ストライダーを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




ストライダーをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

ストライダーは宅急便・飛脚宅配便・ゆうパックといった発送方法がおすすめです。どのサービスが送料が一番安い最安値の送り方かということは、地域や荷物のサイズ、割引の有無などによって変わってくるでしょう。

スポンサーリンク

ストライダーの梱包方法

ストライダーは次のようにして梱包できます。

1.ハンドルをいっぱいに切り、配送中に動くことのないよう紐で固定しましょう。紐の種類は何でもかまいませんが、頑丈なものを使用してください。

玉巻テープ 100m 白






2.プチプチで全体を覆っていきます。壊れやすそうな箇所はプチプチを何重にも巻いておくと安心です。プチプチはホームセンターやネットで購入できるでしょう。

プチプチロール 幅600mm×10M






3.ストライダーをダンボールに入れます。立てるよりも寝かせた状態で入れたほうが安定します。ダンボールはスーパー・コンビニ・ドラッグストアなどでもらえることが多いです。

ちょうどいいサイズのダンボールが見つからなければ、複数のダンボールを切り貼りしてストライダーに適した大きさに加工するといいでしょう。

また、ダンボールを加工するのが面倒だという方は巻きダンボールの使用もおすすめです。

巻きダンボール






4.ダンボールとストライダーのあいだの隙間には、丸めた新聞紙や緩衝材などを詰め、配送中にストライダーが動かないよう固定します。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ






5.ダンボールのふたを閉めたら、梱包は完成です。

宅急便でストライダーを送る

宅急便の基本情報
予想送料 1,944円〜
予想サイズ 160サイズ
発送場所 ヤマト運輸の営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

ストライダーはクロネコヤマトの宅急便で送ることができます。宅急便は縦・横・高さの3辺の長さの合計が160cm以内、かつ重量25kg以下の荷物に対応しています。

配送状況はウェブ上でチェックすることができ、万が一のときの損害賠償制度もあるため、安心して利用できます。お届け日時の指定も可能なので、忙しい人あてに送る場合にも利用しやすいでしょう。

送料は荷物のサイズと地域によって決定されます。例えば中国地方から関東地方まで160サイズの荷物を発送する場合だと、送料は2,246円になるでしょう。

引越し用 大型シングルダンボール 宅配160サイズ






しかし、割引サービスを活用すれば送料を節約できます。

◼︎宅急便の割引サービス

宅急便で利用できる割引サービスには、次のようなものがあります。

・クロネコメンバー割
・持込割
・デジタル割
・クロネコメンバーズの持込割
・宅急便センター受け取りサービス
・複数口減額

クロネコメンバー割とはヤマト運輸独自の電子マネーのことです。事前にチャージして送料の支払いに利用すると、10〜15%の割引が適用されます。

持込割とはヤマト運輸直営店・コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)・取扱店に荷物を持ち込んで発送したときに利用できる割引サービスで、送料から100円引きされます。

デジタル割は、ネコピットまたは自宅パソコンで送り状を発行したときの割引サービスです。荷物1個あたり50円の割引が受けられます。

クロネコメンバーズの持込割とは、クロネコメンバーズ会員が送り状をネコピットまたは自宅パソコンで発行し、ヤマト運輸直営店に荷物を持ち込んで発送した場合に適用される割引サービスのことで、150円引きとなります。

宅急便センター受け取りサービスは、荷物の受け取り場所を受取人の自宅ではなく宅急便センターに指定した場合に利用できる割引サービスです。割引額は荷物1個あたり54円。

複数口減額は、同一のあて先に複数個の荷物を送るときに利用できる割引で、荷物1個あたり100円引きされます。複数口減額を利用の際は通常の送り状ではなく、複数口送り状を使用しましょう。

◼︎宅急便の発送方法

宅急便を送るときはまずヤマト営業所などで送り状をもらい、必要事項を記入します。

通常、あて先は受取人の住所になりますが、宅急便センター受け取りサービスを利用する場合は、宅急便センターの郵便番号・宅急便センターコード・宅急便センター名および住所を記入しましょう。

ちなみにデジタル割やクロネコメンバーズの持込割を利用する場合は、手書きではなくネコピットや自宅パソコンで送り状を作成する必要があります。

送り状と荷物の準備ができたら、ヤマト営業所・コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)・取扱店に持ち込んで発送しましょう。持ち込み以外では、集荷や宅配ロッカーから発送するという方法もあります。

関連:宅急便の送り方

飛脚宅配便でストライダーを送る

飛脚宅配便の基本情報
予想送料 2,031円〜
予想サイズ 160サイズ
発送場所 佐川急便の営業所
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

佐川急便の飛脚宅配便もストライダーを送るのにおすすめの方法です。飛脚宅配便の対象となるのは3辺の長さの合計が160cm以内で、重量30kg以下の荷物です。

送料は荷物のサイズとエリアによって異なります。例えば北海道から北陸地方まで160サイズの荷物を送る場合、2,787円の送料がかかるでしょう。

飛脚宅配便を利用する際はまず、送り状に必要事項を記入します。送り状は営業所でもらえますが、集荷のときに持ってきてもらうことも可能です。集荷は電話やウェブで申し込むことができます。

電話で申し込む場合は担当営業所にかけましょう。担当営業所は佐川急便のサイトで検索できます。

スタッフが集荷に来たら記入済みの送り状と梱包済みの荷物を引き渡し、発送手続きを行います。スタッフから渡される控えは荷物の追跡に必要なので、大切に保管しておきましょう。

関連:飛脚宅配便の送り方

ゆうパックでストライダーを送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 2,300円〜
予想サイズ 170サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

ゆうパックもストライダーの発送に適した方法です。

3辺の長さの合計が170cm以内で重さ25kgまでの荷物を送ることができます。送料は荷物のサイズとエリアで決定されます。

例えば170サイズの荷物を長崎県から近畿地方まで送るとすると、送料は2,480円になるでしょう。

ダンボール箱 170サイズ






しかし持込割引・同一あて先割引・複数口割引などの割引制度を活用することで、送料を最大180円節約することができます。

ゆうパックを送るときは、発送伝票が必要です。持ち込みで発送する場合は、梱包済みの荷物を郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)に持ち込んで発送伝票をもらい、その場で記入して発送手続きをするとスムーズでしょう。

集荷で発送する場合、集荷担当のスタッフに伝票を持ってきてもらうことが可能です。ただその場合、スタッフを待たせたまま伝票を記入しなければなりません。

落ち着いてゆっくり書きたい人は事前に郵便局やコンビニで伝票をもらい、集荷スタッフが来るまでに記入を済ませておくことをおすすめします。

伝票は複数枚もらうことも可能なので、今後もゆうパックを利用する予定のある人は多めにもらっておくと、次回利用時に便利でしょう。

関連:ゆうパックの送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリで販売したストライダーは、らくらくメルカリ便の宅急便で送ると安いでしょう。らくらくメルカリ便の宅急便は、通常の宅急便よりも料金が安くなることが多いです。

もちろん、追跡機能や万が一のときの補償も付帯しているので安心です。送料は全国一律で、荷物のサイズによってのみ決まります。120サイズの荷物は1,100円、140サイズの荷物は1,300円、160サイズの荷物は1,600円です。

らくらくメルカリ便の宅急便を利用したい場合、ストライダー出品時に配送方法をらくらくメルカリ便に、商品価格を1,000円以上に設定しましょう。

ストライダーが売れたら、取引画面で荷物のサイズと発送方法を選択します。荷物のサイズは宅急便を選んでください。発送方法は持ち込みか集荷のどちらかになります。

持ち込み先はヤマト営業所のほか、ファミリーマート・サークルKサンクス、セブンイレブンなどのコンビニがあります。集荷は30円の追加料金が発生するでしょう。

そしてストライダーを梱包し、先ほど選択した方法で発送手続きを行います。料金は売上金から自動的に引かれるシステムになっているため、支払い手続きは不要です。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ