ポケットwifiを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




箱があるポケットwifiと箱がない本体とケーブルのみのポケットwifiをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

レンタル元に返却する方、フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安い最安値の送り方はレターパックプラスです。ただし配送元・配送先の地域や割引サービスの有無などの条件によって、宅急便コンパクトの方が安くなるケースもあります。

定形外郵便・レターパックライト・クリックポスト・ゆうパケットといった小さい荷物を安く送ることができる送り方は今回の精密機械でもあるポケットwifiを送るのには向いていません。

スポンサーリンク

ポケットwifiの梱包方法

ポケットwifiとケーブルをそれぞれプチプチで覆います。箱がある場合は箱に入れ、その上からプチプチを巻きます。

プチプチは100円ショップで購入できます。できれば何重にも巻いておくといいでしょう。

プチプチロール 幅600mm×10M






次に水濡れを防止するため、ビニール袋の中に入れます。

ビニール袋も100円ショップで購入することができます。

透明OPP袋 テープ付き






そしてダンボールに入れ、隙間には丸めた新聞紙などを詰めましょう。

ダンボールは購入しなくても、スーパーやコンビニなどで不要になったものが無料でもらえることが多いです。

スーパーは誰でも自由に持ち帰ることのできるダンボール置き場を設けているところが多いですが、そのようなスペースがないお店でも店員さんにお願いすればたいてい譲ってもらえるでしょう。

最後にダンボールのふたをガムテープでしっかりと閉じ、梱包は完了です。

宅急便コンパクトでポケットwifiを送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 594円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 ヤマト運輸営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

ポケットwifiの発送に最もおすすめな方法はクロネコヤマトの宅急便コンパクトです。

宅急便コンパクトとは有料の専用BOXで梱包した品物を追跡機能と3万円までの補償付きで発送できるサービスです。

時間指定をすることができますし、着払いにも対応しているのでとても便利です。

送料は発送元とお届け先の地域によって決定されます。例えば九州地方から中部地方まで送る場合、送料は702円かかります。

ただし65円の専用BOXを購入する必要があるので、その料金も加算すると合計767円を負担することになるでしょう。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






とはいえ、宅急便コンパクトにはたくさんの割引サービスが用意されています。例えば次のようなものがあります。

・持込割
・クロネコメンバーズの持込割
・デジタル割
・クロネコメンバー割
・宅急便センター受け取りサービス

上手に活用して送料を節約しましょう。

◼︎ポケットwifiを︎宅急便コンパクトで送る方法

まず専用BOXでポケットwifiを梱包し、送り状を作成します。専用BOXはヤマト営業所のほか、ファミリーマートのなど一部のコンビニやクロネコマーケットでも販売されています。

もし少しでも安く入手したいのであれば、金券ショップやフリマアプリで探すと定価よりやや安い値段で購入できるかもしれません。

送り状はヤマト営業所で複写式のものがもらえます。

しかし手書きの手間を省きたいという場合やデジタル割を利用したいという場合には、LINEやアプリで情報を入力してヤマト営業所内のネコピットにて送り状を発行する「らくらく送り状発行サービス」を利用するといいでしょう。

ここまで準備ができたら持ち込み・集荷・宅配ロッカーのいずれかの方法で発送手続きを行います。持ち込み場所はヤマト営業所のほか、コンビニや取扱店があります。

集荷はウェブサイトや電話にて無料で申し込み可能です。宅配ロッカーからの発送はクロネコメンバーズ会員だけが利用できる発送方法で、ウェブサイトから申し込みます。

関連:宅急便コンパクトの送り方

レターパックプラスでポケットwifiを送る

レターパックプラスの基本情報
送料 510円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

安全性よりも安さを優先してポケットwifiを送りたい場合には、レターパックプラスがおすすめです。レターパックプラスは専用封筒で梱包した品物を発送できるサービスです。

追跡機能は付いているものの、荷物が破損・紛失した場合の補償は一切ありません。しかし配達は郵便受けではなく直接手渡しでされるので、盗難に遭うリスクは少ないでしょう。

送料は全国一律510円で、専用封筒の購入代金が送料にあたります。専用封筒は郵便局で販売されていますが、送料を少しでも節約したい場合フリマアプリや金券ショップで定価よりも安く販売されているものを購入すればお得です。

なお、場所や割引サービスの有無などの条件によってはレターパックプラスよりも宅急便コンパクトのほうが安く済む可能性もあります。よく比較して決めましょう。

日本郵便レターパックプラス






◼︎ポケットwifiをレターパックプラスで送る方法

まず専用封筒を用意し、枠内にあて先や品名などの必要事項をペンで記入します。次にポケットwifiを梱包しましょう。封筒の口には両面テープが付いているので、自分で糊やテープなど用意しなくても封ができます。

しかし両面テープだけでは口が開きそうで心配という場合は、上からガムテープを貼り付けて補強してもかまいません。ここまで準備ができたら、郵便窓口に差し出したり、自宅に集荷に来てもらったりして発送します。

もしポストに入るようならポスト投函してもかまいませんが、お問い合わせ番号の記載されたシールは忘れずに剥がしましょう。

お問い合わせ番号は配送状況を追跡するときに必要となるので、荷物の受け取りが確認できるまではなくさないように保管しておいてください。

関連:レターパックプラスの送り方

ゆうパックでポケットwifiを送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 800円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

送料は宅急便コンパクトやレターパックプラスよりも高くなってしまいますが、ゆうパックもポケットwifiの発送に適した方法です。

ゆうパックは縦・横・高さの3辺の長さの合計が170cm以内・重さ25kg以内の荷物を追跡・補償付きで送れるサービスです。

送料は荷物のサイズ区分と地域によって決まります。荷物のサイズ区分は60〜170サイズまでありますが、ポケットwifiは60サイズに該当するでしょう。

仮に青森県から近畿地方まで60サイズの荷物を送るとすると、送料は1,080円になります。

ダンボール 段ボール 60サイズ






◼︎ポケットwifiをゆうパックで送る方法

ポケットwifiを梱包します。ゆうパックには専用BOXや専用封筒はないので、梱包資材は自分で用意しましょう。

次に郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)で発送伝票をもらい、必要事項をペンで記入します。

ここまでの準備ができたら、郵便局やコンビニに荷物を持ち込むか、ウェブや電話で集荷を依頼するかして発送しましょう。元払いの場合、料金は現金や切手で支払います。

発送手続きの最後に渡される控えは配送状況を確認するときに必要になります。大切に保管しておきましょう。

関連:ゆうパックの送り方

フリマアプリ「メルカリ」の場合



メルカリで売れたポケットwifiはらくらくメルカリの宅急便コンパクトで送るのがおすすめです。

らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトも、専用BOXに入れて発送するという点は通常の宅急便コンパクトと同じです。

大きく異なるのは、全国どこに送っても送料が380円ということでしょう。箱代と合わせても445円しかかかりません。

◼︎ポケットwifiを︎らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送る方法

ポケットwifiをメルカリに出品します。その際、配送方法はらくらくメルカリ便に、商品価格は450円以上に設定しましょう。

配送方法はあとから変更することも可能ですが、あらかじめ設定しておくことで出品者・購入者ともに匿名で取引することが可能になります。

商品が売れたらポケットwifiを専用BOXで梱包し、取引画面で荷物のサイズや発送方法などの設定を行います。

荷物のサイズは宅急便コンパクトを選び、発送方法はヤマト営業所・ファミリーマート・セブンイレブン・宅配ロッカーPUDOへの持ち込み、自宅への集荷の中からご希望のものを選んでください。

ここまで準備ができたら、先ほど選択した方法で発送手続きを行いましょう。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

花花束やブーケなど生花を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
ハンドクリーム・日焼け止め(チューブ)ハンドクリーム・日焼止めを安く送る発送方法と梱包方法
iphoneiPhoneなどのスマホケースを安く送る発送方法と梱包方法
電子レンジ・電化製品・家具電子レンジを安く送る発送方法と梱包方法
人物体重計を安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ