お年玉を郵送で安く送る発送方法と梱包方法!現金書留が必須




お正月の時期、遠方で会えない場合にお年玉をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便で一番安い送料で送るための発送方法と梱包方法についてです。

お年玉は現金なので、発送するときは必ず現金書留を利用しなければなりません。現金書留とは、現金専用の郵送方法です。

現金書留以外の方法でお年玉を送ると、郵便法違反になりますのでご注意ください。

スポンサーリンク

お年玉の梱包方法

ポチ袋と現金書留の封筒を用意しましょう。

ポチ袋は100円ショップやコンビニなどで購入できます。現金書留の封筒は郵便局にて21円で販売されています。

大型のものと小型のものがありますが、価格は変わらないのでどちらを選んでもかまいません。通常サイズのポチ袋であれば、小型のものでも問題なく梱包できるでしょう。梱包の手順は次のとおりです。

1.ポチ袋に現金を入れます。複数人にお年玉をあげる場合は、ポチ袋1つ1つにあげたい人の名前を書いておくとわかりやすいでしょう。

多目的ポチ袋






2.現金書留封筒の表面にある記入欄に、あて先など必要事項をペンで記入します。小さな子どもに送る場合、お金が中に入っていますから、あて先は保護者の名前にしておくと安心です。複数人にお年玉をあげたい場合も保護者あてにしておけば、保護者がお正月にお年玉を渡してくれるでしょう。

3.現金書留封筒の中にポチ袋を入れます。

4.現金書留封筒の裏には封の仕方が載っています。その手順に従って封をしましょう。

5.封をしたあと、○印の中に印鑑または署名をすることで封緘をします。署名は苗字だけを書いたあと、○で囲むというやり方でもかまいません。

現金書留でお年玉を送る

現金書留の基本情報
予想送料 82円+430円
予想サイズ 25g以内
発送場所 郵便局の窓口
追跡番号 あり
補償 あり

お年玉を現金書留の封筒で梱包し、郵便局の窓口にて発送します。速達や本人限定受取などオプションを利用したい場合は、その旨を伝えましょう。そして送料を支払います。現金書留の送料は、定形郵便の料金プラス430円です。

定形郵便の料金は荷物の重さによって異なり、荷物の重さが25g以内の場合82円、50g以内の場合92円となっています。つまり現金書留の料金は、荷物の重さが25g以内のとき512円、50g以内のとき522円となるでしょう。

ただしこの料金の場合、損害要償額は1万円までとなっています。損害要償額が1万円を超える場合、5,000円アップするごと料金が10円加算されていきます。

またオプションを利用するときは、オプション料金も送料に加算されるでしょう。手続きの最後に、お問い合わせ番号の記載された控えを渡されます。受け取りが確認できるまで大切に保管しておきましょう。

発送後、現金書留でお年玉で送ったということを、電話・メール・LINEなどで受取人に連絡しておくことをおすすめします。

現金書留の手紙の同封について

現金書留には手紙を同封することができます。

新年の挨拶は年賀状で書くことが多いでしょうから、「お年玉を送ります」と要件だけでも書いておくといいでしょう。

お年玉を郵送する時期

年末年始は通常よりも配達まで日数がかかる傾向があります。どのくらいで届くかは郵便局の状況によるので一概には言えませんが、お正月の1週間前に発送しても早すぎるということはないでしょう。

元旦にぴったり届けてほしいということであれば、配達日指定を利用することをおすすめします。配達日指定は平日31円、日祝日210円で可能です。

年末ギリギリになって発送するけれどお正月に間に合わせたい場合は、速達もおすすめです。

封筒の右上部分に赤い線を表示し、ポストに投函したり郵便窓口で差し出したりすると、速達で発送することができます。速達料金は、荷物の重さが250g以内のときは280円です。

参考までに年末年始に現金書留でお年玉を送り、配達まで完了した過去の実際の追跡結果は以下の通りです。

◼︎北海道から岡山県に発送された現金書留

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
01/02 09:48 引受 深川郵便局 北海道
01/02 13:30 発送 深川郵便局 北海道
01/02 18:00 発送 旭川東郵便局 北海道
01/03 12:20 発送 倉敷郵便局 岡山県
01/04 06:00 到着 総社郵便局 岡山県
01/04 11:04 お届け先にお届け済み 総社郵便局 岡山県

北海道から1月2日(年末年始)の午前中に発送された現金書留は、2日後の1月4日(月曜日)の午前中に岡山県の配達先の住所に配達されています。

関連:簡易書留・一般書留・現金書留の配達日数

海外にお年玉を送る場合

送り先の国で禁止されていなければ、書留・保険付きの場合に限り、日本からアメリカ・中国・韓国など海外へ現金を送ることは可能です。

国際書留では最高6,000円まで補償されることになっていますが、保険付きで送れば最高200万円までの補償を付けることができます。

送るときは定形郵便の封筒にお年玉を入れ、郵便局にて「海外へ保険付き(または書留付き)で現金を送りたい」と伝えましょう。

税関告知書など書類を渡されるので、必要事項を英語で記入します。内容品は「Japanese Banknote」と記載すればOKです。

そして送料を支払いますが、荷物の重量や補償金額などの条件によって金額が変動します。例えば神奈川県からイタリアまで国際書留付きの定形郵便を送る場合、520円の料金がかかります。

関連:日本から海外に現金を送る方法である書留・保険付の国際郵便の送り方


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

うちわうちわを安く送る発送方法と梱包方法
寝る抱き枕を安く送る発送方法と梱包方法
ソファー・机ガラステーブル・折りたたみテーブルを安く送る発送方法と梱包方法
dvdブルーレイボックス・DVDボックスを安く送る発送方法と梱包方法
靴・スニーカースニーカーを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ