Amazonギフト券を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




Amazonギフト券(アマギフ)をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

送料が一番安い最安値の送り方はミニレターで、定形郵便やレターパックプラスでも送ることができます。

大きいダンボールに入れて配送するヤマト運輸の宅急便や日本郵便のゆうパックを使うと送料が高くなるのでご注意ください。

また、Amazonギフト券を現金書留で送ることはできません。

Amazonギフト券の梱包方法

◼カードタイプの場合

コンビニでも簡単に購入できるカードタイプのAmazonギフト券の梱包方法は、まずは水濡れ防止としてOPP袋へ入れます。

クリスタルパック OPP袋(透明袋)






防水対策をした後は、カードが折れないようにダンボール板や厚紙で挟みます。

ダンボール板はカードより一回り程度大きくなるようにカットし、配送中にズレないようテープで固定しておきましょう。

ダンボール板 A4サイズ対応






ただし、送り方によっては厚みを抑える必要があるので、その場合は1~1.5mm程度の段目が目立たない薄いダンボール板を使うことをおすすめします。

カードを保護した後は封筒へ入れて梱包完了ですが、念のため封筒には「折曲厳禁」と書いておくといいでしょう。

◼商品券タイプの場合

商品券タイプのAmazonギフト券の梱包方法は、購入時に厚めの封筒に入っているので、開封せずにそのままOPP袋やビニール袋へ入れて防水対策をします。

封筒が厚い分カードタイプより強度があるのでダンボール板などは必要ありませんが、OPP袋の上からプチプチで全体を覆うか、またはクッション付き封筒に入れます。

プチプチ袋(粒は外側)






ギフト券が封入されている封筒の幅は約9cmなので、それ以上大きいサイズの封筒に入れて梱包完了です。

商品券タイプの場合も封筒には「折曲厳禁」と記載しておくことをおすすめします。

◼配送タイプの場合

ボックスタイプ・グリーディングカードタイプ・封筒タイプなど、贈答用に包装された配送タイプのAmazonギフト券の梱包方法です。

ボックスタイプは箱の中にギフト券が入っているタイプで箱の素材には紙や缶が使用されていますが、配送中の衝撃で箱がへこんだり塗装が剥げることがあるので、必ず防水対策後にプチプチでしっかり保護します。

グリーディングカードタイプの場合は、グリーディングカード・Amazonギフト券・化粧封筒の3点があるので、必要に応じてメッセージを記入し、それぞれまとめてOPP袋とプチプチで包みます。

封筒タイプは商品券タイプとほとんど変わらないので、梱包は同じようにOPP袋とプチプチを使用します。

最後に、サイズに適した封筒や小型のダンボールへ入れて梱包完了です。

また、配送タイプで使われるAmazonギフト券は、カードタイプと同じプリペイドカードになっています。

ミニレターでAmazonギフト券を送る

ミニレターの基本情報
送料 63円
最大サイズ 専用封筒に収まるサイズ
最大重量 25g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

Amazonギフト券を送るならミニレターが最も安い送り方になります。ミニレターの厚さ制限は1cmまでとなるので、厚みが出ない梱包で1枚程度送る場合などに利用しましょう。

日本郵便 ミニレター 郵便書簡






カードタイプか封筒から取り出した商品券タイプのAmazonギフト券であれば、梱包の厚み次第でミニレターの専用封筒の中に入れて送ることができます。

ミニレターは重量に関しても最大25gまでと厳しい制限はありますが、商品券タイプであれば1枚あたりの重量は約1g、プリペイドカードの場合でも1枚あたりの重量は1~2g程度となります。

贈答用の箱や化粧封筒に入れて送る配送タイプの場合は、サイズや重量が制限をオーバーするため送ることはできません。

送料は全国一律63円で、例えば大阪府から長野県に送る場合でも、福岡県から秋田県に送る場合でも、送料は63円で送ることができます。

注意点として、ミニレターには追跡サービスが付いていないので、額面が高くなるAmazonギフト券の場合は一般書留や簡易書留を付けることをおすすめします。

また、通常の発送だと配達もポスト投函で完了となるので、万が一の紛失や盗難を防ぐためにも、Amazonギフト券を送る際は書留を付けて送るのがいいでしょう。

ミニレターの発送方法は、専用封筒を郵便局の窓口やインターネット上で購入し、送りたいものを入れるだけで発送することができます。切手を貼る必要もありません。

ミニレターはポスト投函も可能ですが、厚みや重量が規定を超えていると返還されてしまうので、心配な場合は窓口から送るようにしましょう。

関連:ミニレターの送り方

定形郵便でAmazonギフト券を送る

定形郵便の基本情報
予想送料 84円~
予想サイズ 25g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

Amazonギフト券の発送には定形郵便もおすすめです。定形郵便は長辺23.5cm・短辺12cm・厚さ1cm以内・重量50g以内の荷物を送れる送り方で、ミニレター同様に厚みが出ない場合は利用してもいいでしょう。

透けない封筒 テープ付 長形3号






定形郵便の送料は全国一律料金で、25g以内であれば84円、26~50g以内であれば94円となります。

例として、25g以内のAmazonギフト券を栃木県から愛知県に送る場合でも、千葉県から岡山県に送る場合でも、送料は全国一律84円で送ることができます。

ミニレターに比べて送料は21~31円ほど高くなりますが、定形郵便の場合は重量が最大50gまで送ることができるので、ミニレターの重量に収まらない場合に利用するのがいいでしょう。

ただし、定形郵便でも配送タイプのAmazonギフト券は送ることが難しいので、その場合は定形外郵便か後述するレターパックプラスで送ることになります。

配送タイプで使用される箱は厚み3cm以下のものがほとんどなので、定形外郵便で送る場合は規格内で発送することができます。

注意点として、定形郵便にも追跡サービスは付いていないので、高額になるAmazonギフト券を送る場合はオプションで書留を付けることをおすすめします。

書留を付けると万が一の配達事故が起きても補償が受けられるので、高額なAmazonギフト券でも安心して送ることができます。

定形郵便の発送方法は、梱包したAmazonギフト券をポスト投函か窓口から出して発送完了です。

Amazonギフト券が高額になる場合は、窓口から出したほうがより安全に発送することができるでしょう。

関連:定形郵便の送り方

レターパックプラスでAmazonギフト券を送る

レターパックプラスの基本情報
送料 520円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

Amazonギフト券はレターパックプラスでも送ることができます。レターパックプラスは専用の封筒に入れて発送する送り方で、封筒に収まれば厚みや重量に制限はないため配送タイプでも問題なく送ることができます。

日本郵便レターパックプラス






レターパックプラスは封筒のままでも使うことができますが、手を加えて箱型に変形させることもできるので、ボックスタイプのAmazonギフト券は形状に合わせて形を変えてもいいでしょう。

レターパックプラスの送料は全国一律520円で、例えば北海道から東京都に送った場合や、神奈川県から熊本県に送った場合でも、520円で送ることができます。

ただし、Amazonギフト券は重量がない品目になるので、基本的にはレターパックプラスより定形外郵便で送った方が送料は安くなります。

レターパックプラスを利用するメリットとしては、自分で梱包用の封筒やダンボールを用意しなくていい点や、始めから追跡サービスが付いている点などが挙げられます。

レターパックプラスの発送方法は、まずは郵便局やコンビニ、ネット上から専用の封筒を購入します。

封筒には厚み制限がある青色のレターパックライトと、厚み制限がない赤色のレターパックプラスの二種類があるので間違わないようにご注意ください。

購入した封筒に必要事項を記入して荷物を梱包すれば、あとは郵便局の窓口か集荷を依頼して発送完了となります。

関連:レターパックプラスの送り方


誕生日など配達日を指定したい場合

Amazonギフト券を誕生日など特定の日に送りたい場合は、定形郵便に配達日指定のオプションを付けるのが最も安い送り方になります。

配達日を指定して送る方法は、郵便局備え付けの配達日指定シールに希望する日付を記入し、郵便物へ貼り付けることで送ることができます。

定形郵便で配達日を指定する場合は、原則としてポスト投函ではなく窓口からの発送となります。

定形郵便を配達日指定した送料の例として、25g以下のAmazonギフト券を平日指定で送った場合の送料は116円、休日を指定して送った場合の送料は294円になります。

ただし、簡易書留や一般書留を付けて送る場合は、別途書留のオプション料金が加算されます。

また、配達日は日曜日などの休日でも指定して届けることができますが、差出日の翌々日から起算して10日以内の日で指定する必要があるので、日数には余裕を持って送るようにしましょう。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

水筒水筒・タンブラーを安く送る発送方法と梱包方法
クッション・ソファーソファーを安く送る発送方法と梱包方法
カーディガンカーディガンを安く送る発送方法と梱包方法
金魚水槽を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
トートバッグトートバッグを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ