人気フリマアプリランキング2016年度版!メルカリが1位!




世の中に数あるiPhoneやAndroidのスマートフォン用フリマアプリの2016年度版人気ランキングとそれぞれのアプリの詳細についてです。

2016年度開始時点においてはメルカリやフリル、ラクマといったスマホアプリがしのぎを削り覇を競う状態で、いわばフリマアプリ戦国時代となっています。

これらのフリマアプリを、客観的なデータを元に独自の視点からランキング形式で紹介していきます。

注:ヤフオク!や楽天オークションなどのオークションはフリマアプリとは別枠ということでここでは省いています。

また記事中のデータは公式発表や株式会社ジャストシステムの「フリマアプリの利用に関するアンケート」の結果を元にしています。

スポンサードリンク

1位 メルカリ(mercali)


運営会社:株式会社メルカリ
ダウンロード数:2500万
手数料:販売代金の10%(取引成立商品のみ)
招待制度あり:初回登録時に招待コード「YTNAQV」を入力することで最初から300円分のポイントが貰えます。

ダウンロード数2500万超、いずれかのフリマアプリを現に利用中のユーザーの約9割が利用中であり、約7割強はメインフリマアプリとして利用しているなど他の追随を許さないメルカリが堂々の1位です。

フリルやショッピーズといったアプリよりも提供されたのが遅かったのですが、資金調達のうまさと、その資金を元にした広告などによる露出がうまく行った結果大きくシェアを伸ばしました。

ユーザー数などの規模以外では「らくらくメルカリ便」というメルカリとヤマト運輸が提携した配送サービスは特筆すべき点でしょう。

ヤマト運輸のネコポス・宅急便コンパクト・宅急便を特別価格で利用できるのですが、全国一律料金な上に価格も安く他のフリマアプリとの差別化に一役買っていると言っても過言ではありません。また匿名での配送が可能となっている点も非常に大きな点です。

同様のサービスはヤフオク!でも取り扱いがありますが、価格の面でも匿名性の面でもメルカリが上回っています。

・出品者目線の評価

販売手数料が商品代金の10%というのは特に安くはありませんが、出品者としてみれば手数料が安いこと以上に何よりも大事なのは購入者がきちんといて物が売れることです。

手数料がいくらであっても商品が売れなければ話になりません。その点においてメルカリは圧倒的なシェアとユーザー数のおかげで、価格や出品方法を間違えなければまず商品販売で困ることはありません。

手数料に関してもフリルやショッピーズなどと同じ10%であり、フリマアプリの相場といえる手数料額になっています。

他にもらくらくメルカリ便という特別契約での配送方法を使えるのもメリットです。送料が非常に安く済む上に全国統一料金なので出品価格設定を行いやすい点は見逃せません。

・購入者目線の評価

ユーザーが圧倒的に多く、もちろん出品者も多いため自分が欲しいものが高確率で見つけれる点は非常に高評価ポイントです。

またらくらくメルカリ便の存在のおかげで送料の分だけより安価に商品を手に入れることができます。特に沖縄や北海道といった通常の宅急便などでは送料が高い地域に住んでいると恩恵が大きいです。

しかもらくらくメルカリ便は匿名での発送に対応しているため自分の住所や名前を相手に知られたくない人も安心して利用できます。

関連:もちろん無料!メルカリにメールアドレスなどで登録する方法

2位 フリル(Fril)


運営会社:株式会社Fablic
ダウンロード数:450万
手数料:販売代金の10%(取引成立商品のみ)
招待制度あり:初回登録時に招待コード「tRRWG」を入力することで最初から300円分のポイントが貰えます。

元々は女性専用のフリマアプリとしてリリースされ、後に男性も利用できるようになったという経緯を持つフリルが第2位です。

元々がそうなので女性ユーザーが多い点や、出品者をフォローできるという点などがメルカリとの差別化になっています。

また購入申請を出品者が承認することで取引が開始される仕組みなので、評価が著しくない購入者を出品者が拒否することができます。

・出品者目線の評価

販売手数料はメルカリと同じ10%で、ユーザー数はメルカリに比べると少ないですからこれらの点だけを評価してしまうと劣化版メルカリとなってしまい、メルカリのサブ的な位置づけでメルカリやその他アプリとの並行出品用アプリとなってしまいます。

しかし「女性ユーザー比率が多い」ことと「フォロー機能によるリピーターがつきやすい」ことがメルカリとの大きな差であり、これらの点をうまくいかせるのであればメインとして使うことができます。

また購入申請システムがあるので、トラブルになりそうな購入者との取引を拒否できる点も大きいです。

・購入者目線の評価

気に入った出品者がいればフォローしておくことで実生活でお気に入りのショップに何度も行って購入するようにリピートして商品を購入することができます。

商品だけでなく人も見て買い物がしたい、という人にはメルカリよりも利用するに値するアプリとなるでしょう。

ただし悪い評価をいくつか貰ってしまうと購入申請の段階で弾かれてしまい買い物がまともにできないというデメリットもあります。

関連:フリル(Fril)を始める方法!ダウンロードと会員登録

3位 ラクマ


運営会社:楽天株式会社
ダウンロード数:不明
手数料:無料
招待制度あり:初回登録時に招待コード「4jH3shCT」を入力することで最初から100円分のポイントが貰えます。

楽天市場や楽天オークションで有名な楽天株式会社が提供するフリマアプリ「ラクマ」が3位です。

何といっても出品・販売手数料が無料という点が他のフリマアプリとの大きな差です。シェアや利用者数で言えばメルカリやフリルと比べるとまだまだですが、手数料が無料という売りを生かせばこれから伸びることが十分想定されます。

・販売者目線の評価

販売手数料や出品手数料が無料ですので、同じ額で同じだけ売れるのであればメルカリやフリルよりもラクマを選びたいです。が、やはりユーザー数の差がありますのでそうはなりません。

手数料が安い売り場が伸びてくれた方が出品者からしても有利なので、現段階ではメルカリやフリルをメインとして出品しつつ並行して利用しながら様子を見るようなスタンスになります。

・購入者目線の評価

出品数がまだまだ少ないため欲しい商品がある確率は低いですし、メルカリの様に匿名での発送をしてもらえないためそのあたりが気になる人には使いづらいでしょう。

現段階ではメルカリの完全下位互換のような形ですから、これからの成長に期待してメルカリやフリルなどとと並行しながら利用していくのがいいでしょう。

ただ購入時に楽天ポイントを利用できるのは、楽天カードを利用していたりしてポイントが貯まっている人にはうれしい点です。

ちなみにメルカリとそっくりの見た目のインターフェースを使い露骨にメルカリからユーザーを奪おうとしているのが見て取れます。



左がラクマで右がメルカリです。

ここまでやっても問題にならないのはすごいですが、中身が同じで手数料だけ違うとなればメルカリからラクマに人が流れてもおかしくはありません。

運営が楽天ですので今後の成長はある程度見込まれますが、その際に手数料を有料化するかどうかがユーザーの固定のカギとなってくるでしょう。

4位 LINE MALL(ラインモール)


運営会社:LINEコーポレーション
ダウンロード数:不明
手数料:無料

LINEを手掛けるLINEコーポレーションから提供されているフリマアプリが「LINE MALL」です。

2016年3月時点ではユーザー数的にはラクマよりも上でしたが2016年5月を持ってサービスを終了することが発表されましたので4位としました。

ラクマと同じく出品手数料や販売手数料が無料である点や、LINEのアカウントでそのまま利用できる点、全国一律料金で格安配送ができるLINE配送があるという点からこちらもラクマと同等かそれ以上に伸びるポテンシャルはあると感じていただけにサービスの終了が惜しまれます。

・出品者目線の評価

手数料が無料な点、全国一律格安送料で商品が送れる点はかなり出品者にとってうれしいですがやはりユーザー数がメルカリと比べると少ないため、メルカリのサブとなるのは仕方がないことです。

ユーザー数が多いのであればラクマ以上にメインとして利用したいフリマアプリです。

ただしサービスの終了が宣言されているのでラクマと違い将来的な期待は一切ありません。

・購入者目線の評価

手数料が安い分、メルカリやフリルよりも安く出品されている商品があったりもしますが出品数自体が少ないため欲しい商品が無いということの方が多いです。メルカリ、フリルのサブとして並行利用するのがいいです。

5位 チケットキャンプ


運営会社:株式会社フンザ
ダウンロード数:100万以上
手数料:出品者5%、購入者5%+決済システム料(324円〜)
注:定価以下の商品の場合、出品者の手数料は無料で購入者は決済システム料のみの支払い

1位〜4位のアプリは販売できるカテゴリーが幅広い総合フリマアプリでしたが、チケットキャンプは「チケット」に特化したフリマアプリです。

また元々PCサイトしかなかった関係からPCからの利用も可能であり、フリマアプリというよりはフリマサイトと言った方が表現は近いかもしれません。

他のフリマアプリでもチケットを取引することはできますが、チケットキャンプではチケットの取引に特化しているため、例えば商品の受け渡し方法としてコンサート会場で直接会っての受け渡しが選択できるといったような他アプリではありえないチケットキャンプならではのシステムがあります。

商品カテゴリーがチケットのみという点を考慮して5位ですが、先の無いLINE MALLよりは上にするべきかもしれません。

・出品者目線の評価

定価以下の商品を販売する場合には手数料が無料となりますので、他のフリマアプリやヤフオク!で販売するのよりも有利です。また購入者も十分いるため、価格次第ですが、販売は難しくはありません。

出品方法でも、既に登録されている公演日から選択する形で商品を出品するため購入者が商品を特定しやすく販売へつながりやすいです。

・購入者目線の評価

アーティスト名や公演日が分かれば商品検索は容易で間違えることもほぼない点は非常にいいです。またチケットに特化しているだけにチケットの出品数は十分多く、有名アーティスト公演などであればほぼ確実に商品があります。

しかし販売手数料やシステム決済料を購入者が払わなければならないという手数料システムは他のアプリに慣れていると理不尽に感じます。

2016年はZOZOフリマに期待

ここに挙げた以外でこれから伸びそうなフリマとしては、アパレル通販大手のZOZOTOWNが運営するアパレル専門のフリマアプリZOZOフリマは期待できます。

というのもフリマアプリで取引されるもので一番多いのが服を中心としたアパレル商品であり、ZOZOTOWNといえばアパレル通販利用者で知らない者はいないほど有名なサイトですから、それが運営するフリマアプリともなれば伸びると考えるには十分な理由でしょう。

フリマアプリではメルカリが独走状態であり、他のアプリはいかにメルカリとの差別化をして食らいついていくかというのが課題となるところです。

その差別化の方法の一つとして「専門化」というのがチケットキャンプやZOZOフリマが取っている方法です。

今年はこの「専門フリマアプリ」がどれだけ伸びるかに注目といえます。

関連:招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法


スポンサードリンク


関連記事

比較メルカリで2つ以上の複数商品をまとめ買いする方法
ヤマト運輸らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送る方法と料金
料金の一部支払いも可能!メルカリの売上金で買う方法
moneyメルカリの出品者と購入者の手数料一覧
エラーメルカリのサーバーが混み合って繋がらないときの対処法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ