化粧水を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




化粧水をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

梱包後のサイズや重量にもよりますが、送料が一番安い最安値の送り方は定形外郵便です。ただし追跡サービスがないので、より安全に送りたい場合はレターパックや宅急便コンパクトのほうがおすすめです。

大きい荷物や複数の荷物をダンボールに入れて包装するヤマト運輸の宅急便や日本郵便のゆうパックを使うと送料がかなり上がりますのでご注意ください。

化粧水の梱包方法

化粧水の容器全体をプチプチで覆います。

こうすることで輸送中の衝撃を和らげ、容器が傷ついたり破損したりするのを防ぎます。

プチプチロール 幅600mm×10M






次に水濡れや液漏れを防ぐため、ビニール袋に入れましょう。特に液漏れ対策は重要です。

なぜなら万が一荷物の外に化粧水が漏れ出てほかの荷物まで汚してしまうと、賠償責任が生じる可能性があるからです。

ビニール袋は100円ショップで販売されているジッパー付の袋など、化粧水を密封できるものを使用するのが最も安心でしょう。

何らかの衝撃でビニール袋に穴が開いてしまう可能性も想定し、二重、三重にしておくとさらに安心です。

透明OPP袋 テープ付き






そして頑丈でで中身が透けにくい封筒やショップ袋などに化粧水を入れましょう。封筒はコンビニや100円ショップなどで販売されています。ショップ袋はアパレルショップの袋やデパートの紙袋などがおすすめです。

最後にガムテープでしっかりと封をすれば完了です。

定形外郵便で化粧水を送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 350円
予想サイズ 250g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

梱包後の重さが軽い化粧水なら普通郵便の定形外郵便で送ると安く済みます。

定形外郵便は追跡機能や補償制度がないので安全性は低いものの、重量の軽い荷物なら全国どこでも低料金で発送できるという魅力があります。安い化粧水を送る場合に利用するといいでしょう。

定形外郵便で送る荷物のうち、34×25×3cm以内かつ重さ1kg以内という条件を満たした荷物は規格内になります。この条件を満たしていない荷物は規格外です。

規格内の荷物の送料は重さが51〜100gなら140円、150g以下なら210円、250g以下なら250円、500g以下なら390円かかります。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







規格外の荷物の送料は重さが51〜100gなら220円、150g以下なら300円、250g以下なら350円、500g以下なら510円、1kg以下なら710円です。

定形外(規格外)サイズのダンボール






◼︎定形外郵便の利用手順

化粧水を梱包し、外装のよく見えるところにあて先を表示しましょう。準備ができたら郵便窓口に差し出し「定形外郵便で送ります」と伝えます。

もし中身を聞かれたら「化粧水です」と答えましょう。対応するスタッフによってはアルコール度数も訊いてくることがあります。わかるのであれば答えましょう。

もしわからなくても、たいていの場合は問題なく送れるので心配はいりません。ただし陸送になり、配達までの日数が多くかかる可能性はあります。

送料は現金か切手、またはクレジットカード・電子マネー・スマホQRコード支払い等のキャッシュレス決済で支払います。もちろん併用することも可能です。

関連:定形外郵便の送り方

レターパックで化粧水を送る

レターパックプラスの基本情報
送料 520円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

安全に化粧水を送りたい場合、定形外郵便よりもレターパックのほうがおすすめです。

レターパックはA4ファイルサイズの専用封筒で梱包した荷物を発送できるサービスで、追跡機能が付いているので定形外郵便よりも安全性が高いです。

レターパックにはレターパックライトとレターパックプラスの2種類があります。

◼︎レターパックライトとは

日本郵便 レターパックライト






レターパックライトは全国一律370円で荷物を送れる方法です。送料はレターパックプラスよりも安いですが、厚さが3cmを超える荷物は送ることができません。

プチプチを巻くことを考えると、ミニサイズの化粧水でなければ厚さを3cm以内に収めるのは難しそうです。また郵便受けに配達されるので、盗難に遭うリスクも考えられます。

発送方法は郵便局への持ち込みか、ポストへの投函のどちらかから選べます。

◼︎レターパックプラスとは

日本郵便レターパックプラス






レターパックプラスでは全国一律520円で荷物を送ることができます。送料はレターパックライトよりも少し高くなりますが、そのかわり3つのメリットがあります。

まず1つ目のメリットは、厚さ制限がないということです。専用封筒で化粧水を梱包しきちんと封ができさえすれば、分厚くても送ることができます。

2つ目のメリットは、受取人に直接手渡しで配達されるということです。郵便受けに配達されるレターパックライトと比べて、盗難に遭うリスクは低くなるでしょう。

3つ目のメリットは集荷を依頼できるということです。レターパックライトは集荷に対応していませんが、レターパックプラスはウェブや電話にて申し込めば自宅まで無料で集荷に来てもらうことが可能です。

もちろん郵便局への持ち込みやポスト投函でも発送することができます。

◼︎レターパックの利用手順

まず郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)でレターパック専用封筒を購入しましょう。少しでも安く購入したいという人は、金券ショップやフリマアプリで探すと定価よりも安い価格で購入できることがあります。

レターパックライトの封筒は青色でレターパックプラスの封筒は赤色なので、間違えないようご注意ください。

次に専用封筒の記入欄にあて先や品名などの必要事項をペンで濃くはっきりと記入します。すべて書き終えたら化粧水を梱包しましょう。荷物の準備ができたら発送します。

ポストから発送する場合、お問い合わせ番号の記載されたシールを自分で剥がすのを忘れないようにしましょう。お問い合わせ番号は配送状況を確認するときに必要になります。

関連:レターパックプラスの送り方

宅急便コンパクトで化粧水を送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 610円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

高価な化粧水は追跡も補償も付帯している宅急便コンパクトで送るのが安心でしょう。宅急便コンパクトはクロネコヤマトの提供するサービスで、専用BOXで梱包した荷物を送ることができます。

送料は地域によって異なります。例えば関東地方から関西地方に送る場合の送料は660円です。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






◼︎宅急便コンパクトの利用手順

まず送り状と専用BOXの準備をします。送り状はヤマト営業所にて無料でもらえます。枠内に必要事項をペンで記入しましょう。

専用BOXはヤマト営業所にて70円で販売されています。専用BOXに記載されている説明に従って組み立ててから、化粧水を梱包しましょう。

準備ができたらヤマト営業所・コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)・取扱店などに持ち込んだり、自宅まで集荷に来てもらったりして発送手続きを行います。

集荷は無料で利用できますが、持込割が適用されません。少しでも安く送りたいのであれば、持ち込みで発送することをおすすめします。

関連:宅急便コンパクトの送り方


メルカリの場合



メルカリで売れた化粧水は、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送るとお得です。宅急便コンパクトは前述の通り専用BOXで梱包した荷物を追跡・補償付きで送れるサービスです。

らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトの送料は全国どこに送っても380円しか発生しないので、通常の宅急便コンパクトよりも安く利用できる可能性が高いでしょう。

◼︎らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトの利用手順

メルカリに化粧水を出品するとき、配送方法をらくらくメルカリ便に設定します。取引が始まったら取引画面を開いて荷物のサイズや発送方法を指定し、二次元コードを生成しましょう。

荷物のサイズは宅急便コンパクトを選び、発送方法はヤマト営業所・ファミリーマート・セブンイレブン・宅配ロッカーPUDOへの持ち込み、集荷の中から選びます。

そして専用BOXで商品を梱包し、先ほど指定した方法で発送しましょう。

お届け先情報は取引画面の二次元コードを端末にかざすことで読み取るので、あて名を書く必要はありません。また送料は売上金から自動的に引かれる仕組みなので、会計も不要です。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

水筒水筒・タンブラーを安く送る発送方法と梱包方法
クッション・ソファーソファーを安く送る発送方法と梱包方法
カーディガンカーディガンを安く送る発送方法と梱包方法
金魚水槽を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
トートバッグトートバッグを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ