レゴブロックを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




緑色のバケツに入ったレゴやバラバラのレゴをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安い最安値の送り方は定形外郵便で、宅急便コンパクトやゆうパックでも送ることができます。

少量のレゴを送る場合は定形外郵便、たくさん送る場合は宅急便コンパクトやゆうパックで送ることをおすすめします。

レゴブロックの梱包方法

◼購入時の外箱やバケツがないレゴブロックの場合

購入時の外箱や専用のバケツ、またはボックスがないレゴブロックの梱包方法は、レゴブロックを全て分解した状態で、OPP袋へ入れて防水対策をします。

その際、細かい部品を一つずつ包むのではなく、大きさや形状ごとに小分けにまとめて包みましょう。

透明OPP袋 テープ付き






OPP袋へ入れて密封した後はプチプチで保護していきます。レゴブロックは壊れにくい品目ではありますが、人形や大きめの部品が含まれるレゴの場合は配送中の衝撃で万が一破損する可能性があります。

破損が心配な部品に関してはプチプチを二重にしておいてもいいでしょう。

プチプチ袋 A4サイズ 3層






プチプチで保護した後は、送り方に合わせてダンボール・紙袋・封筒へ入れて梱包完了となります。

ピースの数が多いならダンボール、少ない場合なら封筒にするなど、状況によって使い分けるようにしましょう。

ダンボールへ梱包する際は、隙間があれば緩衝材を詰めて固定しておきます。緩衝材は新聞紙でも代用可能ですが、できれば専用のエアー緩衝材を使うことをおすすめします。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ






◼購入時の外箱やバケツがあるレゴブロックの場合

購入時の外箱や専用のバケツ、またはボックスがあるレゴブロックの梱包方法は、まずは受取人によって外箱が不要な場合もあるので、梱包前に確認しておきます。

確認を取って梱包する際は、外箱やバケツへレゴブロックを全てしまいますが、念のため中身のレゴブロックもプチプチで保護しておくと配送中の揺れも心配ないでしょう。

外箱やバケツの上から防水対策とプチプチを施し、サイズに合ったダンボールへ入れて梱包完了となります。

適したダンボールがない場合は、品目のサイズに合わせて梱包できる巻きダンボールを使うのがおすすめです。

巻きダンボール





定形外郵便でレゴブロックを送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 300円~
予想サイズ 150g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

少量のレゴブロックは定形外郵便で送るのが最も安い発送方法になります。人形数体や基礎板のみなど、グラム数にして100gにも満たない場合は他の送り方に比べて送料が安くなるのでおすすめです。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







定形外郵便には規格内と規格外がありますが、どちらになるかはレゴブロックの大きさやピースの数により決まります。A4サイズで厚みが3cm以内かつ重量1kg以下であれば規格内、それを超える場合は規格外として送ることになります。

送料は重量で異なり、配送先はどこへ送っても一律料金となります。例として、総重量が90gで規格内のレゴブロックを送る場合は140円、総重量が800gで規格外のレゴブロックを送る場合は710円になります。

ただし、定形外郵便には補償サービスは付いていないので、規格外で送れたとしても数万円するようなレゴブロックや非売品のレゴブロックを送るのはおすすめできません。それでも定形外郵便で送る場合は、オプションを付けるようにしましょう。

定形外郵便の発送方法は、郵便局の窓口へ直接持ち運ぶかポストへの投函が可能ですが、ピースの数が多いレゴブロックはポスト投函は難しいので、窓口から送ることになります。

正確な重さが分からない場合は、窓口で量ってもらうことができます。

関連:定形外郵便の送り方

宅急便コンパクトでレゴブロックを送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 610円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

レゴブロックはヤマト運輸の宅急便コンパクトでも送ることができます。宅急便コンパクトは別途70円で購入できる専用BOXに入れて送る方法で、定形外郵便の規格外で送るより送料が安くなる場合は利用しましょう。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






宅急便コンパクトには箱型と封筒型の二種類の専用BOXがありますが、レゴブロックの形状的に箱型を利用した方がいいでしょう。

送料は配送元・配送先エリアによって異なります。例えば、福島県から富山県まで送る場合は660円、岩手県から和歌山県まで送る場合は770円かかります。

定形外郵便の規格外より送料が安くなる例として、レゴブロックの重量が900gで規格外として送った場合の送料は710円になりますが、同じ条件で同県内への発送であれば、宅急便コンパクトの送料は610円なので100円もの差があります。

また、宅急便コンパクトは定形外郵便と違い始めから追跡や補償サービスが付いているため、高価なレゴブロックでも安心して荷物を届けることができます。

宅急便コンパクトの発送方法は、購入した専用BOXにレゴブロックを梱包します。送り状はヤマト運輸の営業所かコンビニにもらいに行くか、自宅でネット印刷、もしくは集荷の際に持ってきてもらいましょう。

荷物と送り状の準備ができたら、持ち込みか集荷で発送して完了となります。

関連:宅急便コンパクトの送り方

ゆうパックでレゴブロックを送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 1,280円〜
予想サイズ 100サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

大きいレゴブロックの発送にはゆうパックを利用することで安く送ることができます。ゆうパックは3辺の長さの合計が170cm以内かつ重さ25kg以内まで対応しているため、サイズや重量のあるレゴブロックはゆうパックで送りましょう。

ダンボール 段ボール 100サイズ






レゴブロックの中には組み立て時の大きさが3辺合計で100cmを超える物や、ピース数が5,000個や7,000個あるような大型のレゴブロックもあります。

それほど大きなレゴブロックになると、前述した定形外郵便や宅急便コンパクトでは分解した状態でもサイズオーバーになるので、170サイズまで対応しているゆうパックで送るのがおすすめです。

送料はサイズと地域によって決まります。例えば、神奈川県から大阪府へ100サイズのレゴブロックを送る場合、送料は1,440円になります。

同じような送り方でヤマト運輸の宅急便もありますが、割引制度を使用しない通常の送り方であれば、基本的にはゆうパックの方が送料は安くなります。

ゆうパックの発送方法は、郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)でもらえるラベルに必要事項を記入し、郵便窓口かコンビニから発送することができます。

少しでも費用を抑えたい場合は、直接持ち込むことで持込割引を受けることもできます。持込割引は郵便局の窓口はもちろん、コンビニからの発送でも適用されます。

関連:ゆうパックの送り方


メルカリの場合



◼一番安い最安値で送るなららくらくメルカリ便の宅急便コンパクト

フリマアプリのメルカリでレゴブロックを販売して発送する場合、それほどピースの数が多くなければ、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送るのが最も安い発送方法となります。

らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトはメルカリとヤマト運輸が提携しているサービスで、通常の宅急便コンパクトと同じサービスでより安く送ることができます。

送料は全国一律料金なので、例えば東京都から長野県や福岡県など、どこへ送っても一律380円となります。

ただし、レゴブロックを数ピース程度であれば、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトよりゆうゆうメルカリ便のゆうパケットを利用した方が送料は安くなります。

◼大きいレゴブロックを送るなららくらくメルカリ便の宅急便

宅急便コンパクトのサイズには収まらない大型のレゴブロックやバケツごと送るような場合には、らくらくメルカリ便の宅急便を利用しましょう。

最大160サイズで重量は25kgまで対応しているので、宅急便コンパクトでは送れないサイズのレゴブロックを送ることができます。

送料は宅急便コンパクト同様に一律料金で、例えば100サイズのレゴブロックであれば全国どこへ送っても一律1,000円になります。

なお、メルカリ便にはゆうゆうメルカリ便のゆうパックもありますが、ゆうパックは上限が100サイズまでなので、大型のレゴブロックはサイズオーバーになる可能性があります。

どちらも送料は変わらないので、大きいレゴブロックを送る場合はらくらくメルカリ便の宅急便を利用するようにしましょう。

◼着払いで送りたいなら通常のゆうパック

上記したメルカリ便では着払いにして送ることはできないため、送料分も計算した上で出品時に商品代金に含める必要があります。

そのため、着払いにして送りたい場合には通常のゆうパックを利用して送るのがおすすめです。追跡サービスも付いているので配送トラブルを防ぐことができます。

ただし、メルカリ便の特徴である匿名配送や宛名書き不要といったサービスは、通常のゆうパックで送った場合には利用できないのでその点はご了承ください。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

水筒水筒・タンブラーを安く送る発送方法と梱包方法
クッション・ソファーソファーを安く送る発送方法と梱包方法
カーディガンカーディガンを安く送る発送方法と梱包方法
金魚水槽を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
トートバッグトートバッグを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ