フェイスパウダーを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




フェイスパウダーをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

フェイスパウダーの発送方法は定形外郵便・レターパック・宅急便コンパクトなどがあります。定形外郵便は一番安い最安値の送り方ですが、追跡も補償もなく、レターパックには追跡のみ付いており、宅急便コンパクトには追跡も補償も付いています。

大きいダンボール箱に包装して送る郵便局のゆうパックやクロネコヤマトの宅急便を使うと送料が高くなりますのでご注意ください。


フェイスパウダーの梱包方法

まずフェイスパウダーをプチプチで包み、防水のためビニール袋に入れましょう。

購入時の箱ごと送る場合は、箱ごとプチプチで覆ってからビニール袋に入れます。

プチプチは100円ショップやホームセンターで購入できます。

プチプチ袋(粒は外側)






ビニール袋はレジ袋ではなく、100円ショップなどで販売されている無地のOPP袋を使用しましょう。

クリスタルパック OPP袋(透明袋)






そして封筒もしくは箱に入れます。

封筒は銀行封筒のように破れやすいものではなく、輸送に耐えうる強度のあるものを選んでください。100円ショップやコンビニなどで販売されている茶封筒がおすすめです。

箱はスーパーやコンビニで無料でもらえるダンボールや、お菓子の入っていた箱などを使用するといいでしょう。

大きすぎる箱を選ぶと送料が高くなってしまう可能性があるので、できるだけジャストサイズのものを選ぶのが好ましいです。

箱とフェイスパウダーの間に隙間があるようなら丸めた新聞紙や緩衝材を詰め、動かないように固定してください。最後にガムテープで封筒や箱の封をしましょう。これで梱包は完成です。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ





定形外郵便でフェイスパウダーを送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 250円
予想サイズ 重量250g以内(規格内)
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

フェイスパウダーは重量が軽いので、普通郵便の定形外郵便で安く送れます。ただし、追跡機能や補償が付いていないという点には注意しなければなりません。

定形外郵便は規格内と規格外のどちらかに分けられます。34×25×3cm以内で重さ1kg以内という基準を満たした荷物は規格内で送れますが、これよりもサイズや重量が大きな荷物は規格外で送る必要があります。

定形外郵便の送料は規格内の場合、荷物が100gよりも重く150g以下のとき205円、250g以下のとき250円、500g以下のとき380円です。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







規格外の場合、荷物が100gよりも重く150g以下のとき290円、250g以下のとき340円、500g以下のとき500円かかるでしょう。

定形外(規格外)サイズのダンボール






◼︎定形外郵便の利用手順

フェイスパウダーを梱包し、外装のよく見えるところにあて名を表示しましょう。直接書き込むのが難しければ、紙にあて名を書いて荷物に貼り付けると簡単です。

準備ができたら郵便窓口に荷物を差し出し、定形外郵便で送ることを伝えましょう。スタッフが重さを測ってくれるので、現金や切手で料金を支払ってください。

レシートを受け取ったら、発送手続きは完了です。レシートには発送日時や担当スタッフの名前などが記載されています。

万が一郵送事故が起こった場合、調査依頼をするときにこれらの情報を求められることがあるので、荷物の受け取りが確認できるまでレシートは念のため保管しておくことをおすすめします。

関連:定形外郵便の送り方

レターパックでフェイスパウダーを送る

レターパックプラスの基本情報
送料 510円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

追跡付きの方法で安くフェイスパウダーを送りたいという人は、レターパックをおすすめします。

レターパックは有料の専用封筒で品物を梱包して送るサービスで、オプションに申し込まなくても最初から追跡サービスが付いています。レターパックにはレターパックライトとレターパックプラスの2種類があります。

レターパックライトは360円で利用できますが、荷物の厚さ制限があり、厚さが3cmを超える荷物は送ることができません。

また対面ではなく郵便受けに配達されるので、盗難に遭うリスクもあります。レターパックプラスは510円で利用できるサービスで、厚さ制限は設けられていません。

専用封筒できちんと梱包できさえすればOKです。また配達員から受取人に手渡しで配達されるため、盗難のリスクを避けることができます。

レターパックライトとレターパックプラスのどちらを利用すべきかは、梱包後の荷物の厚さや、どの程度の安全性を求めるかによって変わってくるでしょう。

◼︎レターパックライトの専用封筒

日本郵便 レターパックライト






◼︎レターパックプラスの専用封筒

日本郵便レターパックプラス






◼︎レターパックの利用手順

まず郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)などで、レターパックの専用封筒を購入します。封筒の色はレターパックライトが青色で、レターパックプラスが赤色です。間違えないように購入しましょう。

ちなみに、金券ショップやネットオークション、フリマアプリでは、専用封筒が通常よりもお得な価格で購入できることがあるので、少しでも節約したい人は探してみるのもいいかもしれません。

専用封筒の記入欄には、ペンで必要事項を記入します。すべて記入できたら、フェイスパウダーを梱包しましょう。専用封筒の口には両面テープが付いていて、自分で糊やテープを用意しなくても封ができるようになっています。

しかし、それだけでは心もとないということであれば、上からさらにガムテープなどを貼ってもかまいません。

ここまで準備ができたら、お問い合わせ番号の記載されたシールを剥がしてポストに投函するか、郵便窓口から差し出すかして発送します。

送料は専用封筒の購入代金という形ですでに支払っているため、発送時に現金や切手で支払いをしたり、送料分の切手を荷物に貼り付けたりする必要はありません。

関連:レターパックプラスの送り方

宅急便コンパクトでフェイスパウダーを送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 594円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

追跡だけではなく補償も必要な場合におすすめなのが、クロネコヤマトの宅急便コンパクトです。宅急便コンパクトとは、有料の専用BOXで品物を梱包して発送できるサービスです。

専用BOXは薄型タイプと箱型タイプの2種類があります。

◼︎宅急便コンパクト(薄型で横に広い専用BOX)

宅急便コンパクト 専用 薄型 梱包箱






◼︎宅急便コンパクト(厚みのある専用BOX)

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






どちらも価格は同じ65円なので、フェイスパウダーを梱包しやすいほうを購入するといいでしょう。送料は地域によって異なります。例えば沖縄県から四国地方まで発送する場合、810円の送料が発生します。

宅急便コンパクトのサイトには地域を選択するだけで送料が検索できるシステムがあるので、発送する前に調べてみるといいでしょう。

◼︎宅急便コンパクトの利用手順

ヤマト営業所やクロネコマーケットなどで、専用BOXを購入します。送り状を持っていない人はもらいましょう。そしてフェイスパウダーを専用BOXで梱包し、送り状には必要事項をペンで記入します。

準備ができたら、持ち込みや集荷で発送しましょう。宅急便コンパクトを持ち込めるのは、ヤマト営業所・コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート)・取扱店です。集荷は無料で、電話またはウェブで申し込みます。

関連:宅急便コンパクトの送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリで販売したフェイスパウダーは、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送るのがおすすめです。

らくらくメルカリ便で送ることで、通常の宅急便コンパクトでも送るよりも送料が安くなる可能性が高いですし、配送方法を事前に設定しておけば匿名配送が可能となります。送料は全国一律380円で、売上金から自動的に引かれます。

◼︎らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトの利用手順

フェイスパウダーをメルカリに出品する際、配送方法をらくらくメルカリ便に設定します。商品価格は450円以上に設定してください。商品が売れたら、専用BOXを購入して梱包します。通常の宅急便コンパクトとは違い、送り状は必要ありません。

次に取引画面を開き、発送方法をヤマト営業所への持ち込み、コンビニ(ファミリーマート・サークルKサンクス・セブンイレブン)への持ち込み、集荷の中から選びましょう。ただし、集荷には30円の追加料金がかかります。

ここまで準備ができたら、先ほど選択した方法で商品を発送しましょう。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ