エコバッグを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




エコバッグ(エコバック)をヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安いエコバッグの送り方は定形外郵便で、レターパックプラスや宅急便コンパクトでも比較的安く送ることが出来ます。着払いを利用したい場合は宅急便コンパクトがおすすめです。

エコバッグの梱包方法

壊れやすかったり折れやすかったりする品目に比べると、壊れない折れないエコバッグの梱包方法は非常に楽と言えます。

A4サイズほどの大きさに収まるようにエコバッグを折り畳み、雨濡れ防止のためにOPP袋に入れて、あとは封筒に入れるだけです。

透明OPP袋 テープ付き






配送時に壊れるのを防ぐプチプチは今回のエコバッグの場合は必ずしも必要はありませんが、フリマアプリなどにエコバッグを出品していてお客さんに良い印象を与えたい場合はOPP袋だけでなくプチプチで巻くのもおすすめです。

定形外郵便でエコバッグを送る

定形外郵便の基本情報
予想送料 300円
予想サイズ 150g以内
発送場所 郵便局の窓口・郵便ポスト
追跡番号 なし
着払い なし
補償 なし

定形外郵便は重量で送料が決まるため、重量が比較的軽いエコバッグの場合は一番安く送ることが出来る可能性が高くなります。

定形外郵便には規格内と規格外の2つのサイズ区分がありますが、今回のエコバッグの場合は封筒などに入れるために折り曲げると厚みが3cmを超える可能性が高いため、基本的には規格外に該当します。

角2封筒 A4サイズ 茶






規格外で送るときの送料は、重量50g以内のエコバッグなら全国一律200円、重量100g以内のエコバッグなら全国一律220円、重量150g以内のエコバッグなら全国一律300円、重量250g以内のエコバッグなら全国一律350円で送ることが出来ます。

発送場所は郵便局の窓口と郵便ポストへの投函があり、郵便ポストから送る場合は送料分の切手を封筒の左上に貼って送る必要があるため、やり方が分からない方や初めて定形外郵便を利用する方であれば郵便局の窓口から送るのがおすすめです。

関連:定形外郵便の送り方

レターパックプラスでエコバッグを送る

レターパックプラスの基本情報
送料 520円
サイズ 制限なし
発送場所 郵便局の窓口
追跡番号 あり
着払い なし
補償 なし

よほど小さいエコバッグ以外の多くのエコバッグはA4サイズに折り畳むと厚みが3cm以上になってしまうため、厚み3cm以内の荷物を全国一律370円で送ることが出来るレターパックライトで送ることが出来ません。

そのため、厚み制限がなく全国一律520円で送ることが出来るレターパックプラスで送るのが、エコバッグを送る方法として適しています。

日本郵便レターパックプラス






レターパックプラスはOPP袋等で梱包したエコバッグをそのままレターパックプラスの専用封筒に入れるだけで送ることが出来て、別途切手の購入や封筒の購入は必要ありません。

レターパックには品名を記載する欄がありますが、今回の場合はそのまま品名に「エコバッグ」と記載しましょう。

専用封筒の購入場所は郵便局とローソン・ミニストップ・セイコーマートといったコンビニで、発送場所には郵便局の窓口やコンビニだけでなく街中にある郵便ポストに投函することも出来ます。

厚み制限がないレターパックプラスの場合はポスト投函口に入らない品目もあるのですが、おそらくエコバッグの場合はポスト投函口に収まるので発送場所は多いと言えます。

関連:レターパックプラスの送り方

宅急便コンパクトでエコバッグを送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 610円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

定形外郵便やレターパックプラスで利用することが出来ない着払いでエコバッグを送りたい場合はヤマト運輸の宅急便コンパクトがおすすめです。

宅急便コンパクトは厚み5cmまで送ることが出来るため、今回のエコバッグはほぼ確実に送ることが出来るでしょう。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






レターパックプラスと同様に専用封筒に入れて送る送り方なのですが、送料はレターパックプラスよりも高くなります。専用封筒自体は70円と安いのですが、送料が別にかかり配送距離が遠くなればなるほど高くなってしまいます。

専用封筒の購入場所はレターパックプラスとは異なり、ヤマト運輸の営業所またはセブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキといったコンビニで、郵便局の窓口や郵便ポストに投函して送ることは出来ないので注意しましょう。

関連:宅急便コンパクトの送り方


メルカリの場合



■一番安く送りたいなら定形外郵便

メルカリの場合はらくらくメルカリん便のネコポスと宅急便コンパクトがありますが、エコバッグを送る場合は上記の定形外郵便で送った方が安い可能性が高いです。

らくらくメルカリ便のネコポスは厚みが3cmまでの品目しか送ることが出来ず、重量が軽いエコバッグの場合はらくらくメルカリ便の宅急便コンパクトよりも定形外郵便の方が送料が安くなります。

万が一で梱包後のエコバッグの厚みが3cm以内に収まるならネコポスを利用するようにしましょう。

■着払いで送りたいなら通常の宅急便コンパクト

通常の定形外郵便、らくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便では着払いを利用することが出来ません。

そのため、メルカリに出品したエコバッグを着払いで送りたい場合は上記の通常の宅急便コンパクトを利用する必要があります。

らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトに比べると、通常の宅急便コンパクトは送料が高いため、特別な理由がない場合は着払いではなく元払いがおすすめです。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

水筒水筒・タンブラーを安く送る発送方法と梱包方法
クッション・ソファーソファーを安く送る発送方法と梱包方法
カーディガンカーディガンを安く送る発送方法と梱包方法
金魚水槽を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
トートバッグトートバッグを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ