体温計を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




体温計をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安い最安値の送り方は定形外郵便で、クリックポストやレターパックライトでも送ることができます。

大きいダンボールに入れて配送するヤマト運輸の宅急便や日本郵便のゆうパックを使うと送料が高くなるのでご注意ください。

体温計の梱包方法

体温計の梱包方法は、まずは配送中に雨などで濡れないようOPP袋へ入れますが、体温計によっては水で洗える物もあるので、その場合は防水対策必須ではありません。

ただし、非接触型の赤外線体温計などは精密機器になるため、必ず防水対策を施します。

その際、キャップやカバーがあれば閉めた状態にし、専用の入れ物があれば中に収めてから梱包します。体温計に使用するボタン電池や乾電池などの電池類は全て抜いておきましょう。

透明OPP袋 テープ付き






防水対策の後はプチプチで包装します。

体温計は壊れやすい品目ではありませんが、プチプチは安価で手に入るので一枚程度巻いておいた方がいいでしょう。

プチプチ袋 A4サイズ 3層






プチプチで包装後は、送り方に合わせてダンボール・封筒・紙袋へ入れて梱包完了となります。

一般的なダンボールだと品目のサイズに対して大きくなってしまうので、ダンボールを使いたい場合は巻きダンボールを使いましょう。

体温計に限らず品目のサイズや形状に合わせて梱包できるので、1巻き程度持っておくのがおすすめです。

巻きダンボール





定形外郵便で体温計を送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 120円~
予想サイズ 50g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

体温計は定形外郵便で送るのが最も安い送り方です。口や脇で計る一般的な電子体温計であれば厚みも重量もないので、定形外郵便で送るようにしましょう。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







定形外郵便には規格内と規格外がありますが、テルモやオムロンといった脇に挟むタイプの体温計であれば厚み3cm以下なので規格内で送ることができます。

耳で計るような赤外線体温計の場合は、電池に単四電池を2本程度使っていることがほとんどで、その分厚みが出て規格内では送ることができません。赤外線で計るタイプの体温計は規格外で送りましょう。

厚みが3cmを超える場合は、宅急便コンパクトやレターパックプラスでも送ることはできますが、体温計は重量が軽い品目になるので基本的には定形外郵便の規格外で送った方が送料は安くなります。

送料は重量で異なり、どこへ送っても一律料金になります。例えば、規格内で50gする体温計を送る場合は120円、規格外で150gする体温計を送る場合は300円になります。

注意点として、リチウム電池を使用する体温計は航空輸送する場合に限り、制限がかかることで配達日数が大幅に遅れる可能性があります。

必ず体温計から電池は抜いた上で、窓口で問題ないか確認してから発送するようにしましょう。

定形外郵便の発送方法は、郵便局の窓口へ直接持ち運ぶかポストへの投函で完了になりますが、規格内で送れる体温計はポスト投函で問題ありません。

ポスト投函できない規格外で送る体温計は窓口から発送しましょう。

関連:定形外郵便の送り方

クリックポストで体温計を送る

クリックポストの基本情報
送料 198円
サイズ 厚み3cm以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

体温計はクリックポストでも送ることができます。クリックポストは長辺34cm×幅25cm×厚さ3cm以内で重量は1kgまで対応している送り方で、総重量が100gを超える場合は定形外郵便の規格内よりクリックポストを利用した方が送料は安くなります。

クリックポスト用 はがきサイズ ラベル用紙






クリックポストの送料は全国一律198円となります。例として、青森県から東京都に送った場合や、茨城県から愛媛県に送った場合でも、送料は同じ198円になります。

クリックポストで送れる厚さは定形外郵便の規格内と同じ3cmになりますが、重量に関しては1kgまでであれば送料は変わらず198円で送ることができます。

そのため、実際に販売されているドリテックの体温計5本セットのように、体温計を複数本送る場合はクリックポストの方が送料は安くなる可能性があります。

送料の差の例として、1本20gする体温計を5本梱包して総重量が110gする場合、定形外郵便の規格内だと送料は210円かかりますが、クリックポストであれば送料は198円で変わりません。

送料の差は数十円程度ではありますが、少しでも費用を抑えたい場合は、重量がどのくらいか正確に量った上で送り方を決めるようにしましょう。

クリックポストを利用する際は、Yahoo! JAPAN IDかAmazonアカウントを取得後、Yahoo!ウォレットかAmazon Payへの登録が必要になります。

アカウントへログイン後、必要事項を全て入力して支払い手続きを済ませたら、印刷したラベルを荷物に貼り付けポストか窓口へ出して発送完了です。

関連:クリックポストの送り方

レターパックライトで体温計を送る

レターパックライトの基本情報
送料 370円
サイズ A4サイズ・厚み3cm以内
重さ 4kg以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

体温計はレターパックライトで送ってもいいでしょう。レターパックライトは専用の封筒に入れて発送する送り方で、ダンボールや紙袋を用意する必要なく送ることができます。

日本郵便 レターパックライト






レターパックライトで送れるサイズは定形外郵便の規格内やクリックポストとほとんど変わりませんが、重量に関しては4kgまで対応しているので、封筒に入るだけの数の体温計を送ることができます。

レターパックライトの送料は全国一律370円になります。例として、秋田県から東京都に送った場合や、滋賀県から大分県に送った場合でも、送料は同じ370円になります。

レターパックライトは基本的に自宅ポストへの投函で受け渡しが完了となりますが、体温計は特に高価な品目ではないのでポスト投函で問題ないでしょう。

赤外線体温計など厚みが3cmを超える場合は、厚み制限がないレターパックプラスを利用して送ることもできます。

レターパックライトの発送方法は、まずは専用封筒を郵便局の窓口かローソン・ミニストップ・セイコーマートといったコンビニで購入します。

レターパックライトであれば青色の封筒、レターパックプラスであれば赤色の封筒になります。

専用封筒を購入後は、必要事項を記入してから送るものを梱包し、郵便局の窓口かポストへの投函で発送完了です。

関連:レターパックライトの送り方


メルカリの場合



◼一番安い最安値で送るなら定形外郵便

フリマアプリのメルカリで体温計を販売し発送する場合は、定形外郵便の規格内で送るのが最も安い発送方法となります。

ただし、定形外郵便には追跡サービスが付いていないので、受取人の虚偽申告など配送トラブルが起きる可能性があります。

そのため、メルカリの取引では定形外郵便はあまりおすすめできません。メルカリで販売したものを送る際は、追跡が必須だと思っておいた方がいいでしょう。

◼追跡を付けて送るならゆうゆうメルカリ便のゆうパケット

追跡を付けて送るならゆうゆうメルカリ便のゆうパケットで送るのがいいでしょう。

ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットはメルカリと日本郵便が提携しているサービスで、通常のゆうパケットと同じサービスの内容でかつ、より安く送れるのが特徴です。

ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットは送料が日本全国一律料金で、どこへ送っても一律200円で送ることができます。

送料は定形外郵便の規格内と比較してもほとんど変わらないので、安全面からもゆうパケットで送るのが最もおすすめです。

ただし、送れる厚さは3cmまでとなるので、厚みが3cmを超える赤外線体温計などは、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送りましょう。箱型であれば厚みも5cmまで対応しているので問題なく送ることができます。

◼着払いで送りたいなら通常のゆうパケット

上記したメルカリ便では着払いにして送ることはできないため、送料分も計算した上で出品時に商品代金に含める必要があります。

そのため、着払いにして送りたい場合には通常のゆうパケットを利用して送るようにするといいでしょう。追跡サービスも付いているので、配送トラブルが多いメルカリでもおすすめです。

厚みが3cmを超える体温計を着払いにして送る場合は、通常の宅急便コンパクトを利用しましょう。

ただし、メルカリ便の特徴である匿名配送や宛名書き不要といったサービスは、通常のゆうパケットや宅急便コンパクトで送った場合には利用できないのでその点はご了承ください。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

水筒水筒・タンブラーを安く送る発送方法と梱包方法
クッション・ソファーソファーを安く送る発送方法と梱包方法
カーディガンカーディガンを安く送る発送方法と梱包方法
金魚水槽を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
トートバッグトートバッグを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ