固形石鹸を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




1個・6個セット・9個セットの固形石鹸をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く送るための発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が最も安くなる発送方法は固形石鹸のサイズや重量、配送元・配送先エリアなどの条件によって変わってくるため、一概に言うことはできません。

条件によっては、ここでご紹介する方法よりも安い発送方法が存在することもあるため、参考程度にお読みください。

スポンサーリンク

固形石鹸の梱包方法

まず衝撃を緩和するため、固形石鹸全体をプチプチで包みましょう。

プチプチは100円ショップで購入することができます。

プチプチ袋(粒は外側)






次に水濡れを防止するため、固形石鹸をビニール袋に入れます。ビニール袋も100円ショップで購入できるでしょう。

スーパーやコンビニのレジ袋だと受取人からあまり良い印象を抱かれないことがあるため、梱包に使用するのはおすすめできません。

クリスタルパック OPP袋(透明袋)






そして固形石鹸をショップ袋やダンボールなどに入れます。

定形外郵便で発送する場合ショップ袋に入れたほうが送料が安くなる可能性が高いですが、衝撃に強い梱包をしたいのであればダンボールを使用するほうが良いです。

ダンボールと固形石鹸の隙間には丸めた緩衝材や新聞紙を詰めるなどして、固形石鹸が動かないように固定します。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ






最後にショップ袋やダンボールに封をすれば、梱包は完了です。

定形外郵便で固形石鹸1個を送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 250円
予想サイズ 250g以内(規格内)
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
補償 なし

固形石鹸1個を送る場合、梱包後の重量にもよりますが、普通郵便の一種である定形外郵便を利用すると安く済む可能性が高いです。定形外郵便のメリットは、重量の軽い荷物であれば低料金で送れるということです。

全国一律料金なので、遠方に送っても送料が高くなりません。定形外郵便のデメリットは、追跡サービスや補償が付いていないということです。これらのサービスが必要な場合、追加料金を支払って書留や特定記録などのオプションに申し込む必要があります。

定形外郵便で送る荷物は規格内か規格外のどちらかに分類されます。34×25×3cm以内かつ重さ1kg以内の荷物は規格内で送れますが、これを超える荷物は規格外となります。

規格内の送料は、重さが100gより重く150g以下の場合205円、250g以下の場合250円、500g以下の場合380円です。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







規格外の送料は、重さが100gより重く150g以下の場合290円、250g以下の場合340円、500g以下の場合500円です。

定形外(規格外)サイズのダンボール






◼︎定形外郵便の送り方

まず固形石鹸を梱包します。外装のよく見えるところにはあて先を表示しましょう。荷物の準備ができたら郵便窓口に差し出し、「定形外郵便でお願いします」と伝えます。

オプションに申し込みたい場合はそのことも伝え、手続きを行います。そして料金を支払い、レシートやオプションの控えなどを受け取ったら発送手続きは完了です。

わざわざ郵便局まで行きたくないという場合、送料分の切手を貼ってポストに投函して発送するという手もあります。ただし、ポスト投函だと書留や特定記録に申し込むことができないので注意しましょう。

関連:定形外郵便の送り方

レターパックで固形石鹸6個を送る

レターパックプラスの基本情報
送料 510円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口
追跡番号 あり
補償 なし

固形石鹸6個を送る場合、レターパックがおすすめです。レターパックとは専用の厚紙封筒で品物を梱包し、ポストに投函したり郵便窓口に差し出したりすることで発送ができるサービスです。

レターパックには360円で利用できるレターパックライトと、510円で利用できるレターパックプラスの2種類があります。

どちらも封筒のサイズは同じA4ファイルサイズですが、レターパックライトは厚さが3cmまでと定められいるのに対して、レターパックプラスは厚さ制限がないという違いがあります。

厚さが3cmに収まるように梱包できるのであればレターパックライトがおすすめですが、そうでないのならレターパックプラスを利用しましょう。ただし、レターパックには追跡機能は付いていますが、補償は付いていません。

そのため高級な石鹸を送る場合は、ほかの発送方法を利用したほうが安心でしょう。

◼︎レターパックライトの専用封筒

日本郵便 レターパックライト






◼︎レターパックプラスの専用封筒

日本郵便レターパックプラス






◼︎レターパックの送り方

まずレターパックの専用封筒を購入します。専用封筒は郵便局・コンビニ・金券ショップ・フリマアプリなどで販売されています。

レターパックライトとレターパックプラスでは使用する封筒が異なるため、間違えないように注意しましょう。専用封筒の表面には、あて先や品名などの必要事項をペンで記入します。

すべて記入し終えたら固形石鹸を封入しましょう。あとはポストに投函したり、郵便窓口から差し出したりするだけで発送できます。レターパックプラスに限り、集荷にも対応しています。

レターパックは専用封筒の購入代金が送料にあたるため、基本的には発送時に切手を貼ったり料金を支払ったりする必要はありません。

ただし料金印面が350円、または500円となっている古いタイプの専用封筒を使用する場合には、10円分の追加料金がかかります。

関連:レターパックプラスの送り方

宅急便コンパクトで固形石鹸9個を送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 594円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

固形石鹸9個を送る場合、サイズにもよりますが宅急便コンパクトを利用するのがおすすめです。宅急便コンパクトは専用BOXで品物を梱包して発送できるサービスです。

専用BOXには箱型と薄型の2種類のタイプがありますが、固形石鹸9個ならば箱型タイプのほうが梱包しやすいでしょう。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






送料は地域で決定され、配送元と配送先が近ければ安く、遠ければ高くなります。

例えば南東北地方から関西地方まで発送する場合、702円の送料がかかります。追跡・補償ともに付帯していますが、責任限度額は3万円までとなっています。

◼︎宅急便コンパクトの送り方

まずヤマト営業所やクロネコマーケットなどで専用BOXを購入し、固形石鹸を梱包します。専用BOXは65円で購入できます。フリマアプリや金券ショップなら、定価よりも少し安く購入できるかもしれません。

次に送り状を記入します。送り状はヤマト営業所やコンビニ(セブンイレブンまたはファミリーマート)でもらえるほか、集荷の際に持ってきてもらうことも可能です。

荷物と送り状の準備が完了したら、ヤマト営業所・コンビニ・取扱店への持ち込みや、自宅への集荷で発送しましょう。

関連:宅急便コンパクトの送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリに出品した固形石鹸が売れた場合、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送るのが適しています。通常の宅急便コンパクトと異なるのは、例えば次のような点です。

・送料が全国一律380円。
・配送状況をメルカリの取引画面でチェックできる。
・事前に配送方法をらくらくメルカリ便に設定しておけば、匿名配送が可能となる。

◼︎らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトの送り方

メルカリに固形石鹸を出品する際、配送方法をらくらくメルカリ便に設定しましょう。取引開始後に配送方法を設定してもかまいませんが、その場合匿名ではなくなります。商品価格は440円以上に設定します。

440円未満で売れた商品はらくらくメルカリ便の宅急便コンパクトでは送ることができないため、注意が必要です。商品が購入されたら取引画面で荷物のサイズや発送方法などを選択し、二次元コードを生成します。

荷物のサイズは宅急便コンパクトを選びましょう。発送方法はヤマト営業所・ファミリーマート・サークルKサンクス・セブンイレブンへの持ち込み、もしくは自宅への集荷の中から選択します。

そして専用BOXで固形石鹸を梱包し、持ち込みや集荷で発送しましょう。らくらくメルカリ便で送るときは、送り状を用意する必要がありません。

また送料は売上金から自動的に引かれるため、レジや受付での会計も不要です。発送が完了したら取引画面上部にある発送通知ボタンをタップし、商品の発送が完了したことを購入者に知らせましょう。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ