iPadなどタブレット本体を安く送る発送方法と梱包方法




iPad miniやiPad Airなどスマホよりも少し大きいサイズのタブレット本体をヤマト運輸(クロネコヤマト)・佐川急便・ 日本郵便などの宅配便で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ・フリル、そしてヤフオクなどの ネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

タブレットを送る場合、定形外郵便やクリックポストなどを利用すれば安いですが、郵便受けから盗難される恐れがあったり、補償が付いていなかったりと、リスクが大きいのでおすすめできません。

タブレットのように高価な精密機器を発送するときは、宅急便コンパクトやゆうパック、宅急便などを利用すると安全でしょう。

スポンサーリンク

タブレット本体の梱包方法

タブレットは水に濡れないよう、必ずビニール袋に入れましょう。念のため二重にしておくと安心です。次にその上からプチプチで巻きます。プチプチは100円ショップで購入できますが、ネットショッピングなどで送られてきた商品に巻かれていたものを再利用したほうが経済的でしょう。

精密機器なので、外装は袋ではなく段ボールなどの頑丈な箱を使用したほうがいいです。段ボールはホームセンターやネットショップなどでも販売されていますが、スーパーやコンビニで店員さんにお願いすれば、不要になったものを無料でもらえることがあります。

また、段ボールを自由に持ち帰れるようにしているスーパーもあります。箱にタブレットを入れたら配送中に動かないよう、隙間を新聞紙や緩衝材などで埋め、ガムテープでしっかりと封をしましょう。

エアー緩衝材 エアークッション 使いやすい箱入りタイプ エアー緩衝材のバラタイプ 全12種類



宅急便コンパクトでタブレット本体を送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 594円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 ヤマト運輸営業所・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

小さなサイズのタブレットなら、宅急便コンパクトがお得でしょう。宅急便コンパクトとは、65円で販売されている専用BOXに品物を入れて送る発送方法です。

専用BOXは、クロネコヤマト営業所や楽天やAmazonなどで購入することができます。専用BOXには2種類あり、薄型のものと5cmの高さのあるものがあります。

薄型BOXを使用する場合、明確な厚さ制限はないものの、あまり分厚いものは入りきらない作りになっています。タブレットなら薄型BOXでも入るかもしれませんが、外からの衝撃にやや弱いと思われます。

そこでおすすめしたいのが、5cmの高さのある専用BOXにタブレットを入れ、オプション資材「クイックフィットエコノ」で固定するという方法です。クイックフィットエコノは、伸縮性のあるフィルムで商品を固定できるアイテムです。

クイックフィットスーパーエコノ8(10セット)(白色)




クイックフィットエコノを使用すると少ない手間で包装できる上に、見た目もきれいに仕上がります。60円で販売されているので、専用BOXとともに購入するといいでしょう。宅急便コンパクトの利用料金は、配送元・配送先エリアによって異なります。

例えば関東から送る場合、お届け先が関東の場合は594円、関西の場合は648円、九州の場合は810円、沖縄の場合は864円かかります。ただし、クロネコメンバー割が適用されると10%割引に、クロネコメンバー割BIGが適用されると15%割引になります。

宅急便コンパクトを送るときはまず、ヤマト営業所で送り状をもらい、必要事項を記入しましょう。専用BOXを持っていない場合は購入し、タブレットを梱包します。そしてヤマト営業所やコンビニなどに持ち込むか、集荷をお願いするかして発送手続きを行いましょう。

クロネコメンバーズの人は、宅配ロッカーから送ることも可能です。なお、宅急便コンパクトは補償が付いていますが、限度額は3万円までということに注意しましょう。

ヤマト運輸 宅急便コンパクト 専用 梱包箱



宅急便でタブレット本体を送る

宅急便の基本情報
送料 756円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 ヤマト運輸営業所・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

タブレットを送るときには、クロネコヤマトの宅急便がおすすめです。宅急便なら大きめのタブレットでも送れますし、補償限度額は30万円までとなっています。宅急便の料金は、荷物の大きさと配送元・配送先エリアによって決まります。

例えば60サイズの荷物を関東から発送する場合、お届け先が関東の場合は756円、関西の場合は864円、九州の場合は1,188円、沖縄の場合は1,296円かかるでしょう。

宅急便で送るときは、宅急便コンパクトのような専用BOXはないので、自分で用意したもので梱包します。ヤマト営業所で送り状をもらい、必要事項を記入しましょう。

あとは荷物を集荷してもらうか、ヤマト営業所やコンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキなど)に持ち込むなどして、発送手続きを行ってください。

ダンボール 段ボール 60サイズ(265×200×125)B5サイズ【20枚セット】



ゆうパックでタブレット本体を送る

ゆうパックの基本情報
送料 740円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 ヤマト運輸営業所・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

タブレットを送るときは、ゆうパックを利用するのもいいでしょう。ゆうパックは破損したり紛失したりした際、30万円まで補償してもらうことが可能です。送料は荷物のサイズや配送元・配送先エリアによって異なります。

例えば東京から60サイズの荷物を発送する場合、お届け先が関東の場合は740円、近畿の場合は840円、九州の場合は1,170円、沖縄の場合は1,290円かかります。ですが割引制度が適用された場合、もっと安くすることができます。ゆうパックの割引制度は、以下の3つです。

・持込割引
・同一あて先割引
・複数口割引

持込割引とは、荷物を自分で郵便窓口に持ち込むと、120円の割引が受けられるという制度です。同一あて先割引とは、過去1年間に同じあて先にゆうパックを送ったことがある場合、そのときのゆうパックラベルの控えを荷物と一緒に差し出すことで、60円の割引が受けられるという制度です。

そして複数口割引とは、同じあて先の荷物を複数個同時に差し出すことで、1個あたり60円の割引を受けられるという制度です。持込割引はほかの割引制度と併用することができますが、同一あて先割引と複数口割引は同時に使えないという点に注意しましょう。

ゆうパックを送るときは、郵便局で伝票をもらって必要事項を記入します。そして伝票と荷物を郵便窓口またはコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)に差し出すか、集荷をお願いするかして発送手続きを行ってください。

関連:ゆうパックの送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリで売れたタブレットを送るときにおすすめなのは、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトと宅急便、そしてゆうゆうメルカリ便のゆうパックでしょう。

これらの配送方法はここまででご紹介してきたものと同じですが、メルカリ便として送る場合は、料金や送り方など異なる点があります。

まず料金は、宅急便コンパクトは380円、宅急便は60サイズで600円、ゆうパックは60サイズで600円となっています。宅急便コンパクトの専用BOXが65円なのは、メルカリ便でも変わりません。

◼︎らくらくメルカリ便の送り方

らくらくメルカリ便の送り方は、以下のとおりです。

1.配送方法をらくらくメルカリ便に設定しましょう。

2.取引画面で、発送方法や荷物のサイズなどを設定します。発送方法はヤマト営業所・コンビニ・集荷の中から選べます。ここで言うコンビニとは、ファミリーマートもしくはサークルK・サンクスのことです。

3.ヤマト営業所やコンビニに荷物を持ち込み、もしくは集荷してもらい、発送手続きをしましょう。

◼︎ゆうゆうメルカリ便の送り方

ゆうゆうメルカリ便の送り方は、以下のとおりです。

1.配送方法をゆうゆうメルカリ便に設定します。

2.取引画面で荷物のサイズや発送方法などを選択しましょう。発送方法は、郵便局とコンビニ(ローソン)があります。ただし、郵便局は専用プリンター「ゆうプリタッチ」が設置されているところでなければ、ゆうゆうメルカリ便を利用できません。

3.ゆうゆうメルカリ便に対応している郵便局、もしくはローソンに荷物を持ち込み、発送手続きを行いましょう。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

傘長い傘と折り畳み傘を安く送る方法とその梱包方法
タンクトップ・キャミソールタンクトップ・キャミソールを安く送る発送方法と梱包方法
dvdCD・DVD・ブルーレイを安く送る発送方法と梱包方法
野球のグローブ野球のグローブを安く送る発送方法と梱包方法
リボン・赤ちゃんシュシュ・リボン・ヘアゴムを安く送る発送方法と梱包方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ