ルービックキューブを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




ルービックキューブをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安い最安値の送り方は定形外郵便で、レターパックプラスやゆうパックでも送ることができます。

小さい荷物を送るための定形郵便やクリックポスト、レターパックライトなどでは厚さが足らず送ることができないのでご注意下さい。

ルービックキューブの梱包方法

ルービックキューブを送る際は、まず商品自体の箱がある場合はその箱の中に入れます。

次に箱がある場合は箱の上から、箱がない場合にはルービックキューブ本体の上から直接、雨濡れ対策としてOPP袋と呼ばれる透明な袋で包みます。OPP袋は100円ショップでも購入できます。

透明OPP袋 テープ付き






スーパーでもらえるようなビニール袋でも雨濡れ対策の役目は果たせますが、受取人の印象としてはあまり良くないのでOPP袋の用意をおすすめします。

次に配送中の破損を防ぐためOPP袋から包んだ上からプチプチで包みます。

プチプチ袋 A4サイズ 3層






ただし配送方法にレターパックプラスや宅急便コンパクトを選択した場合、プチプチで厚さが増してしまうと梱包材に入らなくなってしまうケースもあるので、そのような場合はOPP袋で包んだ状態でそのまま梱包材に入れてしまって問題ありません。

宅配袋 ラミネート付






定形外郵便やゆうパックで送る場合では、最後にダンボールや紙袋などの梱包材に入れて梱包完了となります。

定形外郵便で送る場合には重量が増えるのを防ぐためにも紙袋での梱包はおすすめです。

ワレモノシール






配送中に雑に扱われるのを防ぐためにワレモノシールを梱包材の上に貼り付けるのもおすすめです。

定形外郵便でルービックキューブを送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 300円
予想サイズ 150g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

ルービックキューブを送るとき最も安い送り方は日本郵便の定形外郵便となります。定形外郵便は普通郵便として扱われている送り方で、荷物のサイズによって規格内と規格外という2つの規格に分かれています。

規格内は厚さが3cm以内でないといけないため、ルービックキューブを送る際は必然的に規格外になります。

定形外(規格外)サイズのダンボール






定形外郵便の送料は日本全国一律料金となっており、その送料自体は荷物の重量によって変わる料金体系となっています。

一般的なルービックキューブであれば3×3から5×5のものまで重量は100g前後となっているため、梱包材の重さを含めても150g以内のサイズで収まるので、送料は全国一律300円です。

定形外郵便の発送方法は、梱包した荷物を郵便局の窓口で差し出して完了となります。

定形外郵便はポスト投函も可能ですが、今回のような規格外でルービックキューブを送るような場合になるとポストの投函口に入らないので必ず窓口からの発送となります。

定形外郵便の送料の支払い方法は切手での支払いとなりますが、窓口から差し出す場合であれば切手の用意がなくとも窓口で送料分を現金、またはクレジットカード・電子マネー・スマホQRコード支払い等のキャッシュレス決済で支払うことで差し出しが可能です。

関連:定形外郵便の送り方

レターパックプラスでルービックキューブを送る

レターパックプラスの基本情報
送料 520円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

ルービックキューブを送るときは日本郵便のレターパックプラスもおすすめの送り方になります。

レターパックプラスは郵便局やローソン、ミニストップなどのコンビニで520円で販売されている専用封筒を購入し、その中に荷物を入れて送る配送方法で、送料は封筒購入時の520円のみとなります。

日本郵便レターパックプラス






レターパックプラスの専用封筒の大きさはA4サイズですが、レターパックプラスでは厚さの制限がないため、封筒の封がしまっていれば封筒を折り曲げて箱型に加工したりしても問題ありません。

そのため、一般的な3×3程度のルービックキューブであれば箱を加工したりすることで問題なく送ることができます。

ただし5×5など大きなサイズのものになってくるとレターパックプラスで送るのは厳しくなってくるので、入り切らなかった場合は無理をせず定形外郵便やゆうパックで送るようにして下さい。

なお、レターパックには370円で利用できる青色のレターパックライトも存在しますが、こちらは同じ封筒の大きさでかつ厚さが3cmまでしか対応していないので、ルービックキューブを送ることはできませんのでご注意下さい。

レターパックプラスの発送方法は、郵便局やコンビニで購入した専用封筒にルービックキューブを入れて封をし、郵便局の窓口で差し出して発送完了となります。

レターパックプラスもポスト投函は可能ですが、ルービックキューブを送るような場合、厚さ的にポストの投函口に入らないので必ず窓口から発送を行う必要があります。

関連:レターパックプラスの送り方

ゆうパックでルービックキューブを送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 810円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

ルービックキューブは日本郵便のゆうパックでも送ることができます。

特に5×5以上のサイズのものなど大型のルービックキューブを送る際は最大で三辺の合計が170cmまで対応しているゆうパックであれば問題なく送ることができます。

また、ルービックキューブを複数個セットで送る際にもゆうパックはおすすめです。ルービックキューブを一つ送るような場合であれば最小サイズの60サイズで充分収まります。

ダンボール 段ボール 60サイズ






ゆうパックの送料は配送距離と荷物のサイズによって決まります。例として60サイズで梱包したルービックキューブを神奈川県から埼玉県に送る場合で870円、同じく60サイズを神奈川県から大阪府に送る場合で970円となります。

また、ゆうパックには元から補償サービスも付いているため、高価なルービックキューブを送るような場合でも安心して送ることが可能です。

ゆうパックの発送方法は、ゆうパック専用の伝票ラベルを郵便局やコンビニで入手し、そちらに必要事項を記入した上で荷物と一緒に窓口またはコンビニで差し出します。

ゆうパックでは集荷も利用できますが、ルービックキューブを送るような場合だと荷物も軽いので持ち込み割引を適用させるためにも自分で郵便局などに持ち込むことをおすすめします。

関連:ゆうパックの送り方


メルカリの場合



◼一番安い最安値で送るなら定形外郵便

フリマアプリのメルカリでルービックキューブを販売し、発送する場合は定形外郵便(規格外)で送るのが最も安い発送方法となります。

ただし、定形外郵便には追跡サービスが付いていないため、万が一購入者に購入したルービックキューブが到着しないというクレームをもらった場合、追跡することができないので本当に届いていないのか虚偽申告をされているのかも確認できません。

そのため、メルカリでの取引の際に利用するのはあまりおすすめできない送り方となっています。

◼追跡を付けたいならゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラス

メルカリの取引でルービックキューブを送る際、追跡サービスを付けて送りたい場合にはメルカリ独自の送り方であるゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスがおすすめです。

ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスはメルカリと日本郵便が提携しているサービスで、ゆうパケットプラスはメルカリでしか利用できない独自の送り方となっています。

ゆうパケットプラスの送料は日本全国一律375円で、利用する際には郵便局やローソンで別途65円で販売されている専用箱を使って梱包する必要があります。

ゆうパケットプラスでは厚さが最大で7cmまで対応しているので、ルービックキューブを送る場合であればまず問題なく専用箱に収めることができます。

◼着払いで送りたいなら通常のゆうパック

上記したゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスでは着払いにして送ることはできないため、送料分も計算した上で出品時に商品代金に含める必要があります。

メルカリでの取引でルービックキューブを送る際でも、着払いにして送りたい場合には日本郵便の通常のゆうパックを利用して送るようにすると良いでしょう。追跡サービスも付いているので配送トラブルも発生しにくく、メルカリでの利用にもおすすめです。

ただし、前述したゆうゆうメルカリ便の特徴である匿名配送や宛名書き不要といったサービスは、通常のゆうパックで送った場合には利用できないのでその点はご了承ください。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

水筒水筒・タンブラーを安く送る発送方法と梱包方法
クッション・ソファーソファーを安く送る発送方法と梱包方法
カーディガンカーディガンを安く送る発送方法と梱包方法
金魚水槽を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
トートバッグトートバッグを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ