テントを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




キャンプ場に送る場合や実家に送る場合などテントをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安い最安値の送り方はゆうパックで、宅急便やヤマト便でも送ることができます。

小さい荷物を安い料金で送ることができる日本郵便の定形外郵便やレターパックプラス、ヤマト運輸の宅急便コンパクトではサイズ的に送ることができないのでご注意ください。


テントの梱包方法

◼収納袋があるテントの場合

収納袋がある場合のテントの梱包方法は、まずは梱包しやすいようにそれぞれ専用の収納袋へペグやポール、シートを全て収めます。全て一緒に収納できる場合は一つにまとめます。

テントは基本的に防水・耐水仕様が施されていますが、シートに使われるポリウレタンコーティングは水や湿気の影響で加水分解を起こして劣化していきます。

配送中に劣化を心配する必要はありませんが、受取人からの印象も含めて念のため1枚程度ポリ袋へ入れておいた方がいいでしょう。

幅広いでっかいポリ袋






ポリ袋で包んだ後はその上からプチプチを巻いていきます。

一般的なテントの生地の厚みはおよそ0.3mm程度と薄く、配送中は他の荷物から潰されたり衝撃を受ける可能性があるので、必ず緩衝材を使って保護しておきましょう。

ポールなどの部品は耐久性が高く、少しくらいの衝撃でも破損はしませんが、部品関連も全て緩衝材で覆っておきます。

プチプチロール 幅600mm×10M






テントを保護した後は、収納袋が入るダンボールへ入れて梱包完了です。

ポールが細長い品目になるので、ダンボールの形状は正方形より少し横長のものがいいでしょう。

ダンボールへ入れる際は、ダンボールとの間に余計な隙間があると配送中の揺れで中身が動いてしまうので、緩衝材を詰めて固定しておきます。

緩衝材は新聞紙でも代用可能ですが、できれば専用のエアー緩衝材を使うのをおすすめします。

◼収納袋がないテントの場合

収納袋がないテントの梱包方法は、まずは梱包しやすいようにシートを畳み、テントに使う部品も小さく折り畳んでいきます。

コンパクトにした後は、部品は全て結束バンドなどでひとまとめにし、それぞれポリ袋へ入れてからプチプチで覆います。

ダンボールは一般的なものに入れてもいいですが、合うサイズのものがなければ巻きダンボールを使いましょう。

品目のサイズに合わせて隙間なく梱包することができるので、収納袋がある場合でもおすすめです。

巻きダンボール





ゆうパックでテントを送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 2,010円〜
予想サイズ 160サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

テント一式を送るならゆうパックが一番安い送り方になります。ゆうパックは3辺の長さの合計が170cm以内かつ重さ25kg以内に対応している送り方で、コンパクトにした状態のテントを問題なく送ることができます。

ダンボール 段ボール 160サイズ






テントの収納袋はシートと部品を一緒に収納する場合もあれば、別々で収納する場合もあります。

収納方法は製品によって異なりますが、別々になる場合は大体のものがシートを入れた袋とポールを入れた袋の2つに分かれます。

テントの大きさにもよりますが、およその目安として実際の商品を例にすると、シートの収納袋で3辺合計は約140cm、ポール用の収納袋で3辺合計は約100cmになります。

一つの荷物として送る場合は、ゆうパックの160サイズであれば十分送ることができるでしょう。

シートと部品を別々のダンボールへ入れて2個口の発送にすると、その分送料が高くなってしまうのでご注意ください。

ゆうパックの送料はサイズと地域によって決まります。例として、和歌山県から兵庫県へ160サイズのテントを送る場合、送料は2,060円になります。

ゆうパックの発送方法は、郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)でもらえるラベルに必要事項を記入し、郵便窓口かコンビニから発送することができます。

160サイズのダンボールを持ち運ぶのが大変な場合は、配達員が自宅まで荷物を取りに来てくれる集荷を依頼するのがおすすめです。

ただし、少しでも費用を抑えたい場合は直接持ち込むことで持込割引を受けることができます。持込割引は郵便局の窓口はもちろん、コンビニからの発送でも適用されます。

関連:ゆうパックの送り方

宅急便でテントを送る

宅急便の基本情報
予想送料 2,070円〜
予想サイズ 160サイズ
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

テントはヤマト運輸の宅急便を利用してもいいでしょう。宅急便は3辺の合計が160cm以内かつ重さ25kg以内の荷物が対象となるので、ゆうパック同様にほとんどのテントは宅急便でも問題なく送ることができます。

宅急便の送料は荷物のサイズと配達先のエリアで決まります。例えば、佐賀県から石川県に160サイズのテントを送る場合、送料は2,290円になります。

最大サイズはゆうパックより若干小さくはなりますが、それでも収納時の状態であれば家族用や大人数用の大きいテントでも送ることができます。

ただし、送料に関しては特に割引を利用しないとゆうパックより高くなってしまうので、普通に送る場合はゆうパックで送ることをおすすめします。

宅急便の発送方法は、送り状を準備してからヤマト運輸の営業所やコンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)へ持ち込むか、集荷を依頼して発送します。

クロネコメンバーズの会員であれば宅配ロッカーを利用することもできますが、宅配ロッカーのサイズは最大140サイズで奥行きが55cmとなるので、収納時の状態でもテントで利用するのは難しいでしょう。

関連:宅急便の送り方

ヤマト便でテントを送る

ヤマト便の基本情報
サイズ 200サイズ以内
発送場所 営業所
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

付属品の多いテントや重量のあるテントを送る場合は、ヤマト便で送るのがおすすめです。ヤマト便は最大200サイズまでの品目を複数口でも送ることができるので、テントをキャンプセットで送りたい場合などに利用しましょう。

ダンボール箱 200サイズ 【68×68×55cm】1枚セット






2ルームあるような大人数用のテントでも、収納すればほとんどの場合は3辺合計120~160cmほどに収まるので、テントのみを送る場合はヤマト便よりゆうパックか宅急便を利用した方が送料は安くなります。

ヤマト便で送るケースとしては、シートの素材がコットンでかなり重量がある場合や、キャンプセットとしてテントと一緒に寝袋やテーブルなど、複数口で送りたい場合におすすめです。

ヤマト便は複数の荷物でも1枚の伝票でまとめて送ることが可能で、荷物1つあたりも重量は最大30kg、サイズは最大200サイズまで送ることができます。

ヤマト便の送料は「縦(メートル)×横(メートル)×高さ(メートル)×280=容積換算重量(kg)」で算出された重量と配送元・配送先で決まります。

例として、千葉県千葉市から岡山県岡山市へ約30kgのテントを送る場合、送料は2,806円になります。

ヤマト便の発送方法は、荷物の梱包が完了したら直接ヤマト運輸の営業所へ持ち込むか、もしくは集荷で発送することになります。持ち運ぶのが大変な場合は集荷を依頼するのがいいでしょう。

ゆうパックや宅急便とは違いコンビニからの発送はできないのでご注意ください。

関連:ヤマト便の送り方


メルカリの場合



◼一番安い最安値で送るなららくらくメルカリ便の宅急便

フリマアプリのメルカリでテントを販売して発送する場合、らくらくメルカリ便の宅急便で送るのが最も安い発送方法となります。

らくらくメルカリ便の宅急便はメルカリとヤマト運輸が提携しているサービスで、通常の宅急便と同じサービスでより安く送ることができます。

送料はサイズで異なり、配送先は全国どこへ送っても一律料金になります。例えば、160サイズのテントを送る場合、送料は全国一律1,600円となります。

また、100サイズ以内に収まる一人用の簡易テントであれば、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックでも送ることができます。

◼着払いで送りたいなら通常のゆうパック

上記したメルカリ便では着払いにして送ることはできないため、送料分も計算した上で出品時に商品代金に含める必要があります。

そのため、着払いにして送りたい場合には通常のゆうパックを利用して送るのがおすすめです。追跡サービスも付いているので、配送トラブルが多いメルカリでも安心して送ることができます。

ゆうパックのサイズや重量に収まらないテントを送る場合は、ヤマト便で着払いにして送ることができます。

ただし、メルカリ便の特徴である匿名配送や宛名書き不要といったサービスは、通常のゆうパックやヤマト便で送った場合には利用できないのでその点はご了承ください。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

水筒水筒・タンブラーを安く送る発送方法と梱包方法
クッション・ソファーソファーを安く送る発送方法と梱包方法
カーディガンカーディガンを安く送る発送方法と梱包方法
金魚水槽を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
トートバッグトートバッグを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ