掛け軸を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




掛け軸をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに掛け軸を出品する方も参考にしてみてください。

掛け軸の送料が一番安い最安値の送り方は定形外郵便で、高価な掛け軸を送る場合は、日本郵便のゆうパックやヤマト運輸の宅急便で送るのがおすすめです。

掛け軸は素手で取り扱うのが基本です。もちろん手洗いを済ませた清潔な手に限りです。手袋をはめて掛け軸に触れると、手袋の繊維に紙が引っかかることで掛け軸を傷めることがありますのでご注意ください。

掛け軸の梱包方法

掛け軸を取り扱う際は手袋などは使わずに、慎重な取り扱いが必要であるからこそ、直接感覚を認識できる清潔な素手で掛け軸を扱うようにしましょう。

壁に飾ってある掛け軸を外す際、以下の手順で行うようにしてください。掛け軸はとてもデリケートなため、扱い方を誤るとすぐに傷んでしまうため、取り扱いには細心の注意を払うようにしましょう。

◼梱包前の掛け軸の外し方

1:太巻芯がある場合は前後を確認して芯を取り付けます。

2:軸先に手を添え、ゆっくりと水平に巻き上げる。強く巻きすぎないよう注意してください。

3:ある程度巻き上げたら軸を片手で持ち、矢筈を使って掛緒を金具から外します。風帯がついている場合、風帯を巻き込まないよう気を付けます。

4:掛け軸が弛んだり、折れ曲がったりしないよう注意しながら、平らな場所に置きましょう。

5:矢筈を外し、風帯がついてる場合は風帯を軸に平行になるよう折りこみます。左、右の順に折り、風帯が軸からはみ出す場合ははみ出さないよう折ります。

6:巻紙を当てて掛け軸を全部巻き上げます。

7:巻緒を中央に寄せ、軸を緒に絡めるように動かして巻きつける。強く巻かないよう注意してください。

◼掛け軸の梱包手順

掛け軸を巻き終えたら、画題と作者の名前が記された「共箱」と呼ばれる桐箱に入れます。箱に掛け軸を入れた状態で軽く振り、カタカタと音がするようなら、掛け軸の軸先が桐箱に当たっている証拠です。

桐箱からカタカタと音がするようなら、配送中に軸先が取れてしまった等の事故が起こり兼ねないため、桐箱の中に薄紙や綿を入れ、軸が動かないよう固定してください。

次に、桐箱の上からプチプチで2重、3重と厚めに巻いていき、テープでがっちりと固定します。

プチプチロール 幅600mm×10M






掛け軸よりも一回り大きいダンボールに掛け軸を入れ、ダンボールと掛け軸の隙間を緩衝材で埋め、ダンボールの蓋を閉めたら梱包作業は完了となります。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ






高価な掛け軸を送る際には念のため、ダンボールの上面に「コワレモノ注意」と目立つように書いておくか、シールを貼っておくと配達スタッフの人が配慮してくれる可能性が高まるでしょう。

ワレモノ注意シール





定形外郵便で掛け軸を送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 1,400円
予想サイズ 2kg以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

掛け軸を送る場合、定形外郵便で送るのが最も安い発送方法になります。定形外郵便は重さによって料金が決まり、さらに厚さ3㎝以内の規格内と厚さ3㎝以上の規格外に分けられます。

掛け軸の標準的なサイズは「尺五」といわれるサイズで、横幅が54.5cm、縦が190cmあります。それよりも少し幅が小さいものが「尺三」、広いものを「尺八」を言われています。

掛け軸のサイズは様々ですが、どのサイズも発送する際には丸めてからの梱包となり、厚さを3㎝以内にすることは難しいため、定形外郵便の規格外で送る必要があります。

角2封筒 A4サイズ 茶






掛け軸は湿気や乾燥に弱く、掛け軸を年中飾っておくことは出来ません。そのため季節ごとに別の掛け軸と交換する必要があるため、掛け軸をしまう桐箱も基本的には手元にあるはずです。

掛け軸を送る際には、桐箱にきちんと閉まってから発送するようにしましょう。掛け軸は壁に掛けて楽しむものなので、掛け軸自体に重さはそれほどありませんが、桐箱の重さが掛かってくるため、総重量は1㎏は超えるでしょう。

重量2㎏以内の掛け軸を定形外郵便の規格外で送った場合の送料は、全国一律1,400円と、北海道から沖縄まで全国一律料金で送ることが出来るため、定形外郵便は他の配送料金に比べてもかなり安いと言えます。

ただし、定形外郵便には追跡や補償が付かないため、歴史のある高価な掛け軸などは、この先も価値が高まる可能性がある品物のため、少し送料が高くなったとしても安心して送ることのできる別の送り方を考えるようにしましょう。

関連:定形外郵便の送り方

ゆうパックで掛け軸を送る

ゆうパックの基本情報
送料 1,030円〜
サイズ 80サイズ
重量 25kgまで
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

横山大観や葛飾北斎といった日本人の誰もが知る人気作家が作った本物の掛け軸は、品物によっては数百万円~数千万円もの価値がつきます。

このような希少価値の高い掛け軸を送る場合は、追跡機能や補償がある日本郵便のゆうパックで送るようにしましょう。ゆうパックは3辺の長さの合計が170cm以内かつ重さ25kg以内の荷物であれば送ることが出来ます。

宅急便・宅配便・ゆうパック80サイズ対応段ボール箱






前述したように、掛け軸の標準的なサイズは「尺五」といわれるサイズで、54.5c×190cmほどのため、桐箱に掛け軸を収めた状態で梱包すると、荷物サイズは80サイズが予想されます。

例として、80サイズの荷物を東京都から北海道に送った場合の送料は1,530円で、80サイズの荷物を東京都から長野県に送った場合の送料は、1,100円です。

ゆうパックには自動的に30万円までの補償が付きますが、掛け軸の中にはゆうに30万円を超えてしまう物も沢山あるため、そのような場合は通常のゆうパックにセキュリティサービスを付加することをおすすめします。

セキュリティサービスとは、ゆうパックの基本料金に380円を加算すれば、50万円までの補償をつける事ができるものです。50万円近くする掛け軸を送る場合は、こちらのサービスを付けると良いでしょう。

ゆうパックの発送方法は、郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)でもらえる送り状に必要事項を記入し、郵便窓口かコンビニへの差し出しで完了となります。

関連:ゆうパックの送り方

宅急便で掛け軸を送る

宅急便の基本情報
予想送料 1,610円〜
予想サイズ 120サイズ
発送場所 ヤマト運輸の営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

掛け軸はヤマト運輸の宅急便でも送ることができます。宅急便は3辺の合計が160cm以内かつ重さ25kg以内の荷物が対象となります。

宅急便はゆうパックとは異なり、サイズ区分ごとに重量制限が設けられています。例えば、100サイズだと重量10kg以内、120サイズだと重量15kg以内、140サイズなら重量20kg以内で、送料はゆうパックよりも高くなります。

ダンボール 段ボール 120サイズ






四季花が描かれた掛け軸4本セットなどを送る場合は、荷物サイズは120サイズが予想されます。例として、120サイズの掛け軸を東京都から大阪府に送った場合の送料は1,720円です。

ヤマト運輸の宅急便は、ゆうパック同様に追加料金なしで追跡や補償のサービスを受けることが出来ます。補償額が最大30万円なので、高価な掛け軸を送る場合でも安心して送ることが出来ます。

宅急便の発送方法は、送り状を準備してからヤマト運輸の営業所やコンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)へ持ち込むか、無料の集荷依頼をして発送します。

宅急便とゆうパックの配送サービスに大きな違いはなく、利用料金も微差のため双方どちらの配送サービスを利用するかは、発送場所が自宅に近い方を利用することをおすすめします。

関連:宅急便の送り方

メルカリの場合



◼掛け軸を一番安く送るなら定形外郵便

横幅のある掛け軸は専用BOXを使って格安で送ることのできるメルカリ便のゆうパケットプラスや、宅急便コンパクトを使うことが出来ません。

定形外郵便の規格外は最長辺が60cm、縦・横・厚さの合計が90cmの物で、重量4㎏以内であれば送ることができるため、横幅のある掛け軸でも問題なく発送することが出来ます。

ただし、定形外郵便には追跡や補償が付いていないため、高値で掛け軸が売れた場合は定形外郵便で送ることは避け、別の送り方を考えるようにしましょう。

◼高価な掛け軸を送るならメルカリ便の宅急便かゆうパック

通常のゆうパックや宅急便の料金と違い、メルカリ便のゆうパックや宅急便の料金は配送距離に関係なく全国一律料金で設定されているため、遠くに掛け軸を送る場合であっても、かなり安く送ることが出来ます。

有名作家の掛け軸などはメルカリ内でも10万円近くの価格でやり取りされています。

高値で掛け軸が売れた場合に、追跡や補償のない定形外郵便で送ることは、あまりマナーとしてよくないため、安心して送ることの出来るメルカリ便の宅急便やゆうパックを利用するようにしましょう。

メルカリ便のゆうパックと宅急便に大きな違いはありませんが、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックは100サイズまでしか対応していないため、荷物のサイズが100サイズ以上になる場合は、メルカリ便の宅急便を利用するようにしましょう。


掛け軸が届くまでの配達日数

上記記載の追跡番号(お問い合わせ番号)が付与される送り方のゆうパック、宅急便で掛け軸を送るといつ届くのか、参考までに発送から配達までが完了した過去の実際の追跡結果は以下の通りです。

◼岐阜県から愛知県に発送されたゆうパック

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
07/04 15:28 引受 岐阜中央郵便局 岐阜県
07/04 15:45 中継 岐阜中央郵便局 岐阜県
07/04 22:49 中継 名古屋神宮郵便局 愛知県
07/05 02:13 到着 守山郵便局 愛知県
07/05 08:50 お届け先にお届け済み 守山郵便局 愛知県

7月4日(日曜日)の午後に岐阜県岐阜市から発送されたゆうパックは、翌日の7月5日(月曜日)の朝に配送先である愛知県名古屋市に配達が完了しています。

◼岐阜県から千葉県に発送されたゆうパック

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
07/04 15:50 引受 岐阜中央郵便局 岐阜県
07/04 17:22 中継 岐阜中央郵便局 岐阜県
07/05 10:31 到着 市川郵便局 千葉県
07/05 14:01 お届け先にお届け済み 市川郵便局 千葉県

7月4日(日曜日)の午後に岐阜県岐阜市から発送されたゆうパックは、翌日の7月5日(月曜日)の午後に配送先である千葉県市川市に配達が完了しています。

◼栃木県から栃木県に発送された宅急便

荷物状況 日付 時刻 担当店名
発送済み 07/22 15:40 小山駅南センター
配達完了 07/23 10:12 小山乙女センター

7月22日(木曜日)の午後に栃木県小山市から発送された宅急便は、7月23日(金曜日)の午前中に配送先である栃木県小山市に配達が完了しています。

◼栃木県から埼玉県に発送された宅急便

荷物状況 日付 時刻 担当店名
発送済み 07/25 16:50 小山駅南センター
配達完了 07/26 11:06 埼玉白岡センター

7月25日(木曜日)の夕方に栃木県小山市から発送された宅急便は、7月26日(金曜日)の午前中に配送先である埼玉県白岡市に配達が完了しています。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

水筒水筒・タンブラーを安く送る発送方法と梱包方法
ソファーソファーを安く送る発送方法と梱包方法
カーディガンカーディガンを安く送る発送方法と梱包方法
水槽の金魚水槽を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
エコバッグトートバッグを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ