サンダルを安く送る発送方法と箱がいらない梱包方法




ビーチサンダル・ペタンコサンダル・コルク底サンダル・厚底サンダル・ヒール付きで高さがあるサンダル・クロックスをヤマト運輸(クロネコヤマト)・日本郵便・佐川急便などの宅配便や郵送で安く送ることが出来る発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

サンダルの安い送り方としては普通郵便・レターパックライト・レターパックプラスの3つの郵送での発送方法があり、大きいダンボールで送る郵便局のゆうパックやヤマト運輸の宅急便で送ってしまうと送料が高くなってしまうので注意が必要です。

また、サンダルの場合は梱包方法によっても送料が大きく変わってきますのでこのページでは安く送るための発送方法と梱包方法を合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

サンダルを普通郵便(定形外郵便)で送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 250円
予想サイズ 250g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
補償 なし

サンダルを料金的に一番安い最安値の送り方で送りたいのであれば、郵便局の窓口と郵便ポストへの投函で送ることが出来る普通郵便(定形外郵便)がおすすめです。

定形外郵便の中でもサイズの大きさで規格内と規格外に分けられ、34×25×3cm以内で1kg以下の荷物は規格内に、それ以外の荷物は規格外になるのですが、厚みがない薄いサンダルであれば十分規格内で送ることが出来ます。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







ただし料金が安い反面、ゆうパックなどに付いている荷物が今どこにあるのか確認出来る追跡サービスや盗難・紛失時の保障がありません。

もし心配であれば有料ですがオプションとして追跡と保障を付けることが出来る書留を付与することが出来るため利用するようにしましょう。

関連:定形外郵便の送り方

サンダルをレターパックで送る

レターパックライトの基本情報
送料 360円
サイズ A4サイズ・厚み3cm以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
補償 なし

配送中の荷物が今どこにあるか追跡することが出来る追跡サービス付きの送り方を利用するのであればレターパックが一番安い送り方となります。

普通郵便とは違い、レターパックライトは全国一律360円で3cmまでの荷物を送ることが出来て、レターパックプラスは全国一律510円で専用封筒に収まる荷物を送ることが出来ます。

日本郵便 レターパックライト






ちょっと大きいサンダルはレターパックプラスで送ると良いでしょう。厚み制限がないですし、サイズ的にもサンダルに合っています。

日本郵便レターパックプラス






レターパックを利用するメリットは、専用封筒を郵便局の窓口、ローソン・ミニストップ・セイコーマートといったコンビニのレジで購入し、サンダルをその中に入れて郵便局の窓口か郵便ポストに投函して送れば良いだけなので封筒やダンボールなどの梱包材を買わなくても大丈夫です。

なお、ポスト投函のときは、お問い合わせ番号(追跡番号)の記載されたシールを剥がすのを忘れないようにしましょう。お問い合わせ番号は、荷物の配送状況を追跡するときに必要になります。

関連:レターパックライトの送り方

サンダルをゆうパックで送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 800円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

厚底サンダルやヒール付きで高さがあるサンダルなど、普通郵便・レターパックライト・レターパックプラスの規定サイズに収まらない大きいサイズのものは郵便局の窓口とコンビニから送ることが出来るゆうパックの利用をおすすめします。

ゆうパックは24時間営業しているローソン・ミニストップ・セイコーマートのレジからでも送ることが出来るため非常に便利な送り方です。

着払い・追跡・配達日時指定を無料で利用することが出来ます。

サンダルをゆうパックで送る場合の料金は一番小さい60サイズ(3辺の合計が60cm以内)に収まるものが多いと思います。

ダンボール 段ボール 60サイズ






東京都から神奈川県までの発送で850円(持込割引適用前)、東京都から大阪府までの発送で950円(持込割引適用前)ほどとなります。

ここまで料金が上がるとさすがに送料が安いとは言えませんので、梱包材に大きさのあるダンボールを使わない簡易的なものにするなどして、料金が安い普通郵便かレターパックの利用に持ち込みたいところです。

関連:ゆうパックの送り方

サンダルの梱包方法

レターパックライトとレターパックプラスの場合は専用封筒があるため一番外側の封筒を別途購入する必要がないくらいで、普通郵便で送るとしても、レターパックライト・レターパックプラスで送るとしても、ゆうパックで送るとしてもサンダルの梱包方法は基本的には同じです。

サンダルのベストな梱包方法は、型崩れしないように内側から新聞紙など詰め物をした状態でプチプチで包み、最後に封筒またはダンボール箱で包む方法で、この梱包方法であればサイズが大きくなってしまう箱やケースを使う必要はありません。

プチプチロール 幅600mm×10M






内側から新聞紙など詰め物をした状態にすることで配送中に他の荷物に押しつぶされてしまうのを防ぐことが出来ます。

プチプチで包むことでサンダルに付いている飾りの花などが取れないようにするという狙いがありますが、そういった飾り等がないシンプルなサンダルは配送中のスレ防止のためのビニール袋で問題ないでしょう。

ビーチサンダルの場合はここまでする必要はありませんが、最近のサンダルはオシャレなものも増えていますのでこの梱包方法をぜひ実践してみてください。

関連:靴を宅配便で安く送る方法と梱包方法!箱ありと箱なしに対応


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
カメラデジカメを宅配便と郵送で安く送る発送方法と梱包方法
赤ちゃん出産祝いを郵送で送る時期と発送方法!手紙の同封についても
郵便エンジンオイルを安く送る発送方法と梱包方法
郵便座布団を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ