液体を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




飲み物・化粧水・シャンプー等の液体をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

液体を送る場合、液漏れしない梱包を心がけましょう。

発送方法は定形外郵便・宅急便コンパクト・ゆうパックなどが適しています。レターパックライト・ゆうパケット・クリックポストで送るのは難しいためご注意ください。

スポンサーリンク

液体の梱包方法

液体の梱包で最も重要なのは、液漏れを防ぐことです。配送中に液体が漏れてほかの荷物を汚してしまうようなことがあれば、責任を問われる可能性があります。

まず、液体が容器やパッケージなどから絶対に漏れない状態であることを確認します。しっかり確認したら、液体を容器ごとビニール袋に入れましょう。

ビニール袋といっても、スーパーの袋は受取人に悪印象を与えかねないので、使うべきではありません。100円ショップで販売されているOPP袋が適しているでしょう。液漏れを防ぐためにビニール袋は二重にしておくと安心です。

透明OPP袋 テープ付き






次に、ビニール袋の上からプチプチを巻いていきます。プチプチは通販を利用したとき、商品の梱包に使用されていることが多いので、保管しておいて再利用するのが経済的です。

手元にプチプチがない場合は、100円ショップやホームセンター、ネットなどで購入できるでしょう。

プチプチロール 幅600mm×10M






そして液体をダンボールの中に入れます。ダンボールはスーパー・コンビニなどで無料でもらえます。

液体とダンボールのあいだに隙間ができるようなら、丸めた新聞紙や緩衝材などを詰め、配送中に液体が動かないように固定しましょう。

最後にダンボールのふたをガムテープで閉じます。これで梱包は完了です。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ





定形外郵便で液体を送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 340円
予想サイズ 250g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

重量が軽い液体を送る場合やあて先が遠方の場合、普通郵便の定形外郵便が一番安い最安値の送り方となる可能性が高いです。なぜなら定形外郵便の料金は重量制で、全国どこに送っても料金が変わらないからです。

対応している荷物のサイズは3辺の長さの合計が90cm以内、最長辺の長さが60cm以内で、重さは4kgまでとなっています。また、荷物のサイズによって規格内と規格外に分けられることになっており、規格内のほうが規格外よりも料金が安いです。

サイズが34×25×3cm以内、かつ重量が1kg以下の荷物であれば規格内で送ることができますが、それ以外の荷物であれば規格外で送ることになります。

シャンプーや化粧水の試供品など、小さな袋に入った液体であれば規格内で送れそうですが、ボトル入りの液体であれば規格外になるケースが多いでしょう。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







規格内の料金は、重さが50g以下の場合120円、100g以下の場合140円、150g以下の場合205円、250g以下の場合250円、500g以下の場合380円、1kg以下の場合570円です。

規格外の料金は、重さが51〜100gの場合220円、150g以下の場合290円、250g以下の場合340円、500g以下の場合500円、1kg以下の場合700円、2kg以下の場合1,020円、4kg以下の場合1,330円です。

定形外郵便の送り方は簡単で、荷物の外装にあて先を書き、郵便窓口に差し出して料金を支払うだけで、発送することができます。

または、荷物がポストに入るサイズなのであれば、送料分の切手を貼ってポストに投函してもかまいません。

関連:定形外郵便の送り方

宅急便コンパクトで液体を送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 594円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

重さのある液体は、定形外郵便で送ろうとすると高くなる可能性があります。そのような場合は、宅急便コンパクトを利用するのがおすすめです。

宅急便コンパクトは地域によってのみ料金が決まるので、重いものでも安く送れます。例えば南東北地方から中国地方まで荷物を送る場合、送料は810円となるでしょう。

持込割・クロネコメンバー割・クロネコメンバーズの持込割・デジタル割・宅急便センター受け取りサービスといった割引制度を活用すると、送料をもっと安くすることは可能です。

ただし、宅急便コンパクトの梱包には専用BOXを使用する必要があるため、専用BOXで梱包できないサイズの品物は送ることができません。専用BOXの大きさは20×25×5cmです。クロネコマーケットやヤマト運輸直営店にて、65円で販売されています。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






◼︎宅急便コンパクトの発送手順

液体を宅急便コンパクトで発送するには、まず送り状を作成しなければなりません。送り状の作成は複写式のものに手書きする方法と、ヤマト運輸直営店で発行する方法があります。

手書きの送り状はヤマト運輸直営店にて入手できますが、集荷のときに持ってきてもらうことも可能です。送り状と荷物の準備ができたら集荷に申し込むか、自ら荷物を持ち込むかして発送しましょう。

集荷は電話やネットで依頼できます。持ち込み場所はヤマト運輸直営店・コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)・取扱店などです。ただし一部のコンビニでは、宅急便コンパクトを取り扱っていません。

関連:宅急便コンパクトの送り方

ゆうパックで液体を送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 800円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

宅急便コンパクトでは送れないサイズの液体は、ゆうパックで送るといいでしょう。ゆうパックは170サイズまで対応しているため、大きな荷物でも送ることができます。

送料は地域と荷物のサイズによって決まります。例えば60サイズの荷物を栃木県から近畿地方まで送るとすると、送料は950円となります。

ダンボール 段ボール 60サイズ






ゆうパックで送る場合、まず郵便局やコンビニなどで発送伝票をもらい、必要事項を記入しましょう。電話番号は書かなくても問題ありませんが、緊急時に備えて記入が推奨されています。

そして荷物を梱包し、伝票とともに郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)などに持ち込むと、発送手続きができます。または、電話やネットで集荷を依頼することも可能です。

関連:ゆうパックの送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリには、らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便といった独自の配送方法が用意されています。これらの配送方法は、メルカリで販売した商品を発送するときにのみ利用できます。

らくらくメルカリ便にはネコポス・宅急便コンパクト・宅急便、ゆうゆうメルカリ便にはゆうパケット・ゆうパックという配送方法があります。

中でも安いのがネコポスとゆうパケットで、ネコポスは195円、ゆうパケットは175円で送ることができます。ただし荷物の厚さ制限があり、ネコポスは2.5cmまで、ゆうパケットは3cmまでの荷物しか対応していません。

厚さがそれ以上になるようであれば、宅急便コンパクトを利用しましょう。宅急便コンパクトは前述の通り、専用BOXで品物を梱包するサービスです。送料が380円、箱代が65円なので、合計で445円かかる計算になります。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






宅急便コンパクトの専用BOXに入りきらない液体を送るのであれば、宅急便やゆうパックを利用しましょう。どちらも料金は同じで、60サイズの場合700円、80サイズの場合800円、100サイズの場合1,000円の送料がかかります。

◼︎らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の発送手順

商品を出品する際、配送方法をらくらくメルカリ便、またはゆうゆうメルカリ便に設定します。商品が売れたら取引画面にて、発送方法などを選択して二次元コードを生成します。

らくらくメルカリ便の発送方法はヤマト運輸直営店やファミリーマート、サークルK・サンクスへの持ち込みのほか、ネコポス以外なら有料での集荷があります。

ゆうゆうメルカリ便の発送方法は一部郵便局やローソンへの持ち込みが選べます。そして品物を梱包し、取引画面で設定した発送方法で発送手続きを行いましょう。

関連:ペットボトルを安く送る発送方法と梱包方法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ