キンブレを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




女性アイドルやジャニーズ等のライブ会場で使用するキンブレ(キングブレードシリーズのペンライト)をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

キンブレはプチプチで保護し、ビニール袋に入れて水濡れを防ぐ梱包をしましょう。発送方法は定形外郵便・レターパックプラス・宅急便コンパクトを利用すると安いです。

逆に大きい荷物をダンボール箱に入れて配送するヤマト運輸の宅急便や日本郵便のゆうパックを利用するとキンブレの場合は送料が高くなりますのでご注意ください。

スポンサーリンク

キンブレの梱包方法

キンブレをプチプチで保護します。プチプチは100円ショップやホームセンター、ネットなどで購入できます。

2〜3回ほど巻くといいでしょう。

プチプチロール 幅600mm×10M






次に配送中に水に濡れることを防ぐため、ビニール袋の中に入れます。

ビニール袋は100円ショップでさまざまな大きさのものが販売されています。スーパーやコンビニのレジ袋はあまり良い印象を抱かれないことが多いので、避けたほうが無難です。

透明OPP袋 テープ付き






そして封筒や紙袋などにキンブレを入れましょう。封筒はコンビニや100円ショップで入手できます。紙袋はデパートの袋が頑丈なのでおすすめです。最後にテープでしっかりと封をしましょう。

定形外郵便でキンブレを送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 340円(規格外)
予想サイズ 250g以内(規格外)
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
補償 なし

キンブレの発送には、普通郵便の定形外郵便を利用すると安いです。定形外郵便は追跡サービスや補償が付いていない代わりに、荷物を安く送れる方法です。

荷物の重さで送料が決まるので、重量の軽い荷物を送る場合は特に安いです。また全国どこに送っても同じ送料なので、遠方に送る場合に利用するととてもお得です。

定形外郵便で送る荷物はサイズと重量によって規格内・規格外のどちらかに分けられます。

キンブレはプチプチで保護することによって厚みが出るので、規格外になるでしょう。

規格外の送料は、荷物の重さが51〜100gのとき220円、150g以下なら290円、250g以下なら340円かかります。

定形外(規格外)サイズのダンボール






◼︎キンブレを定形外郵便で送る方法

キンブレを梱包します。荷物の外装にはあて先を表示しましょう。あて先を直接書き込むのが難しい場合、紙にあて先を書き、荷物に貼り付けると簡単です。

荷物の準備ができたら、郵便窓口に差し出し「定形外郵便で送ります」と伝えましょう。スタッフが重さを測って料金を知らせてくれるので、現金もしくは切手で支払います。

切手は金券ショップで定価よりも安く販売されているので、あらかじめ購入しておいて送料の支払いに利用すると、少し節約になります。レシートを受け取ったら発送は完了です。

関連:定形外郵便の送り方

レターパックプラスでキンブレを送る

レターパックプラスの基本情報
送料 510円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
補償 なし

キンブレの発送にはレターパックプラスも適しています。レターパックプラスは品物を有料の専用封筒で梱包し、追跡機能付きで送れるサービスです。

厚さ制限は特に設けられておらず、A4ファイルサイズの専用封筒で無理なく封ができれば送ることができます。

配達は手渡しで行われ、配達員が受取人の受領印または署名をもらうため、郵便受けから荷物が盗まれるといったリスクがありません。

レターパックプラスの専用封筒は郵便局やコンビニ、オンラインストアなどで1枚あたり510円で購入できます。

日本郵便レターパックプラス






定価より少しでも安く購入したいという人は、金券ショップやフリマアプリで探してみるといいでしょう。

レターパックプラスでは封筒の購入代金が送料になるため、発送時の会計や切手の貼り付けは不要です。

◼︎キンブレをレターパックプラスで送る方法

レターパックプラスの専用封筒を購入します。すでに専用封筒を持っている場合はそれを使用することも可能ですが、念のため料額印面をご確認ください。

料額印面が510円であればそのまま送ることができますが、500円となっている場合10円の追加料金がかかります。専用封筒に10円分の切手を貼り付けるか、郵便窓口や集荷で発送する場合は10円を支払う必要があるでしょう。

専用封筒の記入欄には、あて先や品名などの必要事項をペンで記入します。すべて記入し終えたら、キンブレを梱包しましょう。

専用封筒にはあらかじめ両面テープが付いているので、自分で糊やテープを用意しなくても封ができるようになっています。ここまでの準備ができたら、あとは発送するだけです。レターパックの発送方法は、次の3通りです。

・郵便窓口から差し出す。
・集荷をお願いする。
・ポストに投函する。

集荷はウェブや電話で申し込めます。料金はかかりません。ポスト投函で発送する場合、お問い合わせ番号の記載されたシールを自分で剥がす必要があります。

お問い合わせ番号は配送状況を確認するときに必要となるので、荷物の受け取りが確認できるまで大切に保管しておきましょう。

関連:レターパックプラスの送り方

宅急便コンパクトでキンブレを送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 594円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 ヤマト運輸営業所・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

追跡も補償も必要な場合、クロネコヤマトの宅急便コンパクトでキンブレを送るのがおすすめです。宅急便コンパクトとは、専用BOXで品物を梱包し、追跡と補償付きで発送できるサービスです。

送料は配送元・配送先エリアによって決まります。例えば関東地方から信越地方に発送する場合、594円の送料がかかります。それに加えて専用BOX代が65円かかるため、合計659円を負担することになるでしょう。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






しかし宅急便コンパクトにはクロネコメンバー割や宅急便センター受け取りサービスなど、さまざまな割引サービスが揃っています。これらを活用することで、送料をもっと安く抑えることが可能です。

◼︎キンブレを宅急便コンパクトで送る方法

宅急便コンパクト専用BOXを購入し、キンブレを梱包します。専用BOXはヤマト営業所やクロネコマーケット、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニで購入できます。

次に送り状を作成しましょう。送り状の作成方法は次の2通りです。

・ヤマト営業所で手書きの送り状をもらい、ペンで記入する。
・LINEやアプリで必要事項を入力し、ネコピットで送り状を発行する。

そして持ち込みか集荷で荷物を発送します。宅急便コンパクトで送る荷物を持ち込めるのは、ヤマト営業所・コンビニ・取扱店などです。

集荷は電話やウェブにて無料で申し込み可能ですが、持込割やクロネコメンバーズの持込割が適用されなくなるという点に注意しましょう。

関連:宅急便コンパクトの送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリでキンブレが売れた場合、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで発送すると安く、安全です。らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトも、専用BOXで品物を梱包して送るという点は通常の宅急便コンパクトと同じです。

大きく異なるのは、次のような点でしょう。

・送料が全国一律380円。
・匿名配送が利用できる。
・メルカリの画面上で配送状況を簡単にチェックできる。
・あて名書きが不要。

◼︎キンブレをらくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送る方法

配送方法をらくらくメルカリ便に設定し、キンブレを出品しましょう。商品が売れたら取引画面で荷物のサイズと発送方法を選択し、二次元コードを生成します。荷物のサイズは宅急便コンパクトを選びます。

発送方法はヤマト営業所かコンビニ(ファミリーマート・セブンイレブン)への持ち込み、自宅への集荷の中から選べます。ただし集荷には30円の追加料金が必要となります。

そして宅急便コンパクト専用BOXを購入しキンブレを梱包したら、先ほど選択した方法で発送手続きを行いましょう。

手続きの最後に渡される控えは配送状況の確認に必要となりますので、取引が終了するまで大切に保管しておいてください。発送が完了したら取引画面で発送通知ボタンをタップし、購入者に知らせましょう。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ