携帯電話を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




iPhoneやAndroidといった携帯電話をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

携帯電話の梱包は、購入時の箱が保管してあるのなら箱に仕舞ってから取り掛かりましょう。

発送方法は定形外郵便・レターパック・飛脚宅配便・ゆうパック・宅急便などがあります。

スポンサーリンク

携帯電話の梱包方法

携帯電話は配送中の衝撃を防ぐため、プチプチで包みましょう。プチプチは100円ショップ・ホームセンター・ネット通販などで販売されています。

携帯電話を購入したときの箱が手元にない場合、携帯電話に直接プチプチを巻いてかまいません。

しかし購入時の箱がまだ手元に残っている場合、その中に携帯電話をきちんと仕舞ってから、箱ごとプチプチで包むのがベストです。

プチプチロール 幅600mm×10M






次に、配送中に雨が降っても大丈夫なようにビニール袋に入れましょう。ビニール袋はスーパーの袋だと失礼になるので、100円ショップで売っているOPP袋などを使用してください。

ビニール袋の口は、テープなどを使用してしっかり閉じます。

透明OPP袋 テープ付き






そして頑丈なダンボールを用意します。ダンボールはホームセンターやネットで購入することもできますが、スーパーやコンビニで不要になったものをもらってくれば、お金をかけずに済みます。

ダンボールの中に携帯電話を入れ、隙間ができるようなら丸めた緩衝材などを詰め、配送中に動き回らないように固定しましょう。最後にガムテープでダンボールのふたを閉めたら完成です。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ





定形外郵便で携帯電話を送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 205円
予想サイズ 150g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
補償 なし

携帯電話を安く発送するには、普通郵便の定形外郵便がおすすめです。定形外郵便は全国一律料金となっているので、遠方にも安く送れることが多いです。

定形外郵便の荷物はサイズや重量によって規格内と規格外のどちらかに分けられ、規格内のほうが安い料金で利用することができます。

34×25×3cm以内で重さ1kg以内の荷物は規格内で送ることができますが、それ以上の荷物は規格外に分類されるでしょう。

料金は重量制です。規格内の料金は、重量が150g以下なら205円、250gよりも重く500g以内の場合は380円、1kg以内の場合は570円となっています。規格外の料金は、重量が250gよりも重く500g以下なら500円、1kg以下なら700円です。

参考までにiPhoneの重量は150g以内であるため、定形外郵便の規格内に収まる可能性が高いです。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







◼︎定形外郵便を利用するときの注意

定形外郵便を利用するにあたって注意しなければならないのは、追跡サービスや荷物が紛失・破損したときの補償が付いていないという点です。

ジャンク品や安物の携帯電話を送る場合、それでも気にしないという人が多いかもしれませんが、値段の高い携帯電話を送る場合は、特定記録や書留などの有料オプションに申し込んだほうがいいでしょう。

特定記録は荷物を追跡するサービスで、利用料は160円です。補償は付いていないので、携帯電話が破損・紛失しても諦めがつく場合にのみ利用しましょう。

書留には一般書留や簡易書留といったものがあり、料金はそれぞれ430円と310円です。どちらも追跡と補償が付いていますが、簡易書留の追跡機能は一般書留に比べると簡素なもので、損害要償額も5万円までとなっています。

配送状況を詳しく追跡したい場合や、5万円を超える携帯電話を送る場合は一般書留を、そうでない場合は簡易書留を利用するといいでしょう。

◼︎定形外郵便の利用方法

紙にあて先を書き、荷物のよく見えるところに貼り付けましょう。そして郵便窓口に差し出し、「定形外郵便でお願いします」と伝えます。有料オプションに申し込みたい場合は、その旨も併せて伝えてください。

その後料金を支払い、領収書を受け取ります。オプションに申し込んだ人はその控えも渡されるので、荷物の受け取りが確認できるまで大切に保管しておきましょう。

なお、特定記録や書留に申し込まない場合は、送料分の切手を貼ってポストに投函することでも発送できます。

関連:定形外郵便の送り方

レターパックで携帯電話を送る

レターパックライトの基本情報
送料 360円
サイズ A4
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
補償 なし

レターパックでも携帯電話を安く発送することができます。レターパックは専用封筒で品物を梱包し、ポストに投函することで発送できるサービスです。レターパックライトとレターパックプラスの2種類があり、料金はそれぞれ360円と510円となっています。

レターパックライトのほうが安いですが、3cmまでの厚さにしか対応していませんし、郵便受けに配達されるため盗難のリスクがあります。

日本郵便 レターパックライト






よって梱包後の厚さが3cmを超える場合や、直接手渡しで配達してほしい場合などは、レターパックプラスを利用しましょう。

日本郵便レターパックプラス






なお、レターパックには追跡サービスが付いていますが、補償制度はないという点にご注意ください。

◼︎レターパックの利用方法

レターパックを利用するにはまず、専用封筒を入手する必要があります。専用封筒は郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)などで購入できます。

レターパックライトの封筒は青色で、レターパックプラスの封筒は赤色です。間違えないように気をつけましょう。

専用封筒には必要事項をペンではっきりと記入したあと、携帯電話を中に入れて封をします。

専用封筒には元々糊が付いていますが、それだけでは心配という場合は、上からさらにガムテープを貼ってもかまいません。あとはポストに投函したり、郵便窓口から差し出したりすれば発送が完了します。

ポストに投函する場合は、お問い合わせ番号の記載されたシールを自分で剥がすことを忘れないようにしてください。ちなみにレターパックプラスに限り、集荷にも対応しています。

関連:レターパックライトの送り方

飛脚宅配便で携帯電話を送る

飛脚宅配便の基本情報
予想送料 756円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 営業所
追跡番号 あり
補償 あり

オプションに申し込まなくても、追跡サービスや補償が最初から付帯している宅配便を利用したいという人は、佐川急便の飛脚宅配便が適しています。

飛脚宅配便なら配送状況をウェブ上で確認できますし、万が一のときには30万円を限度とする損害賠償を受けることが可能です。

料金は荷物のサイズ名と地域によって決められます。例えば60サイズの荷物を関西地方から南九州地方まで送る場合、料金は864円になるでしょう。

ダンボール 段ボール 60サイズ






飛脚宅配便を利用するには、送り状が必要です。送り状は担当営業所や担当ドライバーに連絡すると持ってきてもらえます。送り状に必要事項を記入したら荷物とともに引き渡し、料金を支払いましょう。

ちなみに飛脚宅配便の支払い方法は他にもあり、月ごとの料金をまとめて支払う方法や、着払いも利用できます。

関連:飛脚宅配便の送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリで販売した携帯電話は、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送るのがお得です。宅急便コンパクトは専用BOXで品物を梱包して発送できるサービスで、宅急便で送るほどでもない小さな荷物を送るのに適しています。

送料は全国一律380円ですが、専用BOXを購入する必要があるのでプラス65円かかります。専用BOXはクロネコマーケットやヤマト営業所で購入できるでしょう。追跡・補償も付いているので、価格の高い携帯電話でも安心して送れます。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






◼︎宅急便コンパクトの利用方法

メルカリに携帯電話を出品するときに、配送方法をらくらくメルカリ便に設定します。配送方法は後からでも設定できますが、先に設定しておくことで匿名配送が利用可能になります。

商品が売れたら取引画面を開いてサイズと発送方法を選択し、二次元コードを生成しましょう。サイズは宅急便コンパクトを選択してください。

発送方法はヤマト営業所・ファミリーマート・サークルKサンクス・セブンイレブンなどへの持ち込みと、30円での集荷が選べます。そして荷物を梱包し、取引画面で選択した方法で発送手続きを行いましょう。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ