精密機器を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




精密機器(精密機械)をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安い最安値の送り方は定形外郵便で、宅急便コンパクトやゆうパックでも送ることができます。

着払いで安く送る場合は、宅急便コンパクトかゆうパックで送りましょう。


精密機器の梱包方法

精密機器の梱包方法は、まずはどのような品目でも精密機器の場合は水濡れ厳禁となるので、品目のサイズに合わせてOPP袋やポリ袋へ入れて密封します。

送り方によっては水濡れが原因で故障しても補償が付かない場合もあるので、防水対策は必ずしておきましょう。

透明OPP袋 テープ付き






防水対策後はプチプチで荷物を保護します。配送中は揺れたり他の荷物に押しつぶされることもあるので、破損する可能性が高い精密機器はプチプチを厚くしておきます。

特に高価なものを送る場合は必ず厳重に保護しておきましょう。

プチプチ袋 A4サイズ 3層






プチプチで保護した後は、品目のサイズや送り方に合わせてダンボールや紙袋へ入れて梱包完了です。

梱包する際は、ダンボールと精密機器の間に隙間があると配送中に動いてしまうので、緩衝材を使って固定しておきます。

緩衝材は新聞紙でも代用可能ですが、できれば専用のエアー緩衝材を使うのがいいでしょう。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ





定形外郵便で精密機器を送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 340円~
予想サイズ 250g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

小さい精密機器は定形外郵便で送るのが最も安い送り方です。高価なものを発送する場合はおすすめできませんが、小さくて重量が軽いものであれば基本的に定形外郵便で送るようにしましょう。

定形外(規格内)サイズの小型ダンボール







定形外郵便には規格内と規格外がありますが、厚みが3cm以内の品目であれば定形外郵便の規格内で送ることができます。厚みが3cmを超える場合は、3辺の合計が90cm以内であれば規格外で送ることができます。

規格内で送れると送料も安くなるので、小さい精密機器は基本的に定形外郵便で送るのがいいでしょう。

参考までに、定形外郵便で送れる精密機器には以下のようなものがあります。

定形外郵便で送れる精密機器
スマホ本体 電卓 コンパス
イヤホン 充電器 音楽プレーヤー
モバイルバッテリー USBメモリー ICレコーダー
アイコス 電子体温計 GPS

上記表で挙げた精密機器のほとんどは厚みが3cm以内になるため、規格内で送ることができます。

送料は重量で異なり、どこへ送っても一律料金となります。例として、規格内で50gする場合の送料は120円、250gする場合の送料は250円になります。

ただし、定形外郵便には補償サービスが付いていないので、壊れやすい精密機器は細心の注意を払って発送する必要があります。または、始めから補償サービスが付いている方法で発送しましょう。

定形外郵便の発送方法は、郵便局の窓口へ直接持ち運ぶかポストへの投函で完了になりますが、規格内で送れる精密機器はポスト投函、規格外で送る精密機器は窓口から出すことになります。

また、品目の正確な重さが分からない場合は、窓口であれば量ってもらうことができます。

関連:定形外郵便の送り方

宅急便コンパクトで精密機器を送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 594円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

精密機器を発送するならヤマト運輸の宅急便コンパクトでも送ることができます。宅急便コンパクトは別途65円で購入できる専用BOXに入れて送る方法で、重量があり定形外郵便の規格内で送れない品目は宅急便コンパクトを利用しましょう。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






宅急便コンパクトには封筒型と箱型の二種類の専用BOXがありますが、封筒型だと薄いものしか梱包できないので、精密機器を送る場合は厚み5cmまで梱包できる箱型を使用します。

参考までに、宅急便コンパクトで送れる精密機器には以下のようなものがあります。

宅急便コンパクトで送れる精密機器
電動シェーバー 外付けHDD タブレット
電子辞書 ポケットWi-Fi 双眼鏡

あくまで一例ですが、上記表で挙げた品目であれば宅急便コンパクトで送ることができます。

ただし、タブレットなどで重量が軽い場合は、宅急便コンパクトより定形外郵便の規格外で送った方が送料は安くなる可能性があるので、必ず正確な3辺のサイズと重量を量った上で送りましょう。

送料は配送元・配送先エリアによって異なります。例えば、福島県から山梨県まで送る場合は594円、栃木県から大分県まで送る場合は810円かかります。

宅急便コンパクトの発送方法は、まずは送り状をヤマト運輸の営業所やコンビニへもらいに行くか、自宅でネット印刷、もしくは集荷の際に持ってきてもらいます。

荷物と送り状の準備ができたら、持ち込みか集荷で発送して完了となります。

関連:宅急便コンパクトの送り方

ゆうパックで精密機器を送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 1,500円〜
予想サイズ 120サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

大きいサイズの精密機器はゆうパックで送るのがおすすめです。ゆうパックは3辺の長さの合計が170cm以内かつ重さ25kg以内まで対応している送り方で、定形外郵便や宅急便コンパクトでは送れないサイズの精密機器を送る場合に利用しましょう。

ダンボール 段ボール 120サイズ






大型の精密機器は、基本的にゆうパックで送ることで送料は安く抑えることができます。

参考までに、ゆうパックで送ることができる精密機器には以下のようなものが挙げられます。

ゆうパックで送れる精密機器
パソコン アンプ 歩行器
プリンター ゲーム機 加湿器
炊飯器 電子レンジ デジカメ
体重計 電気ケトル 電気ストーブ
ホットプレート モニター キーボード

上記表で挙げたような精密機器であれば、ゆうパックの170サイズ以内で送ることができます。

ゆうパックの送料はサイズと地域によって決まります。例えば、福井県から宮崎県へ120サイズの精密機器を送る場合の送料は1,770円になります。

ゆうパックの場合は始めから補償サービスも付いているので、万が一高価な精密機器が紛失や破損した際には、最大で30万円まで補償を受けることができます。

ただし注意点として、リチウム電池を内蔵するタイプの精密機器は航空輸送できない場合があります。航空輸送と陸送では配達日数が大きく変わるので、配送先が遠くなる場合は配達方法にご注意ください。

ゆうパックの発送方法は、郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)でもらえるラベルに必要事項を記入し、郵便窓口かコンビニから発送することができます。

重たい荷物で営業所へ持ち込むのが面倒な場合は、自宅まで取りに来てくれる集荷を利用してもいいでしょう。

ただし、少しでも費用を抑えたい場合は、直接持ち込むことで持込割引を受けることができます。持込割引は郵便局の窓口はもちろん、コンビニからの発送でも適用されます。

関連:ゆうパックの送り方

メルカリの場合



◼一番安い最安値で送るなららくらくメルカリ便の宅急便コンパクト

フリマアプリのメルカリで精密機器を販売し発送する場合は、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送るのが最も安い発送方法となります。

らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトはメルカリとヤマト運輸が提携しているサービスで、同じサービス内容で送料はより安くなります。

送料は全国一律料金で、東京都から神奈川県や大阪府など、どこへ送っても一律380円で送ることができます。

メルカリ便であれば追跡や補償も始めから付いているので、精密機器を送る場合も安心して利用することができます。

◼サイズが大きい場合はらくらくメルカリ便の宅急便

定形外郵便では送れないサイズの精密機器を送る場合は、らくらくメルカリ便の宅急便を利用しましょう。

らくらくメルカリ便の宅急便の送料も日本全国一律料金で、例えば120サイズに収まる精密機器であればどこへ送っても一律1,100円で送ることができます。

なお、100サイズ以内であれば、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックを利用しても送料は変わらずに送ることができます。

◼着払いで送りたいなら通常の宅急便コンパクト

上記したメルカリ便では着払いにして送ることはできないため、送料分も計算した上で出品時に商品代金に含める必要があります。

そのため、着払いにして送りたい場合には通常の宅急便コンパクトで送りましょう。追跡サービスも付いているので、配送トラブルが多いメルカリでもおすすめです。

品目のサイズが大きくて宅急便コンパクトに梱包できない場合は、通常のゆうパックでも着払いにして送ることができます。

ただし、メルカリ便の特徴である匿名配送や宛名書き不要といったサービスは、通常の宅急便コンパクトやゆうパックで送った場合には利用できないのでその点はご了承ください。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

ipadiPadなどタブレット本体を安く送る発送方法と梱包方法
ヘッドホンヘッドホンを安く送る発送方法と梱包方法
タペストリー・秋葉原タペストリーを安く送る発送方法と梱包方法
プラモデル・戦車プラモデルを安く送る発送方法と梱包方法
野菜たけのこを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ