空き缶を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




お菓子の空き缶や飲み物の空き缶など空き缶をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに空き缶出品している方も参考にしてみてください。

空き缶の送料が一番安い配送方法は定形外郵便で、速達級の速さで空き缶を送りたい場合はレターパックプラス、大量の空き缶を送りたい場合はゆうパックで送るのがおすすめです。

着払いで送る場合はゆうパックか宅急便を利用しましょう。

空き缶の梱包方法

空き缶に使われているアルミ素材は塩やしょうゆ、調味料や酢などの塩分や酸が空き缶に付着すると、金属が腐食して空き缶に穴があくことがあります。空き缶の保管場所や梱包方法には注意しましょう。

空き缶は錆びやすいという特性があるため、水濡れ厳禁です。まずは空き缶を水濡れ防止のためにサイズに合ったOPP袋に入れましょう。

透明OPP袋 テープ付き






空き缶は少しの衝撃で凹んだり傷が付く場合があるため、プチプチで空き缶を2重~3重に厚く巻いておきます。ただし割れ物ではないため、梱包に必ずダンボールを使わないといけないという事はありません。

プチプチ袋 A4サイズ 3層






最後に茶封筒や専用箱、ダンボールに空き箱を入れれば梱包は完成です。

定形外郵便で空き缶を送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 220円
予想サイズ 100g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

空き缶を送る場合、定形外郵便で送るのが最も安い発送方法になります。定形外郵便には厚さ3㎝まで送れる規格内と、厚さ3㎝以上の規格外のサイズ区分があり、配送料金は荷物の重量によって決まります。

ビールやチューハイ、ジュースなどの一般的な350mlの空き缶は、高さ約12.2cm×外径約6.6㎝です。空き缶を梱包した後の荷物サイズは厚さ3cmを超えてしまうため、定形外郵便の規格内では送ることができず、定形外郵便の規格外で送ることになります。

定形外郵便の規格外で送れる荷物の最大サイズは3辺の合計が90cm以内の90サイズまでで、長辺は60cm以内と決まりがあります。350mlの空き缶を定形外郵便の規格外で送るなら、送れる数は5本程度が限界でしょう。

角2封筒 A4サイズ 茶






定形外郵便の規格外の料金は重量が100g以内なら220円、150g以内なら300円、250g以内なら350円です。350mlの空き缶1個の重さはおよそ15gのため、空き缶を定形外郵便の規格外で5本送った場合の料金は全国一律220円~300円くらいです。

このように定形外郵便の料金は重さの軽い品目を送る場合に特に安くなり、他の配送方法に比べても断トツ安く低料金で設定されています。少しでも送料を安くしたいという方は定形外郵便で空き缶を発送することをおすすめします。

ただし定形外郵便は料金が安い分、追跡機能や補償などのサービスが付きませんのでその点をよく理解した上で発送してください。

定形外郵便の発送方法は郵便局の窓口へ荷物を持込むか、町中にある郵便ポストからの発送となります。郵便ポストは厚さ3cmまでの荷物しか入らないため、今回の空き缶は郵便局の窓口へ持ち込み発送するようにしましょう。

関連:定形外郵便の送り方

レターパックプラスで空き缶を送る

レターパックプラスの基本情報
送料 520円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

空き缶を早く届けたい場合はレターパックプラスを使うことをおすすめします。

このページの最後にあるレターパックプラスの追跡結果からも分かるように、秋田県から発送した荷物が翌日には東京都の配送先に到着しています。レターパックプラスは土日祝日でも配達が行われ、多くの場合翌日には荷物が到着しています。

ただし、配送先が北海道や沖縄県など遠方の場所であれば到着まで2日を要するケースもあります。

日本郵便レターパックプラス






レターパックプラスは重さ4㎏まで対応していて、専用封筒の封が閉まればどれだけ厚みがあっても送ることができるため、クッキーなどが入っていた厚さ4cm程のお洒落な空き缶をレターパックプラスの専用封筒に入れて送ることができます。

レターパックプラスは追跡機能付きで配達員による手渡しでのお届けとなるため、フリマアプリ等に空き缶を出品し送る場合、追跡記録から取引相手に無事荷物が届いたかを確認できるため非常に便利で安心な送り方です。

350mlの空き缶を5本くらいはレターパックプラスの専用封筒に入れて送ることができ、同じ5本を送る場合でも追跡なしの定形外郵便(220円~300円)で送るか、追跡ありのレターパックプラスで送るかは送る相手、状況によって選択すると良いでしょう。

専用封筒を売っている場所は郵便局の窓口以外にコンビニのローソン・ミニストップ・セイコーマートがあり、一部店舗のみとなりますがセブンイレブンとファミリーマートでも置いている店舗があります。

厚み3cmを超えるレターパックプラスの場合はポスト投函不可のため、郵便局の窓口へ差し出し発送完了となります。レターパックプラスの追跡番号シールは受取人に無事荷物が届くまで大切に保管しておきましょう。

関連:レターパックプラスの送り方

ゆうパックで空き缶を送る

ゆうパックの基本情報
送料 1,280円〜
サイズ 100サイズ
重量 25kgまで
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

空き缶を24本入りの1ケース分送る場合は、日本郵便のゆうパックがおすすめです。ゆうパックは3辺の長さの合計が170cm以内かつ重さ25kg以下の荷物が対象となっていて、一般的なものから業務用の荷物まで送ることができます。

最も一般的な350mlの空き缶を24本送る場合、ダンボールの大きさは41.2×28.3×13.3㎝で3辺の合計の長さは82.8cmで荷物サイズは100サイズとなり、250mlのミニサイズの空き缶を24本送る場合は荷物サイズが80サイズとなります。

ゆうパックの料金は荷物サイズと配送距離によって決定し、当然荷物サイズが大きければ大きいほど、配送距離が長くなれば長くなるほど料金は高くなります。

100サイズ ダンボール 便利線入り






350mlの空き缶の重さは1個15g程度で空き缶を1000個送る場合でもゆうパックの上限である重量25㎏には達しないため、空き缶を送る際にゆうパックの重量制限について気にする必要はありません。

ゆうパックの発送方法は、郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)でもらえるラベルに必要事項を記入し、郵便窓口かコンビニから発送することができます。

自分で持ち運ぶのが難しい場合は自宅まで取りに来てもらえる集荷を依頼しましょう。

少しでも費用を抑えたい場合は、直接持ち込むことで荷物1個につき120円の持込割引を受けることができます。持込割引は郵便局の窓口はもちろん、コンビニからの発送でも適用されます。

関連:ゆうパックの送り方

メルカリの場合



◼350mlの空き缶を送るならゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラス

メルカリにはメルカリ独自のゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラス(全国一律送料375円)と、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクト(全国一律送料380円)という格安の配送サービスがあります。

どちらも専用箱に送りたいものを入れて送る方法で、ゆうパケットプラスの箱は厚さ7cmまで対応しているため、外径6.6㎝の350mlの空き缶をゆうパケットプラスの専用箱に3本まで収めて送ることができます。

専用箱に入れるだけで梱包が完成するゆうパケットプラスは、梱包時間が短縮される上に、輸送中に他の荷物に押し潰されるなどの心配が少なく、外国製の希少価値の高い高値で売れた空き缶を安心安全に送るにはベストな配送方法と言えるでしょう。

◼焼き菓子が入っていた空き缶を送るならメルカリ便の宅急便かゆうパック

高価な焼き菓子が入っていた空き缶や外国製の空き缶などはお洒落なデザインのものが多く、メルカリ内でも大変人気でよく取引されています。

空き缶の厚さが3cm以内であれば格安配送方法のらくらくメルカリ便のネコポスや、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットも使えるのですが、焼き菓子が入っていた空き缶は大体厚さ5㎝以上の物が多くネコポスやゆうパケットを使うことができません。

日本郵便の定形外郵便(補償なし)を使えば安く送ることが可能ですが、せっかくなら追跡機能や安心サポートサービス付きのらくらくメルカリ便の宅急便や、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックなどメルカリ独自の配送方法を利用してみてはいかがでしょうか。

メルカリ便の宅急便とゆうパックは通常の宅急便とゆうパックとサービス内容はほとんど変わらないのに、配送距離に関係なく荷物サイズのみで料金が決定され、破格の安さで荷物を送るとができます。

例えば60サイズなら700円、80サイズなら800円、100サイズなら1,000円で利用することが可能です。ゆうゆうメルカリ便のゆうパックは100サイズまでしか対応していないため、特大の空き缶を送る場合はらくらくメルカリ便の宅急便を利用しましょう。


空き缶が届くまでの配達日数

上記記載の追跡番号(お問い合わせ番号)が付与される送り方のレターパックプラスとゆうパックで空き缶を送るといつ届くのか、参考までに発送から配達までが完了した過去の実際の追跡結果は以下の通りです。

◼山形県から青森県に発送されたレターパックプラス

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
11/19 17:03 引受 東根郵便局(村山大久保) 山形県
11/20 12:09 到着 弘前郵便局 青森県
11/20 14:27 お届け先にお届け済み 弘前郵便局 青森県

11月19日(土曜日)の夕方に山形県東根市から発送されたレターパックプラスは、翌日の11月20日(日曜日)の午後に配送先である青森県弘前市に配達が完了しています。

◼秋田県から東京都に発送されたレターパックプラス

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
10/25 17:55 引受 秋田中央郵便局 秋田県
10/26 08:36 到着 芝郵便局 東京都
10/26 11:00 お届け先にお届け済み 芝郵便局 東京都

10月25日(火曜日)の夕方に秋田県秋田市から発送されたレターパックプラスは、翌日の10月26日(水曜日)の午前中に配送先である東京都港区に配達が完了しています。

◼埼玉県から新潟県に発送されたゆうパック

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
10/21 15:19 引受 水富郵便局 埼玉県
10/21 18:53 中継 川越西郵便局 埼玉県
10/22 01:18 中継 新潟郵便局 新潟県
10/22 07:29 到着 柏崎郵便局 新潟県
10/22 18:51 お届け先にお届け済み 柏崎郵便局 新潟県

10月21日(金曜日)の午後に埼玉県狭山市から発送されたゆうパックは、翌日の10月22日(土曜日)の夕方に配送先である新潟県柏崎市に配達が完了しています。

◼千葉県から大阪府に発送されたゆうパック

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
10/21 09:41 引受 印西郵便局 千葉県
10/21 15:13 中継 松戸南郵便局/td>
千葉県
10/22 03:57 中継 新大阪郵便局南港分室 大阪府
10/22 07:29 到着 吹田千里郵便局 大阪府
10/22 18:49 お届け先にお届け済み 吹田千里郵便局 大阪府

10月21日(金曜日)の朝に千葉県印西市から発送されたゆうパックは、翌日の10月22日(土曜日)の夕方に配送先である大阪府吹田市に配達が完了しています。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す




関連記事

水筒水筒・タンブラーを安く送る発送方法と梱包方法
ソファーソファーを安く送る発送方法と梱包方法
カーディガンカーディガンを安く送る発送方法と梱包方法
水槽の金魚水槽を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
キャッシュカードキャッシュカードを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ