2019年10月の消費税10%増税による郵便料金の値上げ金額




2019年10月に消費税が現在の8%から10%に増税されると切手やゆうパックやレターパック封筒などの郵便料金はいくら値上がりするのかを解説します。

過去の2014年4月に消費税率が5%から8%まで引き上げされた際、それぞれの送り方の郵便料金は1円から10円単位で値上げが行われたので、今回増税が決まった場合、同様の値上がりとなることが予想されます。

はがきや定形郵便(普通郵便)など100円未満の送り方であれば、2円程度の値上げとなり、100円以上の送り方の場合は、5円から最大で数十円程度値上がると考えられます。

※このページの情報はあくまで過去の消費税増税時の郵便料金の値上げ実績からの予想であるため、料金が確定次第内容を最新化します。

スポンサーリンク

切手の消費税10%増税による値上げ

増税前(消費税8%) 増税後(消費税10%)
62円切手 62円切手 64円切手(予想値)
82円切手 82円切手 84円切手(予想値)
92円切手 92円切手 94円切手(予想値)
100円切手 100円切手 105円切手(予想値)
140円切手 140円切手 150円切手(予想値)

消費税が8%から10%に上がった場合、主な切手料金の値上げ額の予想推移は上記表の通りとなります。

2014年4月の消費税率が5%から8%に引き上げられた際、切手の料金は100円未満の少額の切手で2円程度、100以上の切手で5円〜10円程度値上がりました。

そのため、今回消費税率が10%に変わった場合は、同じく少額の切手で2円、100円以上の切手で5円〜10円程度値上がると予想できます。

100円以上の切手になると、過去の増税時の値上げの傾向から見ても、5円単位での値上げしかしていないため、増税分ぴったりに切手料金が上がることは考えにくくなっています。

今回も、100円以上の切手の場合は、100円→105円や140円→150円など、5円や10円単位で上がると予想できます。

はがきの消費税10%増税による値上げ

増税前(消費税8%) 増税後(消費税10%)
通常はがき 62円 64円(予想値)
往復はがき 124円 128円(予想値)

現在の62円の通常はがきと、124円の往復はがきの値上げ額は、上記表の通りと予想できます。

通常はがきの料金は、2017年6月に増税とは別に人件費の増加や利用者の減少などといった理由から、52円から62円に引き上げられました。

そのため、今回の消費税率が8%から10%に上がったとしても、通常はがきについては62円のまま据え置きする可能性も充分に考えられます。

ただし、もし他と同様、通常はがきも値上げされるとしたら、税率分から計算し2円の値上げで64円になることが予想できます。さらに、その倍の料金が必要になる往復はがきの場合は、64円×2で128円になると予想できます。

定形郵便の消費税10%増税による値上げ

増税前(消費税8%) 増税後(消費税10%)
25g以内 82円 84円(予想値)
50g以内 92円 94円(予想値)

定形郵便の25g以内と50g以内の送料の、増税時の値上げ率は上記表の通りと予想できます。

定形郵便の送料は、2014年4月の消費税率が5%から8%に引き上げられた際に25g以内が80円から82円に、50g以内が90円から92円まで引き上げられました。

そのため、今回消費税率が8%から10%に引き上げられたと仮定すると、同じように2円の値上げとなると考えられます。

現在の82円・92円のそれぞれの料金から消費税額分を差し引いた額に10%の税率を計算すると、それぞれ83.81円と94.29円になります。1円未満は四捨五入で切り捨て、もしくは切り上げられるので、いずれも84円・94円といったようになります。

定形外郵便の消費税10%増税による値上げ

定形外郵便は2014年4月の増税以後の2017年6月に、規格内と規格外という2つの規格に分かれるようになりました。

定形外郵便(規格内)の上限サイズは長辺34cm・短辺25cm・厚さ3cm及び重量1kgで、このサイズに収まる大きさであれば定形外郵便(規格内)、これよりも大きなサイズになると定形外郵便(規格外)に分類されます。

◼定形外郵便(規格内)

増税前(消費税8%) 増税後(消費税10%)
50g以内 120円 125円(予想値)
100g以内 140円 145円(予想値)
150g以内 205円 210円(予想値)
250g以内 250円 255円(予想値)
500g以内 380円 390円(予想値)
1kg以内 570円 580円(予想値)

定形外郵便(規格内)の消費税率10%への増税時の値上げ額は上記表のように予想できます。

定形外郵便は2014年4月の消費税率が5%から8%に引き上げられた際には、50g以内と100g以内の料金については変わらず据え置きとなりました。

そのため、今回の増税時でも50g以内と100g以内の料金については変動しない可能性も考えられますが、数年間据え置きとなった分、このタイミングで値上がる可能性の方が高くなっています。

また、過去の増税時の値上げの傾向からして、送料が500円代までの定形外郵便(規格内)の場合は、10円程度の値上げに留まることが考えられます。

◼定形外郵便(規格外)

増税前(消費税8%) 増税後(消費税10%)
50g以内 200円 205円(予想値)
100g以内 220円 225円(予想値)
150g以内 290円 295円(予想値)
250g以内 340円 350円(予想値)
500g以内 500円 510円(予想値)
1kg以内 700円 710円(予想値)
2kg以内 1,020円 1,040円(予想値)
4kg以内 1,330円 1,350円(予想値)

同じく、定形外郵便(規格外)での増税時の値上げ額の予想は、上記表の通りとなります。

前回の2014年4月の消費税率5%から8%への引き上げ時に、150g以内の料金200円が205円に値上げされた事例からも、定形外郵便(規格外)では全ての重量において値上げされることが予想されます。

また、2kg以内のサイズよりも大きくなると、値上げ額も数十円単位で値上げされ、かつ1円未満は四捨五入されるので、2kg以内であれば1,020円→1,040円、4kg以内であれば1,330円→1,350円になると考えられます。

ゆうパックの消費税10%増税による値上げ

増税前(消費税8%) 増税後(消費税10%)
60サイズ 950円 970円(予想値)
80サイズ 1,180円 1,200円(予想値)
100サイズ 1,410円 1,440円(予想値)
120サイズ 1,660円 1,690円(予想値)
140サイズ 1,910円 1,950円(予想値)
160サイズ 2,120円 2,160円(予想値)
170サイズ 2,480円 2,530円(予想値)

ゆうパックの増税時の値上げ額の予想は、上記表の通りと予想されます。なお、ゆうパックは荷物のサイズとは別に、発送元と配送先の距離に応じても料金が変わってきますが、上記の料金例は東京都から大阪府へ荷物をくる際の料金となります。

前回の2014年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられた際に、ゆうパックの送料はそれぞれのサイズごとに10円単位で値上がりしました。

そのため、今回消費税率が8%から10%に上がることが決定した場合は、前回同様、10円単位で増税額分が引き上げられることが予想されます。

レターパックの消費税10%増税による値上げ

増税前(消費税8%) 増税後(消費税10%)
レターパックライト 360円 370円(予想値)
レターパックプラス 510円 520円(予想値)

レターパックライトとレターパックプラスの増税時の値上げ額は上記表の通りと予想されます。

レターパックライトとレターパックプラスは、2014年4月の消費税率が5%から8%に値上げられた際、いずれも10円引き上げされ、レターパックライトが350円から360円に、レターパックプラスが500円から510円になりました。

そのため、今回消費税率が8%から10%に引き上げられた場合も、同じように10円の値上げとなると予想できます。

ゆうパケットの消費税10%増税による値上げ

増税前(消費税8%) 増税後(消費税10%)
厚さ1cm以内 250円 260円(予想値)
厚さ2cm以内 300円 310円(予想値)
厚さ3cm以内 350円 360円(予想値)

ゆうパケットの増税時の送料の値上げ額は上記表の通りと予想できます。

ゆうパケットは 2014年4月の消費税率が5%から8%に引き上げされた時期以降の、同年6月に登場したサービスです。そのため、今回の10%への増税が決定した場合、ゆうパケットは初めての値上げとなります。

過去の増税時の値上げの実例がないため、他の送り方のデータを元にした計算となりますが、それぞれの厚さごとの送料は10円ずつ値上げされ、250円→260円、300円→310円、350円→360円となるとだろうと考えられます。

クリックポストの消費税10%増税による値上げ

増税前(消費税8%) 増税後(消費税10%)
クリックポスト 185円 190円(予想値)

クリックポストの増税時の値上げ額は上記表のように予想されます。

クリックポストは人件費の高騰などを理由に、2018年9月に164円から185円まで値上げされました。そのため、今回の消費税の増税が決定しても、クリックポストについては現在の185円のまま据え置きとされる可能性もあります。

しかし、他の送り方と同様、クリックポストも値上げされた場合は、5円の増額となり、190円になるだろうと予想できます。

関連:クリックポストの値上げ理由と値上げ時期!メルカリなどの対応についても


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

ebay日本郵便がイーベイ(eBay)と提携、そしてTPP
クリックポストを土日挟む形で金曜日に発送した過去の実際の配達日クリックポストを土日挟む形で金曜日に発送した過去の実際の配達日
スマートレターをポスト投函で送る方法と入らないときの対処法スマートレターをポスト投函で送る方法と入らないときの対処法
郵便ポストスマートレターは速達で送れないので速達扱いの代替案の送り方
レターパックプラス4レターパックライトとレターパックプラスの違いを徹底比較
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ