ラッシュガードを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




ラッシュガードをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安い最安値の送り方はクリックポストで、定形外郵便やレターパックライトでも安く送ることができます。

大きいダンボールに入れて配送するヤマト運輸の宅急便や日本郵便のゆうパックを使うと送料が高くなるのでご注意ください。


ラッシュガードの梱包方法

ラッシュガードの梱包方法は、まずはラッシュガードを梱包しやすいようコンパクトに折り畳みます。

ラッシュガードは着用シーンによってプルオーバータイプやパーカータイプ、パンツタイプだとラッシュレギンスやラッシュトレンカなど様々なタイプがありますが、畳み方は一般的な衣類と同じで問題ありません。

コンパクトにした後は、雨などで濡れないようOPP袋へ入れます。海やプールで着用するラッシュガードは基本的に水に濡れても問題ない品目ではありますが、汚れが付くのを防ぐ意味でも防水対策をしておきます。

透明OPP袋 テープ付き






OPP袋へ入れた後はプチプチで保護していきます。

ラッシュガードに使われる素材はゴムのような性質を持ったポリウレタンやポリエステル、またはナイロンがほとんどで、普通の衣服に比べて耐衝撃性に優れているためプチプチは1枚巻くだけで十分です。

プチプチ袋 A4サイズ 3層






プチプチで包んだ後は、送り方に合わせて宅配袋や専用の封筒へ入れて梱包完了です。

注意点として、プチプチだけでは送らずに、外からラッシュガードが見えない状態にして送りましょう。特にレディース用を送る場合は必ず中身が分からないように配慮しておきます。

クリックポストでラッシュガードを送る

クリックポストの基本情報
送料 188円
サイズ 厚み3cm以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

ラッシュガードはクリックポストが最も送料の安い送り方になります。クリックポストは長辺34cm・短辺25cm・厚さ3cm・重量1kg以内に対応している送り方で、上下どちらかのみを送る場合に利用しましょう。

ゆうパケット、クリックポスト、メルカリ便対応の段ボール






クリックポストは厚さが3cmまでと厳しい制限があるため、ラッシュガードはトップスかボトムスのどちらかしか送りことはできませんが、その分送料は全国一律188円で送ることができます。

3cm以内に収まる場合は定形外郵便の規格内でも安く送ることはできますが、ラッシュガードは上下どちらかのみでもほとんどの場合重量が100gを超えるため、101〜150gで210円する規格内よりクリックポストの方が安くなります。

ただし、子供用のラッシュガードだと重量が100g以下の物もあるので、その場合は定形外郵便で発送することをおすすめします。

また、トップスでパーカータイプなどは折り畳んでも厚みがありクリックポストでは送れない可能性があるので、その場合も定形外郵便で送るのがいいでしょう。

クリックポストの発送方法は、Yahoo! JAPAN IDかAmazonアカウントを取得後、Yahoo!ウォレットかAmazon Payへの登録が必要になります。

アカウントへログイン後、必要事項を入力して支払い手続きをしましょう。手続き完了後にラベルを印刷して荷物に貼り付けたら、ポストか窓口から発送することができます。

注意点として、クリックポストは郵便受けへの投函で配達完了となるので、前述したようにラッシュガードのような品目は必ず中身が分からないように梱包しておきましょう。

関連:クリックポストの送り方

定形外郵便でラッシュガードを送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 350円~
予想サイズ 250g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

ラッシュガードは定形外郵便で送ってもいいでしょう。規格内だとクリックポストの方が安くなる可能性が高いので、梱包時の厚みが3cmを超える場合に利用するのがおすすめです。

定形外(規格外)サイズのダンボール






定形外郵便には規格内と規格外がありますが、折り畳んで厚みを3cm以内に収めることができれば規格内で送ることができます。折り畳んでも厚みが3cmを超える場合は規格外で送ることになります。

定形外郵便の送料は全国一律料金で、例として規格内で重量が200gのラッシュガードを送る場合の送料は250円、規格外で重量が300gある場合の送料は510円になります。

上下セットで送るような場合や、複数着送る場合に定形外郵便の規格外を利用するのがいいでしょう。

ラッシュガードは、子供用やラッシュガードのタイプ、あるいは枚数などで送り方が変わってくるので、必ず梱包時の厚さと重量を調べておくことをおすすめします。

定形外郵便の発送方法は、郵便局の窓口へ直接持ち運ぶかポストへの投函で完了になります。規格内で送る場合はポスト投函、規格外で送る場合は投函口に入らないので窓口からの発送になります。

正確なサイズなど、発送に関して分からない点がある場合は、窓口へ持ち込んだ際に相談することもできます。

関連:定形外郵便の送り方

レターパックライトでラッシュガードを送る

レターパックライトの基本情報
送料 370円
サイズ A4サイズ・厚み3cm以内
重さ 4kg以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

ラッシュガードはレターパックライトでも送ることができます。レターパックライトは専用の封筒に入れて全国一律370円で荷物を送ることができる発送方法で、梱包用の紙袋などを用意するのが面倒な場合に利用するのがいいでしょう。

日本郵便 レターパックライト






厚さの制限がクリックポストや定形外郵便の規格内と同じ3cmなのに対し、送料は370円と高くなりますが、レターパックライトはコンビニなどで販売されている専用の封筒を購入して中に入れるだけで送ることができます。

重量制限は4kgまで梱包可能なので、ラッシュガードで重量オーバーすることもありません。

また、厚みが3cmを超える場合は、厚み制限がないレターパックプラスでも送ることができます。送料は全国一律520円で、場合によっては定形外郵便の規格外で送るより送料が安くなる可能性があります。

例えば、ラッシュガードを上下セットや複数着送る場合、総重量が500gを超えると定形外郵便は710円以上かかりますが、レターパックプラスは封筒に入れば520円で送ることができます。

レターパックプラスの発送方法は、まずは郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)、ネット上から専用の封筒を購入します。

前述したように、封筒には厚み制限がある青色のレターパックライトと、厚み制限がない赤色のレターパックプラスの二種類があるので間違わないようにご注意ください。

ラッシュガードを梱包して発送の準備ができたら、郵便局の窓口か集荷を依頼して発送完了となります。

関連:レターパックライトの送り方

メルカリの場合



◼一番安い最安値で送るならゆうゆうメルカリ便のゆうパケット

フリマアプリのメルカリでラッシュガードを販売して発送する場合は、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットで送るのが最も安い発送方法となります。

ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットはメルカリと日本郵便が提携しているサービスで、通常のゆうパケットと同じサービスの内容でかつ、より安く送れるのが特徴です。

ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットの送料は全国一律175円なので、千葉県から奈良県や大分県など、どこへ送っても送料は変わりません。

ゆうパケットを利用する場合は、前述しているようにラッシュガードが見えないよう梱包を工夫して発送しましょう。

メルカリではプチプチのみで商品を発送される出品者もいますが、雑な梱包で中身が見えているとクレームや悪い評価を受ける原因になるのでご注意ください。

また、ゆうパケットの厚さ制限は3cmまでとなるので、ラッシュガードの種類や枚数によっては利用できない可能性があります。

ゆうパケットでサイズオーバーする場合は、以下のらくらくメルカリ便の宅急便コンパクトを利用しましょう。

◼厚さがあるなららくらくメルカリ便の宅急便コンパクト

梱包時の厚みが3cm以上あるラッシュガードをメルカリで送る場合は、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトを利用するのがおすすめです。

らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトもメルカリとヤマト運輸が提携している独自のサービスで、全国一律380円で送ることができます。

宅急便コンパクトで利用する専用BOXは薄型と箱型の2種類がありますが、形状的にも薄型の封筒を使って送るのがいいでしょう。しっかり封ができれば多少厚みがあっても問題ありません。

ただし、メルカリでのラッシュガードは1,000円以下など比較的安価な価格帯で取引されている品目なので、できる限り梱包は3cm以内に収めてゆうパケットで送ることをおすすめします。

◼着払いで送りたいなら通常のゆうパケット

上記したメルカリ便では着払いにして送ることはできないため、送料分も計算した上で出品時に商品代金に含める必要があります。

そのため、着払いにして送りたい場合には通常のゆうパケットを利用して送ることになります。追跡サービスも付いているので、メルカリで多い配送トラブルも防ぐことができます。

送料に関しても通常のゆうパケットは全国一律250円になるので、配送距離で送料が高くなる送り方に比べて受け取る側も大きな負担にはなりません。

厚みが3cmを超える場合は宅急便コンパクトでも着払いにして送ることができますが、宅急便コンパクトの場合は配送距離で送料が変わるのでご注意ください。

また、メルカリ便の特徴である匿名配送や宛名書き不要といったサービスは、通常のゆうパケットや宅急便コンパクトで送った場合には利用できないのでその点はご了承ください。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

食べ物お土産のお菓子を安く送る発送方法と梱包方法
アイスアイスクリームを安く送る発送方法と梱包方法!海外発送についても
郵便カップラーメンを郵送で安く送る発送方法と梱包方法!海外発送についても
ヤマト運輸三輪車を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
握手握手券を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 188円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 188円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ