宅急便のサイズの測り方と最大サイズや重量上限を超えたときの代替案




ヤマト運輸の宅急便のサイズの測り方と宅急便の最大サイズと上限重量や、それらを超えたときの代替案の送り方について解説します。

宅急便のサイズの測り方は荷物の縦横高さといった3辺の合計の長さで求めます。

例えば3辺の合計が58cmだった場合、サイズは60cmまでが当てはまる60サイズの荷物となります。

宅急便の最大サイズは160サイズまでとなっていますが、この最大サイズを超えてしまった場合は代替案としてゆうパックやヤマト運輸、飛脚ラージサイズ宅配便といった配送方法を利用することによって、配送可能となります。


宅急便のサイズの測り方

サイズ 料金
60サイズ 930円
80サイズ 1,150円
100サイズ 1,390円
120サイズ 1,610円
140サイズ 1,850円
160サイズ 2,070円

宅急便は荷物のサイズと差し出し場所・配達先の距離に応じて料金が変わる送り方となっており、上記表の料金はそれぞれのサイズの最安値となります。

宅急便の最小サイズは60サイズで、こちらは荷物の縦・横・高さといった3辺の合計が60cm以内の場合、60サイズとなります。

同様に3辺の合計が80cm以内であれば80サイズ、100cm以内であれば100サイズとサイズ区分はあり、最大サイズは3辺の合計が160cmまでの160サイズとなります。

またそれぞれのサイズごとに最大重量も決まっており、60サイズであれば2kgまで、80サイズなら5kgまで、100サイズなら10kgまで、120サイズなら15kgまで、140サイズなら20kgまで、160サイズなら25kgまでとなっています。

宅急便では160サイズが最大サイズとなっているため、この大きさを超えてしまう荷物の場合は以下のゆうパックなど別の送り方を利用する必要があります。

サイズオーバーしたらゆうパックで送る

ゆうパックの基本情報
送料 810円〜
最大サイズ 170サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

宅急便の最大サイズ160サイズを若干超えてしまう荷物であれば、日本郵便のゆうパックで送ると送れる場合が多いです。

ゆうパックの最大サイズは宅急便よりも3辺の合計が170cm以内の170サイズまでとなっているので、宅急便で送る場合よりも10cmまで大きい荷物を送ることが可能です。

ダンボール箱 170サイズ






また、宅急便もゆうパックも基本の最大重量は25kgまでとなっていますが、ゆうパックでは基本送料に+500円ほどの料金で送れる重量ゆうパックにすると、最大で30kgまでの荷物を送ることができます。

ゆうパックでは宅急便とは異なり、重量ごとの最大重量の制限はないので、最小の60サイズでも最大の170サイズでも一律最大重量は25kgまでとなっています。

そのため、小さくとも重い荷物を送る際は宅急便よりもゆうパックで送った方が送料は安く済むケースが多くなります。

その他の条件は宅急便もゆうパックも大きな違いはなく、いずれも平日だけでなく土曜日・日曜日・祝日の配達も行われており、基本的には発送の翌日または翌々日には到着するようになっています。

ただしゆうパックで送れる最大サイズは170サイズまでのため、それよりも大きな荷物になると次で解説するヤマト便または飛脚ラージサイズ宅配便で送る必要になります。

関連:ゆうパックの送り方

サイズオーバーしたらヤマト便で送る

ヤマト便の基本情報
送料 2,388円〜
最大サイズ 200サイズ
発送場所 ヤマト運輸の営業所
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

宅急便の最大サイズ160サイズやゆうパックの最大サイズ170サイズを超える荷物であれば、ヤマト運輸のヤマト便で送るのがおすすめの方法となります。

ヤマト便はヤマト運輸の大型の荷物向けの宅配便サービスで、通常の宅急便の上限160サイズ・25kgを超えた200サイズ・30kgまでの荷物を送ることが可能です。

なお、宅急便だと営業所だけでなくセブンイレブンやファミリーマートといったコンビニからの発送が行えますが、ヤマト便の場合は発送場所は営業所または集荷のみとなります。

ヤマト便で送る荷物は持ち込むのが大変なほど大きいものが一般的なので、近くに営業所がない方は無理をせずに集荷サービスを利用して送るようにして下さい。

◼ヤマト便の送料計算方法

ヤマト便の送料の算出方法は宅急便とは異なり、実際の荷物の重量と容積換算重量というものを比較し、重たい方の重量で送料を計算します。

容積換算重量とは、荷物の3辺の長さから計算して導き出す特殊な重量区分で、計算式は荷物の縦(m) × 横(m) × 高さ(m) × 280 = 容積換算重量(kg)となっています。

例として縦70cm・横70cm・高さ40cmの3辺の合計が180cmのダンボールで梱包した重量30kgの荷物をヤマト便で送る場合、容積換算重量を計算すると以下の通りになります。

0.6(m)×0.6(m)×0.4(m)×280=40.32(kg)

上記の計算の通り容積換算重量は約40kgとなるので、この場合実際の重量30kgよりも重い、容積換算重量の40kgの方で送料の計算が行われます。

関連:ヤマト便の送り方


サイズオーバーしたら飛脚ラージサイズ宅配便で送る

飛脚ラージサイズ宅配便の基本情報
送料 2,420円〜
最大サイズ 260サイズ
発送場所 営業所
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

ヤマト便でも送れないほどの大きな荷物になると佐川急便の飛脚ラージサイズ宅配便を利用して送ることになります。

飛脚ラージサイズ宅配便は通常の飛脚宅配便の最大である160サイズを超えた大型の荷物向けのサービスで、最大で260サイズ・50kgまでの荷物を送ることができます。

ダンボール箱 200サイズ 【68×68×55cm】1枚セット






飛脚ラージサイズ宅配便を送る場合、ヤマト運輸や日本郵便とは異なり佐川急便のサービスを取り扱っているコンビニは存在しないため、発送場所は必ず佐川急便の営業所または集荷サービスとなります。

飛脚ラージサイズ宅配便で送られるような荷物は一般的にかなりの大型の荷物となり、さらにヤマト運輸の営業所や郵便局ほど営業所も各地に点在していないため、無理をせずに集荷を利用するのがおすすめです。

なお、飛脚ラージサイズ宅配便の場合は前述したヤマト便とは異なり、送料の計算は容積換算重量などは使用せずに通常の飛脚宅配便と同様、荷物の3辺の合計サイズと配送距離に応じて変わります。

関連:飛脚ラージサイズ宅配便の送り方(旧飛脚フリーパッケージ)



関連記事

人気記事

黒猫クロネコ宅急便店頭受取りサービスを利用出来るコンビニ一覧とその利用方法
船ヤマト運輸にVIP扱いされる金色シールを手に入れる方法
ヤマト運輸ヤマト運輸の宅急便や宅急便コンパクトの送り状伝票を入手する方法
ヤマト運輸配達途中のヤマト運輸の宅急便の配達日と時間帯の変更方法
ヤマト運輸宅急便の紛失盗難破損時の損害賠償請求手順!補償金額や申請期間も徹底解説
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ