、クリックポスト、メルカリ便対応の段ボール






◼︎ゆうパケット・ネコポスの発送方法

まず、メルカリにトレカを出品します。その際、配送方法をゆうゆうメルカリ便、またはらくらくメルカリ便に設定しましょう。あらかじめ配送方法を設定しておくことで、お互いに匿名で取引を進めることができます。

商品が購入されたら、取引画面で発送方法やサイズを選択し、二次元コードを生成します。そしてトレカを梱包し、取引画面で選択した発送場所に持ち込み、発送手続きを行いましょう。

端末に二次元コードをかざすことでラベルが発行されるため、あて名書きは不要です。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ