ブランケット・タオルケットを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




ブランケットやタオルケットをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

ブランケットやタオルケットは、雨に濡れないような梱包を心がけましょう。発送方法は定形外郵便・ゆうパック・宅急便が適しています。

大きさ的に小さい荷物を安い送料で送ることができるレターパックプラスや宅急便コンパクトで発送するのは難しいと言えます。

スポンサーリンク

ブランケット・タオルケットの梱包方法

まず配送中に雨が降っても濡れることのないよう、ブランケットやタオルケットをビニール袋に入れます。

ビニール袋は100円ショップやAmazonで購入できるOPP袋がいいでしょう。

スーパーやコンビニのレジ袋はあまり印象が良くないため、使用しないほうが無難です。

OPP袋 大きい物のラッピングに最適






次に、ショップ袋にブランケットまたはタオルケットを入れます。

そしてガムテープでしっかりと封をしましょう。ブランケットもタオルケットも壊れものではないので、プチプチで保護する必要はありません。

定形外郵便でブランケット・タオルケットを送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 340円
予想サイズ 250g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
補償 なし

重量の軽いブランケットやタオルケットは、普通郵便の一種である定形外郵便で発送するのがお得です。

定形外郵便では、3辺の長さの合計が90cm以内で長辺60cm以内、かつ重さ4kg以内の荷物が対象となります。ブランケットやタオルケットなら、この条件を満たすように梱包できるでしょう。

ただし荷物の追跡ができない点や、配送中に事故が起こっても補償がないという点には注意が必要です。追跡・補償付きで送りたいのであれば、特定記録や書留などのオプションに申し込むか、ほかの発送方法を利用しましょう。

定形外郵便で送る荷物は大きさ・重さによって規格内か規格外のどちらかに分類され、規格内のほうが低料金で送ることができます。しかしブランケットやタオルケットはサイズ的に規格外となるでしょう。

規格外の送料は、荷物の重さが101〜150gの場合290円、250g以下の場合340円、500g以下の場合500円、1kg以下の場合700円、2kg以下の場合1,020円です。全国どこに送っても料金は変わりません。

宅配袋 大 テープ付き






◼︎定形外郵便の利用方法

外装となるショップ袋にあて先を表示し、ブランケット・タオルケットを梱包します。

荷物の準備ができたら郵便窓口に差し出し、定形外郵便で送ることを伝えましょう。有料オプションに申し込む場合は、そのことも伝えて手続きを行います。

郵便局員が荷物の重さを測って料金を知らせてくれるので、現金か切手で支払いましょう。

金券ショップにて定価よりも安く販売されている切手を購入しておき、定形外郵便の支払いに使用すると、現金で支払うよりも少しお得になります。

最後にレシートや有料オプションの控えを受け取ります。これで定形外郵便の発送は完了です。

関連:定形外郵便の送り方

ゆうパックでブランケット・タオルケットを送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 800円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

ブランケットやタオルケットはゆうパックで送るのもおすすめです。ゆうパックは追跡機能や、郵送事故が発生したときの補償が付いているので、安心して利用できるでしょう。

送料は荷物のサイズと地域で決定され、荷物のサイズが小さく、配送元と配送先が近いほど安くなります。例えば宮城県から近畿地方まで60サイズの荷物を発送する場合、送料は1,080円になります。

ダンボール 段ボール 60サイズ






◼︎ゆうパックの利用方法

まずブランケットまたはタオルケットを梱包し、ゆうパック専用ラベルに必要事項をペンではっきりと記入しましょう。

専用ラベルは郵便局や、ゆうパックに対応しているコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)でもらうことができます。

集荷を依頼する場合、ドライバーに持ってきてもらうという手もあります。準備ができたら、郵便局・コンビニへの持ち込みや、集荷で発送します。

集荷は無料で利用できますが、持込割引が適用されなくなってしまう点に注意しましょう。

発送手続き後には控えを渡されます。控えは配送状況を確認するときに必要です。荷物の受け取りが確認できるまで、なくさないように保管しておきましょう。

関連:ゆうパックの送り方

宅急便でブランケット・タオルケットを送る

宅急便の基本情報
予想送料 907円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

ゆうパックと類似のサービスにクロネコヤマトの宅急便があります。宅急便も荷物の追跡や万が一のときの補償などが付いており、安全に利用できる発送方法です。

送料は荷物のサイズと地域で決定されます。例えば信越地方から関東地方あてに60サイズの荷物を送るとすると、送料は907円かかるでしょう。

60サイズ激安ダンボール箱A4






しかし宅急便は割引サービスが充実しています。例えば自ら荷物を持ち込んで発送するときに適用される持込割や、ヤマト運輸のオリジナル電子マネーで送料の支払いを行うときに適用されるクロネコメンバー割などがあります。

ほかにもたくさんの割引サービスが揃っているので、上手に活用して送料をできるだけ安く抑えましょう。

◼︎宅急便の利用方法

ヤマト営業所で送り状をもらいます。元払いのときと着払いのときでは使用する送り状が異なるという点に注意しましょう。送り状には必要事項をペンではっきりと記入します。

手書きで記入するのが面倒だという人は、ネコピットや自宅のパソコン・プリンターを使用して送り状を発行することもできます。

そしてブランケットまたはタオルケットを梱包したら、持ち込みや集荷、宅配ロッカーなどで発送します。

持ち込みで発送する場合、ヤマト営業所・コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)・取扱店などで発送できます。

集荷はウェブや電話にて無料で申し込み可能です。宅配ロッカーからの発送はクロネコメンバーズ会員だけが利用できる方法で、事前に申し込みが必要です。

関連:宅急便の送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリにはお得な配送方法があります。中でもブランケットやタオルケットの発送に適しているのが、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックとらくらくメルカリ便の宅急便です。

メルカリ便も通常のゆうパック・宅急便と同様、追跡機能と補償制度がありますが、お問い合わせ番号を入力しなくても取引画面を開くだけで配送状況が確認できるという点が便利です。

また商品が購入される前に配送方法を設定しておくことで、出品者・購入者ともに匿名で取引ができるというメリットもあります。

端末に二次元コードをかざして情報を読み取るためあて名書きが不要ですし、送料は売上金から自動的に引かれるので、手間がかかりません。

そしてこれはゆうゆうメルカリ便だけのメリットですが、購入者が荷物の受け取り場所を自宅・郵便局・ローソン・ミニストップ・日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」の中から好きに選ぶことができます。自宅を空けることの多い購入者からは喜ばれるでしょう。

送料はゆうパックも宅急便も同じで、荷物のサイズによって決まります。60サイズの荷物は600円、80サイズの荷物は700円、100サイズの荷物は900円で送れます。ただし宅急便を集荷で発送する場合、プラス30円かかるでしょう。

◼︎ゆうゆうメルカリ便のゆうパック・らくらくメルカリ便の宅急便の利用方法

メルカリにブランケットまたはタオルケットを出品します。その際、配送方法はゆうゆうメルカリ便またはらくらくメルカリ便に、商品価格は1,000円以上に設定しましょう。

商品が売れて取引が始まったら取引画面を開き、荷物のサイズと発送方法を設定します。

ゆうパックの発送方法は、郵便局かローソンへの持ち込みが選べます。宅急便の発送方法は、ヤマト営業所・ファミリーマート・セブンイレブン・宅配便ロッカーPUDOへの持ち込みと、自宅への集荷の中から選択できます。

そして商品を梱包し、取引画面にて選択した方法で発送手続きを行いましょう。発送手続きが完了したら、取引画面の上部にある発送通知ボタンをタップし購入者に知らせます。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ