ピンバッジを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




ピンバッジをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

ピンバッジは破損を防ぐため、必ずプチプチで覆って梱包します。発送方法は定形外郵便やクリックポスト、レターパックなどを利用すると安いでしょう。

逆に大きい荷物をダンボール箱に入れて梱包するヤマト運輸のダンボールや日本郵便のゆうパックで送ってしまうと送料が高くなりますのでご注意ください。

スポンサーリンク

ピンバッジの梱包方法

ピンバッジ全体をプチプチで覆いましょう。プチプチは通販で購入した商品などの梱包に使用されていたものを保管しておき、再利用すると経済的です。

もし手元にプチプチがない場合は、100円ショップやネットなどで購入できます。

プチプチ袋(粒は外側)






次に水濡れや汚損を防止するため、ビニール袋に入れます。

ビニール袋はスーパーのレジ袋では失礼になる可能性があるので、100円ショップなどで販売されている透明の袋を使用するといいでしょう。

クリスタルパック OPP袋(透明袋)






そしてピンバッジを封筒に入れます。

必ず輸送に耐えうる強度のある封筒を使用しましょう。100円ショップや文房具屋などで売られている茶封筒がおすすめです。銀行封筒は無料で入手できますが、破れやすいため使用しないほうがいいでしょう。

あとはテープや糊などで封筒に封をすれば完了です。

定形外郵便でピンバッジを送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 140円
予想サイズ 100g以内(規格内)
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

ピンバッジは軽いものが多いので、普通郵便の定形外郵便で送るのが送料が一番安い最安値の送り方となる可能性が高くおすすめです。

定形外郵便は重さによって送料が決まる発送方法です。全国一律の低料金で送ることができます。

ただし追跡機能と補償はないため、必要な場合は有料オプションに申し込むか、ほかの発送方法を利用したほうがいいでしょう。定形外郵便は荷物のサイズや重量によって、規格内と規格外のどちらかに分類されます。

ピンバッジであれば規格内で送れる可能性が高そうですが、プチプチを何重にも巻くなどして厚さが3cmよりも大きくなった場合は、規格外となります。

規格内の送料は、荷物の重さが50gよりも重く100g以下なら140円、150g以下なら205円です。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







規格外の送料は、荷物の重さが50gよりも重く100g以下なら220円、150g以下なら290円かかるでしょう。

定形外(規格外)サイズのダンボール






◼︎ピンバッジを︎定形外郵便で送る方法

封筒にあて先を書き、次の基準を満たすようにピンバッジを梱包します。

・14×9cm以上(これより小さい荷物は6×12cm以上の耐久力のある厚紙または布製のあて名札を付けること)
・3辺の長さの合計が90cm以内
・長辺60cm以内
・重さ4kg以内

そして郵便窓口に持ち込み、「定形外郵便でお願いします」と伝えます。重さを測ってくれるので、現金や切手で送料を支払いましょう。レシートを受け取ったら発送は完了です。

関連:定形外郵便の送り方

クリックポストでピンバッジを送る

クリックポストの基本情報
送料 185円
サイズ 厚み3cm以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

ピンバッジを厚さ3cm以内に梱包できるのなら、クリックポストで送るのもおすすめです。

クリックポストは全国一律185円で利用することができる発送方法で、オプションに申し込まなくても追跡サービスが付いています。

ただし利用するにはクレジットカードやプリンターが必要です。またYahoo! JAPAN IDやYahoo!ウォレット(クレジットカード払い)も使用するため、登録手続きがまだの人はあらかじめ済ませておきましょう。

ゆうパケット、クリックポスト、メルカリ便対応の段ボール






◼︎ピンバッジを︎クリックポストで送る方法

まずクリックポストのサイトにアクセスし、Yahoo! JAPAN IDでログインします。クリックポストを初めて利用する人は、ここで利用者情報を登録しておきましょう。

次にお届け先情報を入力して発送申し込みをしてから、支払い手続きに進みます。支払い手続きはYahoo!ウォレットで行います。そしてラベルを印字し、次の条件を満たすように梱包した荷物に貼り付けてください。

・長さ14〜34cm
・幅9〜25cm
・厚さ3cm以内
・重さ1kg以内

もしラベルにミスが見つかった場合は手書きで修正するのではなく、申し込みからやり直しましょう。あとはポストに投函するだけで発送は完了です。

もちろん郵便窓口から差し出してもかまいません。送料はYahoo!ウォレットで支払うため、切手を貼る必要はありません。

関連:クリックポストの送り方

レターパックでピンバッジを送る

レターパックライトの基本情報
送料 360円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

レターパックもピンバッジの発送に適した発送方法です。レターパックとはA4ファイルサイズの専用封筒に品物を入れて送れるサービスで、レターパックライトとレターパックプラスの2種類があります。

レターパックライトは3cmまでの厚さの荷物を送れるサービスで、料金は360円です。

日本郵便 レターパックライト






レターパックプラスは適切に梱包できさえすれば厚さ制限はなく、料金は510円となっています。

日本郵便レターパックプラス






◼︎ピンバッジをレターパックで送る方法

郵便局やコンビニなどでレターパックの専用封筒を購入します。定価より安く購入したいという人は、金券ショップやフリマアプリ、オークションなどで探してみるといいでしょう。

記入欄にはあて先や品名などの必要事項をペンで記入します。すべて書き終えたらピンバッジを梱包しましょう。封筒の口には両面テープが付いているため、自分で糊やテープを用意しなくても封ができるようになっています。

しかし、もし両面テープだけでは心配ということでしたら、上からガムテープを貼り付けて補強してもかまいません。

ここまでの準備ができたらポストに投函したり、郵便窓口から差し出したりして発送しましょう。レターパックプラスのみ、集荷に来てもらうことも可能です。切手を貼る必要はありません。

関連:レターパックライトの送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリに出品したピンバッジが売れた場合、らくらくメルカリ便のネコポスや、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットで送ることをおすすめします。

これらの発送方法は安く利用できるだけではなく、追跡サービスや補償が付帯しているというメリットがあります。しかも配送状況は取引画面を開くだけですぐにチェックできるため、お問い合わせ番号を入力する手間がかかりません。

ただしどちらの発送方法にも厚さ制限があり、ネコポスは2.5cm以内、ゆうパケットは3cm以内の厚さになるように梱包する必要があります。送料はネコポスが195円、ゆうパケットが175円です。全国どこに送っても送料は変わりません。

◼︎ピンバッジを︎らくらくメルカリ便のネコポス・ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットで送る方法

メルカリにピンバッジを出品するときに、配送方法をらくらくメルカリ便か、ゆうゆうメルカリ便のどちらかに設定します。

出品時には配送方法を未定としておき、あとから設定し直すこともできますが、取引が始まる前に設定しておくことで匿名配送が可能となります。

商品が購入されたら取引画面で荷物のサイズや発送方法を選択します。サイズはネコポスまたはゆうパケットを選びましょう。発送方法は次のようなものがあります。

ネコポス・・・ヤマト営業所・ファミリーマート・サークルKサンクス・セブンイレブンへの持ち込み

ゆうパケット・・・ゆうプリタッチの設置された郵便局・ローソンへの持ち込み

らくらくメルカリ便の宅急便や宅急便コンパクトでは30円の追加料金を支払えば集荷を依頼することも可能ですが、ネコポスは持ち込みでしか発送できないという点に注意が必要です。

そしてピンバッジを梱包しましょう。メルカリ便では端末でお届け先情報を読み取るため、外装にあて先を書く必要はありません。ここまでの準備ができたら、先ほど取引画面で選択した方法で発送手続きを行いましょう。

発送が完了し次第、取引画面上部にある発送通知ボタンをタップし、商品を発送したことを購入者に知らせます。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ