住民票を郵送で安く送る発送方法と梱包方法




住民票の原本またはコピーした写しをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

住民票は原本でも写しでも信書に該当するため、どちらの場合でも梱包方法と送り方は同じになります。

送料が一番安い最安値の送り方はミニレターで、定形郵便でも安く送ることができます。

ヤマト運輸の宅急便や日本郵便のゆうパックでは信書となる住民票を送ることはできないのでご注意ください。

住民票の梱包方法

住民票の梱包方法は、紙類は配送中に雨などから濡れるのを防ぐため必ずOPP袋へ入れて密封します。

OPP袋は楽天市場やAmazon、100円ショップなどでも購入することができます。

透明OPP袋 テープ付き






防水対策をした後は、住民票を折り曲げたくない場合はクリアファイルに入れましょう。壊れ物ではないのでプチプチなどの緩衝材は必要ありません。

ただし、送料の安い送り方は二つ折りや四つ折りにしないと送れない場合がほとんどなので、送り方に合わせて梱包する必要があります。

クリヤーホルダー スタンダード A4






住民票を送れる状態にしたら、一般的な封筒や専用の封筒へ入れて梱包完了です。

注意点として、個人情報となる住民票は必ず透けない封筒に入れて送るようにしましょう。

ミニレターで住民票を送る

ミニレターの基本情報
送料 63円
最大サイズ 専用封筒に収まるサイズ
最大重量 25g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

住民票はミニレターが最も安い送り方になります。住民票1枚であれば問題なくミニレターの専用封筒に収まるので、送料を抑えたい場合はミニレターを利用しましょう。

日本郵便 ミニレター 郵便書簡






ミニレターの送料は全国一律63円で、例えば神奈川県から和歌山県や熊本県など、どこへ送っても一律63円で送ることが可能で、住民票のような信書でも送ることができます。

ミニレターは厚さ1cm以内で重量も25g以内までと制限がありますが、何枚も送るものではない住民票の場合は特に気にする必要はないでしょう。

ただし注意点として、ミニレターには補償や追跡サービスが付いていないため、氏名や現住所、マイナンバーなど、多くの個人情報が記載されている住民票をそのままミニレターで送るのはおすすめしません。必ず簡易書留などを付けて送るようにしましょう。

また、書留を付けない場合は受け渡し方法も郵便受けへの投函で完了となるので、防犯の観点からも書留を付けて送るのが安全な方法となります。

ミニレターの発送方法は、専用封筒を郵便局の窓口やインターネット上で購入し、住民票を包んだら切手不要で送ることができます。

ミニレターはポスト投函も可能ですが、個人情報になるので念のため窓口から送ることをおすすめします。

関連:ミニレターの送り方

定形郵便で住民票を送る

定形郵便の基本情報
予想送料 84円~
予想サイズ 25g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

住民票は定形郵便で送ってもいいでしょう。定形郵便はミニレターより送料が20~30円ほど高くなりますが、長辺23.5cm・短辺12cm・厚さ1cm以内・重量50g以内に収まる品目
であれば信書でも送ることができます。

透けない封筒 テープ付 長形3号






定形郵便の送料は全国一律料金で、25g以内であれば一律84円、26~50g以内の場合は一律94円で送ることができます。

住民票1枚の重さはおよそ5gもないので、封筒の重さを含めても25g以内の送料で問題なく送ることができるでしょう。

ただし、定形郵便の場合も補償や追跡サービスは付いていないので、ミニレター同様に簡易書留を付けて送ることをおすすめします。

また、住民票を折らずに発送したい場合は定形郵便ではサイズオーバーとなるので、その場合は定形外郵便の規格内で安く送ることができます。

定形郵便の発送方法は、梱包した住民票を封筒に入れて窓口から発送します。ポスト投函も可能ですが、前述したように住民票は窓口から発送した方がいいでしょう。

関連:定形郵便の送り方


定形郵便+簡易書留で住民票を送る

定形郵便の基本情報
予想送料 84円~
予想サイズ 25g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

住民票を定形郵便で送る場合は、万が一の配送事故に備えて補償と追跡ができるオプションサービスの簡易書留を付けて送りましょう。

簡易書留のオプション料金は320円となるので、定形郵便の料金である84円と合わせた場合、全体の送料は404円になります。

前述したように通常の定形郵便は郵便受けへの投函で配達は完了となりますが、書留を付けた場合の受け渡しは手渡しになり受領印かサインも必要になります。

そのため、送料は高くなりますが、個人情報が記載された住民票のような書類は基本的に書留を付けて送ることをおすすめします。

書留を付けて発送する方法は、住民票を送る際に郵便局の窓口で書留を付けたい旨を伝え、オプション料を含む料金を支払うことで発送することができます。

注意点として、書留を付けた住民票をポストへ投函して送ることはできないのでご注意ください。

関連:簡易書留とは?出し方・やり方を初めての人向けに分かりやすく解説



関連記事

人気記事

食べ物お土産のお菓子を安く送る発送方法と梱包方法
アイスアイスクリームを安く送る発送方法と梱包方法!海外発送についても
郵便カップラーメンを郵送で安く送る発送方法と梱包方法!海外発送についても
ヤマト運輸三輪車を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
握手握手券を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ